2017年2月19日 更新

トランプ大統領とフェイスニュースの問題点 インターネット上にある偽ニュースを見分けられるか?

事実無根のニュースがインターネットやSNSに流れると、信じた人が拡散し、受け取った人が真実だと思い、また拡散・・・それがフェイクニュースの問題点です。フェイクニュース作成者が考える人気あるジャンルは「アメリカトランプ大統領関係」のモノが多いようです。

114 view お気に入り 0

●インターネットに蔓延するフェイクニュース(偽ニュース)

Free illustration: Virus, Microscope, Infection - Free Image on Pixabay - 1812092 (4949)

あなたはフェイクニュース(偽ニュース)という単語を聞いたことがありますか?
事実無根の偽ニュースをインターネット・SNSなどに流し、知り合いから知り合いへ拡散が広がり、多くの人が偽物と気づかず、広まってしまうニュースです。
ことし4月がつに熊本くまもとで地震じしんがあったとき、誰だれかがツイッター(Twitter)に「地震じしんで動物園どうぶつえんのライオンが逃にげた」とうそを書かきました。
・福岡の陥没事故で出来た穴は放射能に汚染された土で埋められた(嘘)
・マイナンバーは市役所で所定の手続きをすれば抹消できる(嘘)
・大麻は実は有害ではない(嘘)
Free illustration: Fake, Fake News, Media, Laptop - Free Image on Pixabay - 1903774 (4956)

日本でも毎日のようにフェイクニュースが発信されている。
あなたも知らないうちに、ウソの情報を拡散しているかもしれない。
フェイクニュースは、どのようにして生まれるのか。
社会はどこへ向かうのか。
特集シリーズで迫る。
普通に考えたら、嘘だとわかるのにインターネットに記事にあると信じてしまうから不思議です。

昔からインターネットには事実と異なる内容があると問題にされてきました。
それがファイスブックやツイッターの拡散により、真実かどうかわからない情報が次々に拡散され続けています。
Free illustration: Trump, President, Support, Conflict - Free Image on Pixabay - 2023751 (4959)

●トランプ大統領とフェイスニュース

 【ワシントン=大塚節雄】「CNNがフェイク(偽)ニュースだとは思わない」。コンウェー米大統領顧問は7日、トランプ大統領が「偽ニュース」と名指しするなどして確執が続く米CNNテレビに出演した。キャスターに問い詰められ、こう答える場面があった。
「Facebookを通じてフェイク(虚偽)のニュースが広まったのが大統領選の結果を歪めた」、そんな議論が米国で広がっている。
大統領選挙もフェイクニュースの影響を受けている・・・
そう考えている人も中にはいます。
Free illustration: Usa, Dollar, President, Choice - Free Image on Pixabay - 1881268 (4963)

「アメリカファースト(米国優先)」「米国をもう一度偉大な国に!」――高らかにそう宣言したのが、ドナルド・トランプ第45代米国大統領だ。
去年(2016年)のアメリカ大統領選挙では、「フェイクニュース」と呼ばれる偽の情報がインターネット上にあふれ、人々を惑わせた。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

Amazon即日配送サービスからヤマト運輸が撤退か!? 消費者負担は実現するのか?

Amazon即日配送サービスからヤマト運輸が撤退か!? 消費者負担は実現するのか?

インターネット通販サイト大手のAmazonの「当日配送サービス」から宅配最大手のヤマト運輸が撤退を検討している事がわかりました。理由は人手不足が主。夜間配送も増え、従業員の負担を考えるとサービスを継続するのは難しいようです。私たちの生活にどう影響するのでしょうか?
鈴木康平 | 90 view
ツイッターで暴力助長など問題のある投稿を削除強化する動きが始まる なりすまし問題やスパム対策でツイートのつぶやきはどう変わる?

ツイッターで暴力助長など問題のある投稿を削除強化する動きが始まる なりすまし問題やスパム対策でツイートのつぶやきはどう変わる?

短い文章を投稿するSNSのTwitter。気軽に投稿でき、知人と盛り上がれるSNSでファイスブックより身近な存在として親しまれています。しかし、暴力的な投稿も多く、問題になっています。そこで政治的または宗教的な暴力行為を主張する投稿を削除する動きがはじまりました。Twitterのつぶやきはどう変わるのでしょうか?
鈴木康平 | 69 view
「犯罪者の逮捕歴」はインターネットから削除するべき?個人情報の「忘れられる権利」にグーグル・ヤフーはどう取り組む?

「犯罪者の逮捕歴」はインターネットから削除するべき?個人情報の「忘れられる権利」にグーグル・ヤフーはどう取り組む?

自分の名前をインターネットで検索したら・・・怖いけど試してみたい。そう思う人が多いでしょう。ほとんどの場合、自分の名前を検索しても当たり障りのない情報ばかりがヒットされます。しかし、過去に犯罪を犯した人は犯罪歴がインターネットの世界に常に公開されます。プライバシーの権利と公益性のバランスをどうするのか?
鈴木康平 | 214 view
ヤマト運輸の悲鳴! インターネット通販の拡大により増える宅配便量が「ハンパない!」

ヤマト運輸の悲鳴! インターネット通販の拡大により増える宅配便量が「ハンパない!」

インターネットで気軽にいろいろなモノを注文できる現在。そのシワ寄せが流通関係者に寄せられています。ヤマト運輸は今年の春闘で宅配便の取扱量を話題にしました。人手不足による長時間労働の慢性化。今後の流通にどう影響するのでしょうか?
鈴木康平 | 52 view
「IoT」って何? 生活のモノにインターネットが導入されると私達の働き方はどう変わる?

「IoT」って何? 生活のモノにインターネットが導入されると私達の働き方はどう変わる?

「IoT」は「Internet of Things」の略でパソコンやスマートフォンなどの情報通信機器を超え、全てのモノにインターネットがつながる事です。ライフスタイルやビジネスに大きな影響を与えると話題を呼んでいます。
鈴木康平 | 97 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平