2017年3月11日 更新

成功しない人には、共通する「5つ」の特徴があった!|今すぐ捨てようありがちな習慣

こんなに「一生懸命」やっている“つもり”ですが、どうしても思うようにいかない。浮き沈みがあるとしても、定期的に起こるスランプとは異なると感じる方。成功できない人には、やってはいけない共通点があるといいます。ここで「5つの捨てるべきこと」を知り、人より一歩前に抜け出せるかもしれません。思うように運ばないのは、こんなことだったとスッキリするかもしれません。

1,921 view お気に入り 0
Free photo: Hands, Clock, Business, Time - Free Image on Pixabay - 2031631 (10556)

成功するためには粘り強さが必要だ。それは確かにそうだ。だが、やめることが最も効果的な行動だという場合もある。失敗に終わったプロジェクト、報われない仕事、絶望的な人間関係──断ち切ることが正しい場合もある。
成功しない理由がわかるのであれば、
早々に「やめてしまえばいい」と判断します。
しかし、断捨離と言われる“捨てる行為”は簡単なようで、苦手な人もいます。
それでも、やめるべき時を知る力は、努力すれば身に付けることができる。
 (10546)

「捨てるべき5つの癖」と、Dumb Little Manの記事「成功しない14の理由(原題:So, Here's 14 Reasons Why You're Not Successful!)」から、「成功の邪魔をする、やめるべき5つ」をご紹介します。

同じことばかり繰り返す

「2と2を足し続けたら、いつか答えが5になる」と確信しているらしい人が大勢いる。だが、やり方が同じなら何度繰り返しても結果は同じだ。変わることをどれだけ願っても、得られる結果に変化はない。
異なる結果を望むなら、どれだけの痛みを伴うことであっても、やり方を変えなくてはならない。
 (10547)

ここは、人によっての仕事により受け取り方に差がおきるかもしれませんね。
もしも、ルーティンワークとも言われることにも結び付けていくのであれば、同じことを繰り返しすることで作業効率が高くなることはあります。
それは「要領を得る」そして、スムーズに処理できるスピードがつくこともありますが、もう少し先に進むと、ここが“慣れ”にかわってきます。

「慣れ」は良くも悪くも注意すべき点であり、更によい方法はないのか視野を広げるチャンスが訪れますね。
このままで「いい」、これが「最良」だとは決められるものではありません。
もしくは、指示を待ち、指示にしか従えない考えを持てないということも、
同じことを繰り返してしまう道に踏み込みやすいのかもしれません。
待たなければならない指示もありますが、待つべき指示なのかを考えて
考え行動できることが、成長に繋がる一歩になるのかと考えますね。

怠惰

 (10548)

すべてのことに緊張感を持つことはできない。誰だって怠惰な一面がある。だが、重要なことについては怠惰はなくそう。
ひょっとすると怠惰ではなく、退屈しているのかもしれない。やる気を出すにはどうしたら良いのか考えてみよう。

自分を疑う

45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

長財布にしてもお金持ちどころか貧乏になるかも!? 成功者と敗北者の違いは?

長財布にしてもお金持ちどころか貧乏になるかも!? 成功者と敗北者の違いは?

「お金持ちはお札や小銭を大切にするから長財布を愛用する」。お金持ちになるために折り畳みやがま口財布を止め、長財布に切り替える人が多いですが、本当に財布を変えればお金持ちになれるのでしょうか?もしかしたら逆にお金持ちではなく、貧乏人になってしまうかもしれませんよ。
鈴木康平 | 5,003 view
ビジネス成功者には「疑う力」がある|新しい発見とチャンスを掴む“疑う能力”の鍛え方

ビジネス成功者には「疑う力」がある|新しい発見とチャンスを掴む“疑う能力”の鍛え方

ジョブスのようにイノベーションを起こし、ビジネスで成功するために必要なのは「疑う力」。疑う力は、リスクに備え、潤滑な対人関係、そして人生の大きなチャンスをつかむことができるそうです。しかし日本の教育では「正しく疑う能力」が育たないのです。これからでもできる「正しい疑う力」の身につけかたをご紹介します。西洋哲学の“エポケー”、そして広告業界の“ブレスト文化”がヒントになります。
SOCIALZINEの志水 | 1,735 view
昇進できる人「5つ」の特徴|あなたの“出世意欲”は満足していますか

昇進できる人「5つ」の特徴|あなたの“出世意欲”は満足していますか

あなたには「出世意欲」がありますか? と質問されて「ハイ」答える人が半数以上います。では、希望通り自己評価通り「昇格」している人はどのぐらいるのでしょうか。なぜだか、ビジネスの社会で成功してきた「昇進」できた人には共通とも言える特報がありました。9つの特徴から「5つ」に絞ってご紹介いたします。
SOCIALZINEの志水 | 2,944 view
ドイツ人がお手本「仕事を先延ばしするスキル」がいい|ビジネスの成功はコントロールと時間

ドイツ人がお手本「仕事を先延ばしするスキル」がいい|ビジネスの成功はコントロールと時間

多くは、仕事のできる人として「先延ばしにしない方法」が紹介されています。しかし、今回は真逆の「先延ばしにするスキル」が日本人には必要だというものです。お手本となるのはドイツ人。「時間厳守がすべてだ」という格言があるドイツは、時間には厳しい民族。しかし、そんな国が日本とは逆「キーワードは、コントロールと時間」。このスキルを実行できれば、ビジネスの成果を上げられるかもしれませんね。
SOCIALZINEの志水 | 682 view
ビジネスパーソンは「心の美意識」が成功の大差を生む|仕事のできない人は分からない

ビジネスパーソンは「心の美意識」が成功の大差を生む|仕事のできない人は分からない

男も女も、「美意識が分からない人」は、仕事がデキない人だといいます。書籍『きれいでなければ稼げません』の著者:渡辺ゆきよ氏が説く“3つの美意識”は、「外見」「心」「所持品」。この中から「心」を抜粋し、してほしくない「脱落評価」に当てはまる悪い実例もご紹介します。ほんの少しの「微差」は、やがて数年で「大差」を生むそうですね。
SOCIALZINEの志水 | 1,179 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水