2017年11月9日 更新

公的機関…なぜシャチハタ印はダメなのか?

役所なり銀行なり、公的機関っぽいところにいくと、よく言われるのが、「シャチハタ以外の印鑑で…」というセリフ。まぁ筆者はもともとシャチハタ印を持っていないので、特になにか困ったことになったわけではないのですが、なぜそもそもシャチハタがダメと言われてしまうのか。その理由を探ってみました。

6,299 view お気に入り 0

そもそもシャチハタとはなんなのか?

 (63429)

「シャチハタ」は製品名ではなく、そもそもは会社名。
もとは文房具を製造する会社でした。

名古屋の会社であったシャチハタ株式会社は、創業者が金の鯱の描かれた旗をマークに使ったことから、この名称がつけられたのだとか。

そして、このシャチハタ株式会社が、朱肉のいらないインク浸透印を開発したことで、その製品の代名詞も「シャチハタ」となったのです。
シャチハタはもともと会社名だったのですね。

ハンコと言えばシャチハタのイメージが強かったのですが、もともとのスタートは文具だったとは。

ヒット商品がでると、会社の印象そのものも変えていってしまうんだなぁ…。

ところで、銀行、区役所、不動産…いろんなところで見かける「シャチハタ不可」

契約書など重要な書類の押印欄には、注意書きで「シャチハタ不可」と書かれていることがあります
なにか大事な書類にハンコを押すときにあらわれる「シャチハタはダメ」の文言。何度も何度もシヤチハタはダメだと言われる。かわいそうに。これはシヤチハタへの差別ではないのか。
Free photo: Shield, Ban, Stop, Containing - Free Image on Pixabay - 2854067 (63431)


確かによく聞く「シャチハタ不可」。

あー不可なんだなーとは思いつつも、なぜ不可なんだ、というところまでは意識が回っていなかったが、よくよく考えると確かに疑問。

なぜ、不可と言われているのか、知っている人はいるのでしょうか?

なぜシャチハタ印はは不可なのか?

「インクがにじむから・インクが薄くなるから」

ではなくて、

「ゴム印だから」

が理由としては強いようです。
「素材がゴムであるため押し方や、経年変化による劣化などにより同一スタンプでも印影が変わる可能性があること、時間が経過するとインキが薄くなることや、大量生産であるために別のスタンプでも同じ形状の文字が押印できることから、浸透印タイプの印鑑は公文書などへの使用は認められていないことが多い。」
とのことで、インクの薄くなる的な部分は、メインの原因ではないということですね。

しかし、実際大量生産されてるからといって、何がダメなんでしょうか。

シャチハタ以外の木のやつとかでも、大量生産されているではないか、と思ってしまう。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「伝説のすた丼屋」から期間限定の『ワイルドすたみな焼きすき丼』好評発売中!

「伝説のすた丼屋」から期間限定の『ワイルドすたみな焼きすき丼』好評発売中!

丼チェーン「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」を運営する株式会社アントワークス(所在地:東京都中野区、代表取締役:早川 秀人)は、 2月下旬から全国の店舗(一部店舗除く)にて『ワイルドすたみな焼きすき丼』を発売中。早速ボリュームいっぱいの期間限定メニューをレポートしてきました♪
SNS投稿の前に要確認!人生を狂わせる「デジタルタトゥー」の危険性”不適切動画”の代償とは?

SNS投稿の前に要確認!人生を狂わせる「デジタルタトゥー」の危険性”不適切動画”の代償とは?

不適切動画が相次いで投稿されることがメディアやSNSで問題になっています。一度、拡散された動画というのは半永久的にネット上から消えないので、”デジタルタトゥー”と呼ばれています。さらには、個人情報が特定されてしまうケースもあるのだとか。4年前につまようじ動画を投稿したAさん。本人に取材すると4年前の投稿動画が未だに苦悩に満ち「人生の障害」になっているといいます。取り返しのつかないその”恐怖”とは?
根深いコンプレックスからの解放!有村藍里、美容整形を受けたことを告白 ”大変貌”にSNSは?

根深いコンプレックスからの解放!有村藍里、美容整形を受けたことを告白 ”大変貌”にSNSは?

タレントの有村藍里さんが「ザ・ノンフィクション」に出演。美容整形の手術を受けた様子が放送され、自身のブログでも手術を受けたことを告白しました。彼女は有村架純さんの実姉ですが、長年、口元のコンプレックスを抱えていることから、抜歯や矯正など、約5年かけて試行錯誤していたようです。さらにネットの誹謗中傷などを受けて以来、人前で笑うことも怖くなっていたそう・・。彼女の勇気ある行動にネットなどからも大反響が
2019年「アカデミー賞」授賞式で”伝説ジュエリー” 復活!最も絶賛されたベストドレッサーは?

2019年「アカデミー賞」授賞式で”伝説ジュエリー” 復活!最も絶賛されたベストドレッサーは?

ノミネート作品や受賞者にダイバーシティ(多様性)が反映された今年の「アカデミー賞」授賞式。毎回、話題になるのが、スターたちが、どんなジュエリーを身に着け、どんなドレスで登場するのか、ということ。最注目されていたレディー・ガガ。意外にも黒のシックな装いだった理由は?男性陣で注目を集めた人は?今年はパンツ・スーツを採用する若手女優も多い傾向に。話題となったハリウッドのトレンド色やファッションを一挙公開
2019年「アカデミー賞」授賞式は異例づくし!予想外の結果&”オスカーNo.1”スピーチは?

2019年「アカデミー賞」授賞式は異例づくし!予想外の結果&”オスカーNo.1”スピーチは?

第91回目となる「アカデミー賞」(通称:オスカー)授賞式が、2月24日(米時間)に、ロサンゼルスのドルビー・シアターにて開催されました。中でも注目を集めた「主演男優賞」「主演女優賞」「歌曲賞」「作品賞」の4部門を詳しくまとめます。今回は、30年ぶりに司会者不在、前哨戦では読み切れなかった”予想外の結果”など・・波乱が起こった様子。必見!受賞者の中のスピーチで”オスカーNo.1”をさらった人もご紹介

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

山岡ソースケ 山岡ソースケ