2017年6月29日 更新

老後不安な今・・・普通預金と個人年金はとちらがお得? 働ける今から出来る年金対策を学ばないと将来大変な事になるかも!?

将来もらえる国からの年金が少なくなっている今。私たちは自分で年金対策をする必要があります。代表的な方法は普通預金でコツコツお金を積み立てる方法。また個人年金で自分独自の年金プランを用意する方法もあります。鬱な老後を考えた場合、どちらを選べばいいでしょうか?

208 view お気に入り 0

●減る年金受給額に今からできる老後対策は2通り

ニュースやインターネットで毎年のように騒がれている年金受給額の減少。
納付する税金負担が増えているイメージがあるのに、受給する年金が増えない・・・

働ける今はいいけど、収入がなくなった自分の老後がどうなるのか?
不安になる人も多いでしょう。

サラリーマンとして働ける今だからこそ将来の年金対策を自分でする必要があります。
大きく老後対策として挙げられるのが普通預金と個人年金。
どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?
Free illustration: Clock, Time, Euro, Money, Currency - Free Image on Pixabay - 77497 (33385)

老後のお金を貯めることを目的とした商品に、「個人年金保険」があります。数十年間にわたって保険料を払って老後に年金を受け取る、貯蓄目的の生命保険です。
保険と名が付くと、「保険料を支払い続けなければ」という心理が働きやすく、銀行に預金するより続けやすいメリットがあります。
 厚生労働省は27日、2017年度の年金額を0.1%引き下げると発表した。マイナスは3年ぶり。同日発表された消費者物価指数(CPI)が下落したのを年金額に反映する。国民年金を満額で受け取っている人は16年度と比べ、月あたり67円減の6万4941円となる。厚生年金を受け取る標準世帯(夫が平均的な給与で40年働き、妻が専業主婦)では227円減の22万1277円となる。
 早期退職を選ぶと割増退職金があっても、生涯の収入は減ることが多い。早期退職を検討する時、まず知りたいのは「どのくらい減るか」だろう。2回に分けて早期退職の「損得勘定」を解説する。今回は公的年金や健康保険などについて見ていこう。
Free photo: Money, Grow, Interest, Save, Invest - Free Image on Pixabay - 1604921 (33391)

普通預金は株や債券と違って、預けたお金が一定金額保証されています。
お金の知識がほとんどない普通のサラリーマンでも安心して将来への積み立てができるでしょう。

しかし、普通預金は安全面が高いですが、それ以上のお金が増える見込みはほとんどありません。

銀行の利子がほとんど機能していない今・・・銀行預金の利子に期待はできません。
普通預金で将来のお金を積み立てるには、たくさん働いて、給料を稼ぎ、積み立てるお金を増やすしかありません。
 公的年金は2015年度から、物価の伸びほどもらう額が増えない実質的な目減り時代に入る。もともと老後に公的年金だけで暮らすのは難しいとされてきたが、支給額の抑制で早期に資金準備を考える必要性が増す。自分でできる年金の上乗せにはどんなものがあるのか。改正が予定される確定拠出年金を中心に勤め先ごとに調べてみた。
 正月休みも終わり、いつもの日常に戻りつつある初野一家。利子は家事に励み、新衣紗のアルバイトも再開、そして藤志郎は……。家にいるときにゴロゴロしているのはいつもの姿ですが、ため息をついたり、ぼーっとしたりしてと少し変です。そこへ新衣紗が鯛吉を家に連れてきました。
Free photo: Helm, Diving, Old, Underwater - Free Image on Pixabay - 677990 (33395)

 5月は安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」が私たちのバラ色老後づくりに及ぼす影響がテーマです。初回の総論に続き、各論として月々の家計への影響と資産運用のあり方を取り上げてきました。締めくくりとなる今回は、老後の資金準備に直接影響するであろうインフレとどう向き合うべきなのか説明していきます。
銀行の利子に期待できない今・・個人年金という対策も魅力的になっています。
数十年にわたって保険料を払えば、国からの年金クラスのお金が受け取れ、貯蓄目的にもなる生命保険。

銀行に預けるよりメリットがあるように聞こえますが・・・本当にそうでしょうか?
10年間、毎月5万円を受け取れるプランに加入する場合、保険料は2万3808円。
総受取額600万円に対し、払込保険料総額は約571万円で、約29万円、受取額が多くなります。

これが多いか少ないかは人それぞれですが、投資先選びは慎重になる必要が出てきます。
親に個人年金保険を勧められる人もいます。親世代が若い頃の個人年金保険は予定利率が高く、魅力がありました。しかし、今は状況がまったく異なるということを知っておいてください。

もうひとつ注意したいのは、中途解約すると、ほとんどの場合、解約返戻金が払込保険料総額を下回る、つまり元本割れするということです。
 「本当に安心していいのだろうか?」
 「将来の安心のために」という文言が入った、日本生命の「個人年金保険」をすすめるチラシを見ながら疑問を持ちました。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

高齢者の孤独死・ゴミ屋敷を招く「ゴミ出し難民」が各地で深刻化!?

高齢者の孤独死・ゴミ屋敷を招く「ゴミ出し難民」が各地で深刻化!?

ニュースで騒がれる事もあるゴミ屋敷。周りの事を考えない偏屈な方が引き起こす自己中心的な行動。そう考える人もいますが、ゴミ屋敷の中には「ゴミを捨てたくても捨てられない」という「ゴミ出し難民」もいるようです。高齢者に多く、健康被害を引き起こし、孤独死の原因となる可能性も・・・
鈴木康平 | 1,144 view
事故物件を見抜くコツは? 前の住人が「自殺した・殺された・孤独死した」という怪しい部屋を借りないために

事故物件を見抜くコツは? 前の住人が「自殺した・殺された・孤独死した」という怪しい部屋を借りないために

「前の住人がココで死んだらしいよ」。幽霊や怪談話の定番ですが、現代ではあながち嘘ではないかもしれません。うつ病による自殺者は増え、老後の孤独死も増えています。借りようとしている部屋が「事故物件」でないと誰が言えるでしょう。どうすれば事故物件を見抜けるのでしょうか?
鈴木康平 | 549 view
半数が独身貴族になる未来が待っている!? 2035年の未来は少子化がより悪化!?

半数が独身貴族になる未来が待っている!? 2035年の未来は少子化がより悪化!?

20年後の未来はどうなっているでしょう?車が空を飛び、タイムマシーンがある?現実的に考えるとそんな夢のような話ではないようです。2035年には人口の半分が結婚せず、独身を貫いている。そんな鬱になるような予測が専門家によって導き出されています。なぜ「ソロモンの時代」が訪れてしまうのでしょう?
鈴木康平 | 986 view
介護がサラリーマンに及ぼす負担 妻に頼る事はできない「息子介護」の現実

介護がサラリーマンに及ぼす負担 妻に頼る事はできない「息子介護」の現実

親の介護は妻や娘の仕事。日本社会には口には出しませんが、そういう部分がありました。しかし、最近では自分の親の介護を妻に頼れず、自分で介護しなければならない。そんな「息子介護」が増えています。仕事だけでなく、介護も負担もしなければならない鬱になる話。
鈴木康平 | 690 view
大企業や公務員でも要注意! 中高年の年収が下がってしまう5つの要因の避け方はある?

大企業や公務員でも要注意! 中高年の年収が下がってしまう5つの要因の避け方はある?

大企業や公務員で役職に就いていると、この先も定年までずっと同じ年収であると勘違いしやすくなります。若いうちは良いですが、中高年になると年収を下げる5つの要因が存在します。どうやって回避すれば良いでしょうか?
鈴木康平 | 598 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平