2017年9月11日 更新

仕事であなたの評価を格段に上げる「賢語」けんご|ビジネス上級者としての語彙力

日本語は難しいもので、日本人だからといって完璧に使える人はほとんどいないともいいます。その中で、こんな風に使えれば、ビジネスシーンにおいて上司や取引先にも、「こいつデキるな」と思われる言葉があります。それが「賢語」(けんご)だといいます。漢字の通り、賢く見えることは、印象をアップさせる大事なことですね。今すぐ使えるいくつかをご紹介いたします。

1,542 view お気に入り 0
Free photo: Bible, Heart, Christianity, Jesus - Free Image on Pixabay - 2615221 (49750)

日本語は奥深い。ビジネスで必須の「敬語」にも、いまではほとんど使われなくなった表現がたくさんある。「ここぞ」というときに使えれば、年上の上司や取引先に一目置かれるようになるかもしれない。
「ある程度の社会人経験を積んだ人であれば、基本的な尊敬語や丁寧語は話せて当然。だからこそ、さりげなく賢さや品を感じさせる言葉選びができると印象が良くなるはずです。
Free illustration: Dictionary, Letters, Learn, Read - Free Image on Pixabay - 432041 (49755)

特に年上の上司や幹部クラスには賞賛されるでしょう。語彙力がある、博識である、など間違いなく好感度とビジネスコミュニケーション力はアップします」(唐沢さん)
では、いったいどうすることで更に印象をあげることができるのでしょうか。目上の方、そして取引先から「お、こいついいな」と唸らせることができるのでしょうか。その答えが

「賢語」(けんご)

『仕事でナメられないための 賢語手帳 』と、書籍も出ていますが、
幼稚な言葉遣いは損をしていまいます。「賢く見える言葉」というのは「賢語」なのです
Free photo: People, Face, Portrait, Costume - Free Image on Pixabay - 1638722 (49748)

「賢語」(けんご)の魅力

「ナメられない」「馬鹿にされない」社会人の言葉がすぐに身につく。
日本語の読み書きに不自由は感じていない人も、人から賢く思われる言葉「賢語(けんご)」となると、いかがでしょうか。会話やメールなどで、さりげなく使うだけで賢く見えてしまう賢語を、ビジネスの場面で活用すれば、一歩先の表現力を磨けます。
専門用語のような難しい言葉ばかりを使う人は、けむたがられてしまいます。しかし、自然に賢語(けんご)を使えると、「よく知っているな」「博識だね」そんな周囲からの評価が聞こえてきます。
Free photo: Books, Book, Bookshelf, Library - Free Image on Pixabay - 373053 (49752)

「その人の第一印象が見た目で決まるとすれば、言葉の選び方や語彙(ごい)の豊富さは“第二印象”を決定するもの。
53 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

あなたの脳は鈍くなっていませんか“40代”が分かれ目|ワーキングメモリを鍛える方法

あなたの脳は鈍くなっていませんか“40代”が分かれ目|ワーキングメモリを鍛える方法

短い時間に心の中で情報を保持。そして同時に処理する能力である「大事なメモリ」それがワーキングメモリ “脳機能”ですが、分かれ目は40代だといいます。しかも、集中力は43歳がピーク、感情認知能力48歳、理解力は50歳前後。それぞれ個人差はあるもののピークを知ったうえでワーキングメモリ力を鍛えれば、何をしても成功できちゃいそうですね。日常のちょっとしたプラスで鍛えられる方法を取り上げました。
仕事の基本ホウレンソウ「報告・連絡・相談」から交代|人材が育つ「かくれんぼう」

仕事の基本ホウレンソウ「報告・連絡・相談」から交代|人材が育つ「かくれんぼう」

あなたの会社では何が基本になっているでしょうか。社会人の基本と言われるホウレンソウ「報告・連絡・相談」は、もう必要ないかもしれないとの声も。ホウレンソウでは「人」が育たない場合も考えられるようです。今のスピードある企業にあわせて、今度は「かくれんぼう」が良いのではないかという意見もあります。ホウレンソウの基本と、かくれんぼうが良い場合の理由をご紹介いたします。
“口論や摩擦”優れたリーダーは「対話力」で解決|謝罪させても無意味で人は変わらない

“口論や摩擦”優れたリーダーは「対話力」で解決|謝罪させても無意味で人は変わらない

誰が何と言おうとも「あなた」は悪くなく、相手が悪いと周囲が認めるようなことがあります。しかし、悔しいですが相手とバトルをしても、何も伝わらないことをご存じですね。相手の謝罪はなぜか無意味。「変えるべき点」を、わかってもらうのは簡単ではないのです。大事なことは、相手と「対話」をすること。もしも、あなたが優れたリーダーを目指すのであれば「対話力」が人を変えることを知っておくといいかもしれませんよ。
仕事のデキる人「欠かさない習慣」|評価されるための何気ない極意

仕事のデキる人「欠かさない習慣」|評価されるための何気ない極意

不思議なもので、同じ仕事をしているはずなのに、出世の早い人や評価の高い人がいます。本当に「同じこと」をしているのでしょうか。何気ない欠かさない習慣があり、早くに評価をうける言動があるといいます。それは、自ら行える簡単なちょっとしたことと、キーマンとの距離感なのです。たった「それだけ」を行えばいいという、知らないと損する習慣をご紹介します。
「話が上手な人」や「説明が上手い人」になぜなれないのか?口下手がついついしてしまう決定的なミスを改善しましょう!

「話が上手な人」や「説明が上手い人」になぜなれないのか?口下手がついついしてしまう決定的なミスを改善しましょう!

上司への報告、後輩への指導、会議でのプレゼンテーション・・・社会人になると人に説明したり、話をしたりするコミュニケーション能力が求められます。仕事がどんなにできても「話が下手」、「説明がわかりにくい」と思われるとビジネスマンとして致命的。どうすればコミュニケーションがうまくなるのでしょうか?
鈴木康平 | 534 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水