2017年2月22日 更新

“勤務時間外のメール禁止法”のフランス賛否両論|調査結果「身体に悪影響を及ぼす」

フランスで「勤務時間外メール禁止法」が施行されて、現在も賛否両論で取り上げられていますね。健康を害するという調査結果があるとか。フランスは週35時間労働のお国ですので、どの国も同じ状況では語れませんね。ドイツでも2014年に一度もちあがりましたが、そういえば日本ではどうなっているの?と気になるとろこでしょうか。詳細を確認してみました。

221 view お気に入り 0
Free illustration: Business, Internet, Web, Technology - Free Image on Pixabay - 1012761 (6928)

世界一有給休暇の長い国として知られるフランスで、労働環境をさらに改善するための新たな法律が成立した。
フランスの労働者は1月1日、勤務時間外の仕事のメールを見なくても良いという権利を獲得した。昨年5月に成立した法律が、1日に施行された。
これは、フランスで物議を醸している労働法改正に含まれていた法案の一つで、オンラインでの仕事のしすぎがもたらす、悪影響を減らすことを目的に改正案に加えられた。
Free photo: Workers, Construction, Site - Free Image on Pixabay - 659885 (6929)

昨年5月に成立した「オフラインになる権利」と呼ばれる新法のもと、従業員50人超の企業は、従業員が業務メールを送受信してはならない時間帯を明記する行動規範の策定が義務付けられる。
しかしこうした労働ストレスを軽減する動きは広範囲に広がりつつある反面、実際に労働環境の改善につながっているのかという点は、若干の疑問が残る。
Free photo: Auschwitz, Extermination Camp - Free Image on Pixabay - 385639 (6931)

この記事を読んで、みなさんはどう思うでしょうか?
フランス国内でも昨年5月から賛否両論が勃発してきました。
そもそもフランスは週35時間勤務といわれる国で、
「豊かで余暇のある国」としても知られているわけですね。

メールのチェックは強要されればストレスもマックスになります。
しかし、逆にチェックだけは時間外(例えば通勤や帰宅中)に配分していることもあります。
ここは国民性と働き方にもよるものですが現状はどうでしょうか。

フランスのみならず、ドイツや日本でも広がる対策

Free illustration: Email, Keyboard, Computer, Mail, At - Free Image on Pixabay - 824310 (6932)

「勤務時間外でも仕事のメールをチェックする」という労働者の条件反射的行為は、世界中で定着している。メールや電話連絡を含めた勤務時間外の労働行為は、一見短時間作業のように思えるが、毎日のように積み重なると立派なストレスの要因になりかねない。そのうえ賃金の発生対象とは見なされず、まったくの「ただ働き」だ。
年間30日の有給休暇の消化率が100%という、働き過ぎの国にとっては夢のような労働環境のフランスが労働者を保護する新制度を導入したことで、各国の意識がさらに高まるのではないかと期待される。

2014年のドイツでも

Free illustration: German Flag, Flag, German, Symbol - Free Image on Pixabay - 1332897 (6933)

2014年にはドイツ最大の人口密度であるノルトライン=ヴェストファーレン州において、社会民主党が「反ストレス法」の制定を提案し話題となった。
40 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【衝撃】年金の入力ミス、中国の業者は極めて正確。日本側がミスりまくりという現実。

【衝撃】年金の入力ミス、中国の業者は極めて正確。日本側がミスりまくりという現実。

定期的にトラブルを巻き起こす年金問題。対象者のリストを無くしたり、そもそも金額があってなかったり…。最近は委託された日本企業が中国業者にリストを渡してしまっていた、なんてことも話題になりましたが、そこに衝撃的な事実が見つかってしまいました。
山岡ソースケ | 346 view
将来約254億円予測「カプセルホテル」最前線|狭い、しめった印象はもう古い

将来約254億円予測「カプセルホテル」最前線|狭い、しめった印象はもう古い

あなたの知っているカプセルホテルは、狭い、足がぶつかる、“しめった”印象、他にはどんな感想をもっているでしょうか。それはもう古いようで、3キーワード「価格」「柔軟性」「新しいデザイン」で拡大しています。実は日本の大阪が発祥のカプセルホテルは、世界中にひろがり、2022年末には2億2600万ドル(約254億円)に拡大すると予測されています。最前線のカプセルホテル事情をご紹介します。
SOCIALZINEの志水 | 507 view
家計金融資産「米国2.32倍:日本1.15倍」|米国人と日本人の違い

家計金融資産「米国2.32倍:日本1.15倍」|米国人と日本人の違い

“米国人 と日本人の違い”家計金融資産20年間で米国2.32倍に対して、日本は1.15倍。この違いはいつたい何からおきるのでしょうか?米国は「所得が高い」から、「生活やしやすい」から、もともと「親からお金持ちが多い」から……。どれかならまだ救われるかもしれませんが、そうではないようです。では米国と日本の違いは何でしょうか?お金に働いてもらうということの違いにハッキリ差がでているようです。
SOCIALZINEの志水 | 871 view
日本のオヤジ約9割「お父さんは、いつも疲れているんだ!」|30代40代は疲労MAX

日本のオヤジ約9割「お父さんは、いつも疲れているんだ!」|30代40代は疲労MAX

健康機器メーカーの株式会社フジ医療器では、「父の日企画」として、アンケート調査を行ったと公開しています。全国1,969名の主役は「お父さん」を対象に、“お父さんの疲労事情と解消法調査”実施。前回は、全国1,688名の「お母さん」を対象にした母の日企画の“お母さんの疲労事情と解消法”調査にも触れている様子。日本のお父さんは「疲れているんだ!」をご紹介します。
SOCIALZINEの志水 | 255 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水