2018年5月9日 更新

ミレニアルズ世代の“新星美女歌姫”デュア・リパ来日!ブルゾンちえみの“完コピ”MVを称賛

単独ライブのため来日している「ミレニアルズ世代」の“新星美女歌姫”デュア・リパ。8日放送の「スッキリ」に出演し、自身のヒット曲「New Rules」を生披露しました。さらに、ブルゾンちえみ率いるユニット「Royal Flush」が完コピしたMVについても言及!カルヴィン・ハリスとコラボをしたり、ボーダレスな価値観を支持する姿勢は、まさに現代のポップ・アイコン。そんな彼女の魅力に迫ってみます

255 view お気に入り 0

イギリスの新星歌姫「デュア・リパ」来日!

初の単独ライブのため来日している「ミレニアルズ世代」の新星ポップ・アイコンのデュア・リパ。
▼そんな彼女の初の単独来日公演は、5月8日(火)に「Zepp Tokyo」で開催!

デュア・リパについて

そんな話題沸騰のデュア・リパ(Dua Lipa)の魅力に迫ってみます♪
昨年シングル「New Rules」の大ヒットでトップ・アーティストの仲間入りをした彼女は、ロンドン出身の22歳。

同曲は、Spotifyでは「Female Global Artist」で1 位を獲得。
そして全ストリーミング・サービスの再生回数は 、なんと30億回超!驚異のヒットを記録更新中。

Dua Lipa - New Rules (Official Music Video)

デュア・リパの両親はコソボ出身のアルバニア人で、彼女の名前"Dua"はアルバニア語で『愛』を表しているそうです。
その名の通りに、多くのファンから愛される存在に!
 (83959)

その彼女の自由な感性と力強く伸びやかな歌声は、多くの人々を魅了しています。

例えば、LGBTのコミュニティからも厚く支持されているのもその魅力の一つ。
レディー・ガガやカイリー・ミノーグなどと同様、リパはLGBTから大きな人気を集めており、イギリスで毎年行われるゲイ・パレード、ブライトン・プライド2016にも出演。
昨年の8月にリリースされ、UKのダンスチャートで1位を記録したシングル「Blow Your Mind (Mwah)」のMVではレインボー・フラッグを高々と掲げており、『G-A-Y』や『Heaven』といった、ロンドンの有名ゲイ・バーでのパフォーマンスも好評価を博した。
58 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

SNS投稿の前に要確認!人生を狂わせる「デジタルタトゥー」の危険性”不適切動画”の代償とは?

SNS投稿の前に要確認!人生を狂わせる「デジタルタトゥー」の危険性”不適切動画”の代償とは?

不適切動画が相次いで投稿されることがメディアやSNSで問題になっています。一度、拡散された動画というのは半永久的にネット上から消えないので、”デジタルタトゥー”と呼ばれています。さらには、個人情報が特定されてしまうケースもあるのだとか。4年前につまようじ動画を投稿したAさん。本人に取材すると4年前の投稿動画が未だに苦悩に満ち「人生の障害」になっているといいます。取り返しのつかないその”恐怖”とは?
2019年「アカデミー賞」授賞式は異例づくし!予想外の結果&”オスカーNo.1”スピーチは?

2019年「アカデミー賞」授賞式は異例づくし!予想外の結果&”オスカーNo.1”スピーチは?

第91回目となる「アカデミー賞」(通称:オスカー)授賞式が、2月24日(米時間)に、ロサンゼルスのドルビー・シアターにて開催されました。中でも注目を集めた「主演男優賞」「主演女優賞」「歌曲賞」「作品賞」の4部門を詳しくまとめます。今回は、30年ぶりに司会者不在、前哨戦では読み切れなかった”予想外の結果”など・・波乱が起こった様子。必見!受賞者の中のスピーチで”オスカーNo.1”をさらった人もご紹介
ファッション業界で相次ぐSNS”炎上”・・なぜ?「自殺ファッション」にバーバリーが謝罪&中止

ファッション業界で相次ぐSNS”炎上”・・なぜ?「自殺ファッション」にバーバリーが謝罪&中止

今月ロンドンで行われた「バーバリー」ファッションショーで発表された”あるファッション”がSNS上で「自殺を連想させる」と非難を浴びました。その衣装とは・・?実は、ここ最近では世界的な有名ブランドが、昨年11月には「ドルチェ&ガッバーナ」、12月には「プラダ」。また今年に入っても「グッチ」の商品にも、批判が高まり販売が中止になるケースがありました。ファッション業界で相次ぐ炎上・・この批判の背景とは?
「第61回グラミー賞」授賞式開催!日本人クリエーター作”アメリカ社会の風刺”MVが最優秀獲得

「第61回グラミー賞」授賞式開催!日本人クリエーター作”アメリカ社会の風刺”MVが最優秀獲得

「第61回グラミー賞」が、2月11日(日本時間)に開催されました。今回、最多受賞となったのは4部門で受賞したチャイルディッシュ・ガンビーノと、ケイシー・マスグレイヴス。次いで3部門で受賞したのは、レディー・ガガとブランディ・カーライル。また、最優秀新人賞を受賞したのはデュア・リパ。日本で特に話題となったのが、東京都出身のヒロ・ムライの最優秀MV部門。彼がMVを監督したガンビーノの楽曲への思いとは?
開催間近!音楽の祭典「グラミー賞」今年のテーマは“多様性” いま最注目アーティスト・楽曲は?

開催間近!音楽の祭典「グラミー賞」今年のテーマは“多様性” いま最注目アーティスト・楽曲は?

世界最高峰!音楽の祭典「グラミー賞」が間近に迫っています。第61回(2019年)となる今回の授賞式は、2月10日、日本時間11日に開催。近年のアメリカで重要視されているのが“Diversity(多様性)”というテーマ。グラミー賞にも大きな影響を及ぼし、今回は幾つかの変更点が生じています。グラミー賞主要4部門を中心に、今最も注目アーティストや楽曲などをチェックして、来る授賞式を楽しみにしていましょう

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん