2020年6月16日 更新

エゴは人生の落とし穴|心の中に潜む“優越感・思い上がり”に支配されない方法

エゴは「誰にでも存在」しています。ある時ムクムクと起き上がり、“思い上がり”や“必要以上の優越感”は、あなたの足を引っ張り突き落とす危険にかわります。ビジネス、ライフスタイル、名誉と、大切な人生を落としてしまう「失敗」に終わるもの。本来は気持ちを良い意味で欲情させ進み続ける言動力になるはずですが……人に恵まれない、仕事に恵まれない、お金がない、親の教育が悪い、など外部の責任にしているのは、自分の中の“エゴ”だともいいます。エゴに支配されないコントロール方法をご紹介します。

1,125 view お気に入り 0
Free photo: Tie, Necktie, Adjust, Adjusting - Free Image on Pixabay - 690084 (1822)

エゴを抑える技術 (フェニックスシリーズ) 書籍が昨年発売されました。
書評もありますが、メディアでも取り上げられています。

書籍には、人生を3つに分けて、「夢」「成功」「失敗」の段階にし、
エゴが左右することを伝えています。

自分の中にこれほどエゴが存在していたということに
とても驚いているという評価も見えます。

どう対応するのか、一部をご紹介します。
若くして成功を成し遂げた著者が、“エゴ”を抑えるための方法を自身の衝撃的な実体験を交えながら書き記した『エゴを抑える技術』が、2016年12月10日(土)に発売された。
Free photo: Books, Old Books, Reading - Free Image on Pixabay - 1141910 (1824)

ここで言うエゴとは誰の心にも存在する、自信や才能と呼べる範囲を越えた過剰な優越感や思い上がりのことである。「自分は特別だ」「自分だけは違う」という思い込みや、「誰よりも認められたい」という欲求は誰しもがもっている。
この時エゴは私たちの人生最大の敵となり、失敗を呼び込み、敵を増やし、目標を遠ざけます。これを防ぐためにはエゴをコントロールする術を身につける他ありません。

エゴが邪魔する「人生」

エゴはいつでも出番を待っている。私たちが社会に飛び出し夢を追いかけているころには教養や知遇を得るのを妨害し、成功にやっとたどり着いたときには、自分の欠点や今後の課題にフタをして見えなくしてしまう。
Free photo: To Keep Eyes, Blind, Hair, Girl - Free Image on Pixabay - 1952595 (1825)

成功してからも重要↓↓↓
そして失敗するとその精神的打撃をことさら誇張し、間違った方向へと誘導して問題の解決を遅らせる。
さらに、甘い蜜には勝てなくなる↓↓↓
エゴの甘いささやきは心地よい。しかしそれに酔ってしまうと、人生は思わぬ方向へと進路を変える。エゴは人生の落とし穴だ。その穴に落ちないためにどうすればよいか。

エゴが人生を左右する「失敗と成功」例

失敗例

37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビジネスマンの勝者に多い“アウトプット優先”|成功にはインプット優先を今すぐやめよう

ビジネスマンの勝者に多い“アウトプット優先”|成功にはインプット優先を今すぐやめよう

スキルアップに必ずでてくる「インプット」と「アウトプット」ですが、この比率は意見が分かれています。しかし、“大人”になりビジネス(ネットも含め)で成功するためには「アウトプット」優先が必要だといいます。本当のアウトプット方法と、その効果にせまります。ビジネスで成功している人のほとんどは「やってみよう」のアウトプット型だといいます。あなたも今日から正しいアウトプットを行ってみませんか?
SOCIALZINEの志水 | 4,359 view
潜在意識の病かも“イップス”|スポーツ選手だけじゃない!ビジネスマンにも現れる

潜在意識の病かも“イップス”|スポーツ選手だけじゃない!ビジネスマンにも現れる

ゴルフをする人ならよくご存じかと思います。ここ数年では、野球選手ほかスポーツ選手をも苦しめる「イップス」ですが、あのイチロー選手も高校生の時に苦しんだといいます。この「イップ」がビジネスマンにも見られるようになっているようです。「なりやすい人はこんな人と対処方法」あなたは大丈夫でしょうか?
socialzine管理部 | 12,003 view
年収に差「初対面で自分を印象づける」努力|準備と話し方“苦手を克服する方法

年収に差「初対面で自分を印象づける」努力|準備と話し方“苦手を克服する方法

どんな仕事に携わっていたとしても、誰とも話をしない生活は「ない」と言えますね。人の印象は見た目、そして話し方や仕草、相手の発言に印象を大きくかえます。社会人なら、相手に”いい”印象を与えたいものです。初対面の印象に気をつけている人ほど“年収”も高いようです。コンサル業界にいた個人の意見も含めて、初対面で自分を印象づける「見せたい自分準備」と「話し方」の初歩をご紹介します。
socialzine管理部 | 320 view
仕事でつい出てしまう「言い訳」をやめる方法|“悪いクセ”理由と説明は言い訳と違う

仕事でつい出てしまう「言い訳」をやめる方法|“悪いクセ”理由と説明は言い訳と違う

気をつけていても、仕事でつい出てしまう要らぬ事は、幾つかありますね。今回は、“成功”や“成長”までも妨げる危険な癖の代表ともいえる「言い訳」を考えてしまう悪い癖を取り上げます。わたしは「言い訳なんてしません」そう思う人の中にも、「ほら、それが言い訳ですよ」というものがあります。言い訳と理由・説明は違うということに、気が付かない人にもなりたくないですね。少し気になる「言い訳」を、やめる方法を取り上げてみます。
socialzine管理部 | 2,275 view
なぜ? 「仕事ができる」「高収入」の仲間に“メタボ”が少ない定説|一流の人は〇〇〇がある

なぜ? 「仕事ができる」「高収入」の仲間に“メタボ”が少ない定説|一流の人は〇〇〇がある

批判を浴びそうなタイトルですが、高収入族には「なぜかメタボさん」が少ないという定説がありますね。スリム化が流行し、ダイエットは性別問わず永遠のテーマになっています。「なぜ賢いお金持ちに「デブ」はいないのか?」、「なぜ一流の男の腹は出ていないのか?」など数々の書籍がでています。その理由は、“なんだ、そんな簡単なこと?”少しスリム化するだけで高収入になるなら、「試してあげても、よくてよ」となるかもしれませんよ。
socialzine管理部 | 407 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

socialzine管理部 socialzine管理部