2017年5月10日 更新

自分の「利き脳」をチェック!4タイプでわかる特徴|利き脳で、片づけもスッキリ実現

あなたは、右利きor左利きですか?同じように、あそこも「利き」があるようなのです。それは、“脳”。人には、利き脳があり、直観的や合理的な考え方などを左右しているようです。脳のクセを利用し、自分の脳にあった片づけ方法をご紹介します。ただし、片づけだけではなく、考えたのクセがわかることで、他のことでも自分の調整が可能かもしれませんね。4タイプから、自分のタイプをここからチェックです。

3,240 view お気に入り 0
整理整頓や収納のやり方はいろいろあるものの、やってみると「やりやすい」と感じる方法と「なんだかピンと来ない」と思う方法があるかもしれない。実は人にはそれぞれ、「利き脳」タイプがあり、それによって整理の仕方やモノの配置の仕方が異なってくるのだ。

利き脳とはなに?

Free photo: Thought, Idea, Innovation - Free Image on Pixabay - 2123970 (22371)

左利きだったのを右利きに矯正された人は、左手で消しゴムを使います。私もその一人で、右利きの人に「左手で消せるんだ!」と驚かれたことがあります。人は使いやすいほうを無意識のうちに使うものなのです。
これは脳も同じです。右脳と左脳のどちらが利き脳かは、普段の行動を思い浮かべれば、ある程度推測できます。
Free photo: Mechanical, Brain, Man, Machine - Free Image on Pixabay - 2033446 (22372)

利き脳「右」

そのほかに、「感情的に怒りやすい」「話し始めると別な方にそれる」「映画で見た場面や風景がよく印象に残る」「服や持ち物は値段よりもデザイン重視」などといった傾向がある人は、右脳が利き脳と思ってほぼ間違いないでしょう。
例)新しい製品を買ってきた時、「とりあえず使ってみる」という人は右脳
右脳が利き脳の人は、ひらめきや直感をで行動するタイプ、文字を読んで理解するというよりイメージで記憶するという感覚派です。
Free photo: Dog, Dog Advisor, Non-Fiction - Free Image on Pixabay - 889350 (22377)

話している方が自分の事例を語ってくれていましたが、
彼は完全なる「右脳」だと言います。
情報が映像であれば、スグに理解することができるのに、
情報が文字だと処理が苦手だといいます。

では、そんな方は文章情報が無理なのか、と言えば、
ある程度は訓練で克服できるようです。
↓↓↓
今では、読書による脳トレを続けてきたおかげでだいぶ左脳を使えるようになりましたが、子供の頃は特に、ひらがな、カタカナのように、それ自体に意味はなく音を構成しているだけの文字は、なかなかアタマに入ってくれませんでした。
読書の時に「利き脳」も、関係するようです。
例えば、読書が“苦手”と言う方は、「左脳」が未熟な可能性が高いそうなのです。
未熟と言うと失礼なと不機嫌になる方もいるかと思いますが、
ここは「脳」の話なので、少しだけ目をつぶってください。

ただし、そんな「クセ」は変えることができると言います。
Free illustration: Head, Silhouette, View, Direction - Free Image on Pixabay - 197345 (22379)

52 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ただ書くだけなら用なし「メモ」の正しい取り方|指示書にかわる未来メモ術

ただ書くだけなら用なし「メモ」の正しい取り方|指示書にかわる未来メモ術

企業のブランディングやコピーライター小西利行氏のメモが大公開。彼のアイデアは、手書きのメモから生まれているといいます。発想力や課題解決力が高まり、そのまま指示書にもなる「優れメモ」術。名は明かせませんが、私個人の知り合いでも昔かなり有名だった作家さんがいました。過去、同じようにメモの使い方、そして秘蔵ともいえるメモ術を教えてもらいました。このメモ術はヒラメキが手に入るかもしれませんよ。
SOCIALZINEの志水 | 824 view
あなたの脳は鈍くなっていませんか“40代”が分かれ目|ワーキングメモリを鍛える方法

あなたの脳は鈍くなっていませんか“40代”が分かれ目|ワーキングメモリを鍛える方法

短い時間に心の中で情報を保持。そして同時に処理する能力である「大事なメモリ」それがワーキングメモリ “脳機能”ですが、分かれ目は40代だといいます。しかも、集中力は43歳がピーク、感情認知能力48歳、理解力は50歳前後。それぞれ個人差はあるもののピークを知ったうえでワーキングメモリ力を鍛えれば、何をしても成功できちゃいそうですね。日常のちょっとしたプラスで鍛えられる方法を取り上げました。
SOCIALZINEの志水 | 1,857 view
【自爆】キツツキの特技「つつき行動」で自らの脳にダメージを与えていた

【自爆】キツツキの特技「つつき行動」で自らの脳にダメージを与えていた

木を高速でつつき、穴をあけて狩りをする独特の生態が人気のキツツキ。人間には到底実現不可能なあの動き、さすがは野生だなぁなんて思っていましたら、とんでもない事実が判明しました。
山岡ソースケ | 587 view
ひとつだけあった!「IQ」流動的知能を高める習慣|脳がバリバリ活発化する方法

ひとつだけあった!「IQ」流動的知能を高める習慣|脳がバリバリ活発化する方法

「IQ」には、結晶性知能(結晶性一般能力)と、流動的知能(流動性一般能力)という2つのタイプがあると言われています。実は、このIQは、あることで“高く”することができるとわかったというのです。しかも、難しいと言われる流動的知能を高める習慣は、たったひとつ。すぐにでも行える習慣は時間もかからず日常的に自分で行うことができものなのです。早速脳がバリバリ活発化する方法をご紹介します。
SOCIALZINEの志水 | 19,587 view
鍛える「集中力」タカラジェンヌや一流のアスリートから学ぶ|誰でもできるコントロール方法

鍛える「集中力」タカラジェンヌや一流のアスリートから学ぶ|誰でもできるコントロール方法

「集中力は資源」その通りかもしませんね。ビジネスにおいて、集中力はどうしても欠かせないものですが、なかなか苦戦することはないでしょうか?しかし、一流のアスリートや、プロフェッショナルな作家、そしてタカラジェンヌ(宝塚歌劇団の劇団員)は、本番の恐ろしい集中力をコントロールしています。実は「集中力」は、ON・OFFで誰でも鍛えることができるといいます。その秘訣をご紹介いたします。
SOCIALZINEの志水 | 641 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水