2017年2月27日 更新

たくさん貯金したいなら「お金の常識」を知ろう! 貧困にならないための新しい節約方法を紹介します

毎月の給料はもちろん、ボーナスもなるべく手を付け、きちんと銀行に預けている。それなのにお金はたまらず、出費はどんどん増える。たくさん節約し、貯金をしたいのにお金が出て行ってしまうのは「お金の常識」が足りないからかもしれません。

274 view お気に入り 0

●間違った「お金の常識」

給料はボーナスをきちんと貯金しているのに、お金がなかなか貯まらない。
むしろ、貯まるより出費が増え、貯めたはずのお金がなくなっている。
自分の節約方法の何が間違っているの?
それは「お金の常識」を知らないからです。
夏のボーナス(賞与、一時金)シーズンが到来しました。日本経団連の5月末発表によると大手企業の2015年夏のボーナス平均妥結額は91万3106円と、昨年夏より2.43%増え、3年連続の伸びとなっています。
Free photo: Money, Coins, Euro Coins, Currency - Free Image on Pixabay - 515058 (8133)

バブル期の景気が良かったころは銀行預金だけで結構な利子がつきました。
給料やボーナスを単純に銀行に預けるだけで、大きな利益を手に入れることができたのです。

しかし、今の銀行預金の利息はあってないようなモノ。
お金は銀行に預けるだけ・・・
それでは本当の意味でお金が増えることはありません。
72÷7≒10年
およそ10年で2倍です。バブル期なら、子どもが生まれたときにもらったお祝いを定期預金に入れておけば、小学校5年生のときには2倍になりました。ところが、今の金利は普通預金が0.02%、10年の定期預金が0.1%です。今、10年の定期預金に預けると
銀行預金でどうしてお金が増えないのか?
理由の1つは「税金」です。

銀行預金の金利が低いのはもちろんですが、さらに国税や復興税などの税金が引かれ、ほとんど利益にならない状態が続いています。

預けたお金が2倍になるのは、途方もない時間が必要なのです。
Free photo: Bank Note, Euro, Bills, Paper Money - Free Image on Pixabay - 209104 (8137)

おカネが増えない低金利。そして、微々たる利息や運用益から引かれる20%以上の税金。この2つを知っておくと、NISAのありがたみがよくわかります。
確定拠出年金(かくていきょしゅつねんきん)は、401k(よんまるいちけい)やDC(ディーシー)とも言われている年金制度です。会社や国にお任せではなく、自分で積み立てたり、運用して老後のおカネを準備したりします。
実は40~50代でも貯金ゼロの世帯は全体のおよそ3割いるとされています。さらにいうと世帯年収1200万円の家庭でも、およそ1割が貯金ゼロなのです。なんとかなるかもしれませんが、困ったことにならないように、貯められるうちに貯めておくのが得策です。
Free illustration: Burn Money, Burn Geldschein - Free Image on Pixabay - 1463224 (8141)

年金には「国民年金」と「厚生年金」があります。
厚生年金は国民年金より高い年金がもらえる仕組みになっています。
「勉強会に誘われたけど、参加費1万円は高すぎる。やめておこう」。
勉強会は、君のスキルを高めてくれる効果があるだけでなく、そこで知り合った人たちが将来、君のビジネスを支えてくれる強力な人脈になる可能性がある。それをみすみす捨てようというのか!
銀行預金を否定するつもりはありませんが、給料やボーナスをすべてつぎ込むのは問題です。

1万円のセミナーや交流会があれば、積極的に参加し、新しい人脈や経験を積めば、将来のお金に繋がります。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

貯金できない人は我慢できない出費 あなたの家計にどんな無駄がありますか?

貯金できない人は我慢できない出費 あなたの家計にどんな無駄がありますか?

なかなかお金が貯まらない・・・そんな悩みがある人は一度「無駄な出費」を見直してみてはどうでしょうか?自分の家には無駄な出費なんて全然ない!そう思っている人も多いでしょうが、プロがチェックすると無駄な出費が浮き彫りになります。見直して、貯金をコツコツ貯めてはどうでしょう?
鈴木康平 | 230 view
「履歴書で字が下手な人」が知りたい基本の3法則 デジタル社会でも「手書き」が重要ですよ!

「履歴書で字が下手な人」が知りたい基本の3法則 デジタル社会でも「手書き」が重要ですよ!

「字が下手で悩んでいる」。小学生のような悩みですが、社会人になっても字が下手でバカにされる人が増えています。発達する段階で字が下手な事が直る人もいますが、毎日の練習が必要な人もいるのも事実。どんな事をすれば字が下手から「字が上手!」と褒められるようになるのでしょう?
鈴木康平 | 843 view
アルコール依存症を防ぐには「1人酒」を避ける!? 専門医が指摘する要注意サインとは?

アルコール依存症を防ぐには「1人酒」を避ける!? 専門医が指摘する要注意サインとは?

アルコール依存症は国内で5万人が治療を受けています。治療を受けていない人を含めると、かなり多くの人がアルコール無しではいられない身体になっているのかもしれません。薬物治療を専門にする医師が傾向する「1人酒」。お酒との付き合い方をきちんとできていますか?
鈴木康平 | 653 view
ボランティアを始めたい! 「最初の一歩」はどう踏み出せばいいのか?

ボランティアを始めたい! 「最初の一歩」はどう踏み出せばいいのか?

時間やお金に余裕がでたら人間は誰かのために行動を起こしたくなるのかもしれません。それは大学生などの学生かもしれませんし、社会人や主婦、シニア世代という事もあるでしょう。ボランティアを始めるのは人間的に素晴らしいですが、「何からスタートすればいいの?」と迷ってしまう人も多いでしょう。そんなボランティアの始め方を紹介します。
鈴木康平 | 515 view
結婚式の新郎も代理サービスを使う今時の若者! 本当の結婚相手を隠した家族に未来はあるのか?

結婚式の新郎も代理サービスを使う今時の若者! 本当の結婚相手を隠した家族に未来はあるのか?

結婚式を巡った新しいサービスが存在します。その1つが「代理サービス」。友人や職場の同僚を演じ、人間関係に乏しい人に向けた新しいサービスです。友達が少ないけど、家族や親戚に向けて仕方がない・・・そんな部分がありますが、今時は新郎役も代理サービスが演じるようです。
鈴木康平 | 527 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平