2017年4月22日 更新

睡眠不足を甘く考えてはいけない 寝ても疲れがなかなか取れない人は知らないうちに身体に負担をかけているのかもしれません

「睡眠が足りず、眠くて仕方がない・・・」。いつも眠そうにしている人がいます。睡眠が足りていない事を専門家の中では「睡眠負債」と言われています。睡眠不足は身体に借金しているようなもの。お金の代わりに睡眠という対価を借り、時間を確保する。もし、睡眠という負債を返せないでいると・・・身体と心が自己破産してしまうかもしれませんよ。

961 view お気に入り 0

●睡眠不足は身体への借金

寝ても寝ても疲れがなかなか取れない・・・
睡眠が足りず、電車の中でウトウトと寝ている人がたくさんいます。

「睡眠が足りていない事」を睡眠不足といいますが、専門家の中にはかなり危険視している人もいます。

睡眠不足という事は身体や心に「時間」を借金しているもの。
きちんと睡眠時間という借金を返済しないと、身体と心への負担がどんどん高くなり、自己破産という最悪の結果につながるかもしれません。
新年度が始まるにあたって、気持ちも新たに仕事や日々の生活をスタートする人も多いこの時期。しかし、「心機一転、フレッシュな気分で頑張ろう」と気合を入れても、睡眠が足りていなければ脳も体もベストコンディションからは遠く、思うような結果を得られない日々が続くことも。
Free photo: Sleep, Rest, Concerns, Break - Free Image on Pixabay - 1521803 (18706)

日本人はどれくらいの睡眠時間を確保しているのでしょう?
人にもよって違いますが、日本人の平均睡眠時間は6.5時間。
自分もそれくらい・・・そう感じた人も多いでしょう。

しかし、外国は7時間から8時間が基本。
6時間を切る睡眠時間はアメリカでは「短期睡眠」と言われ、危険視されています。
さらに、日本は「眠りたい時間」と「実際の睡眠時間の差」も諸外国に比べて大きいという特徴があります。東京、ニューヨーク、上海、ストックホルムの5都市で調査したところ、東京が断トツで「実際の睡眠時間」が「理想的な睡眠時間」を大きく下回っていることがわかりました。
短期睡眠は「睡眠時間の借金」と同じ。
寝る時間を削れば、身体と心への負担はどんどん高くなっていきます。

「忙しいから平日の睡眠時間は削っているけど、休日に「寝だめ」しているから大丈夫」
そういう人がいますが、寝だめは効率的ではありません。

寝だめによって睡眠時間の借金はたしかに返済されますが、一日40分の睡眠時間の返済には3週間ずっと14時間の睡眠を確保しなければいけません。

専門家は週末の寝だめでは完全に睡眠不足を回復するのは難しい。
そう考えています。
Free photo: Money, Coins, Euro Coins, Currency - Free Image on Pixabay - 515058 (18710)

「短時間睡眠法」がもてはやされることがありますが、私はまったくおすすめしません。なぜなら、いわゆる「ショートスリーパー」はなろうとしてなれるものではなく、私の研究でも「短時間睡眠は遺伝である」ことがわかっているからです。
睡眠不足で注意したいのが「肥満」です。
寝不足の状態が続けば、食欲を抑制するホルモンが低下し、逆に食欲を高めようとするホルモンが活発に分泌されてしまうのです。
実際、夜更けまで起きていてたくさん食べてしまった経験があなたにもあるのではないでしょうか? 先のサンディエゴ大学の調査では、「短時間睡眠の女性は、肥満度を表すBMI値が高い」という報告もあり、最もBMI値が低かったのは平均睡眠時間の7時間眠っている人たちだったという結果が出ています。
Free photo: Angel, Figure, Sitting, Sleeping - Free Image on Pixabay - 1632265 (18714)

また、睡眠不足が短いショートスリーパーに憧れる人がいますが、なろうと思ってなるものではありません。

ショートスリーパーかどうかは遺伝で決まりますし、本人が無自覚なだけで睡眠不足になっている可能性もあります。
「朝起きた時に口が乾いている」「スッキリ起きられない」「頭痛がする」「起きている時も眠気、倦怠感、だるさがあって、集中力がもたない」などの症状はありませんか?もしかしたら、眠っている時に呼吸が止まっている病気である「睡眠時無呼吸症候群」かもしれません。
Free illustration: Business, Internet, Web, Technology - Free Image on Pixabay - 1012761 (18719)

22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「風邪を引いても会社は休めない」!? 「体調不良でも高熱でも無理に出社」は美徳じゃなく迷惑かも?

「風邪を引いても会社は休めない」!? 「体調不良でも高熱でも無理に出社」は美徳じゃなく迷惑かも?

風邪をひいて咳や鼻水が止まらず、熱も38度を超えている。市販の風邪薬はなかなか効果が実感できず、できれば病院に行って寝ていたい。しかし、「風邪なんかで社会人が会社を休むな!」と上司が許してくれない。もしかしたらそれはアナタの勝手は妄想かもしれません。本当に会社員が風邪で休んだら怒られるのでしょうか?
鈴木康平 | 4,569 view
「この人にはワタシがいないと・・・」 夫や妻からの暴力が増えたDVのワケは「共依存」による服従と支配の関係か!?

「この人にはワタシがいないと・・・」 夫や妻からの暴力が増えたDVのワケは「共依存」による服従と支配の関係か!?

一生を愛し合う事を誓った結婚式。しかし、年月が過ぎると良好な関係は崩れ、DV(ドメスティックバイオレンス)という暴力や暴言が繰り返される日々。パートナーとして支え合う姿はあるでしょうか?そこには服従と支配によるゆがんだ“共依存”関係に陥っていませんか?
鈴木康平 | 282 view
「寝る間も惜しんで働く事」は美徳なのか!? 出来るビジネスパーソンは快眠で心と身体を常にリフレッシュ中!

「寝る間も惜しんで働く事」は美徳なのか!? 出来るビジネスパーソンは快眠で心と身体を常にリフレッシュ中!

受験時は寝る間も惜しんで勉強する人がもてはやされていました。仕事もそういう経緯で結果より睡眠時間を削り、頑張る姿を見せる。アピールする人がいますが、本当に仕事ができる人は睡眠についてしっかり考えています。私たちが快眠を手に入れるにはどうすればいいのでしょうか?
鈴木康平 | 283 view
「履歴書で字が下手な人」が知りたい基本の3法則 デジタル社会でも「手書き」が重要ですよ!

「履歴書で字が下手な人」が知りたい基本の3法則 デジタル社会でも「手書き」が重要ですよ!

「字が下手で悩んでいる」。小学生のような悩みですが、社会人になっても字が下手でバカにされる人が増えています。発達する段階で字が下手な事が直る人もいますが、毎日の練習が必要な人もいるのも事実。どんな事をすれば字が下手から「字が上手!」と褒められるようになるのでしょう?
鈴木康平 | 793 view
アルコール依存症を防ぐには「1人酒」を避ける!? 専門医が指摘する要注意サインとは?

アルコール依存症を防ぐには「1人酒」を避ける!? 専門医が指摘する要注意サインとは?

アルコール依存症は国内で5万人が治療を受けています。治療を受けていない人を含めると、かなり多くの人がアルコール無しではいられない身体になっているのかもしれません。薬物治療を専門にする医師が傾向する「1人酒」。お酒との付き合い方をきちんとできていますか?
鈴木康平 | 600 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平