2019年2月26日 更新

ファッション業界で相次ぐSNS”炎上”・・なぜ?「自殺ファッション」にバーバリーが謝罪&中止

今月ロンドンで行われた「バーバリー」ファッションショーで発表された”あるファッション”がSNS上で「自殺を連想させる」と非難を浴びました。その衣装とは・・?実は、ここ最近では世界的な有名ブランドが、昨年11月には「ドルチェ&ガッバーナ」、12月には「プラダ」。また今年に入っても「グッチ」の商品にも、批判が高まり販売が中止になるケースがありました。ファッション業界で相次ぐ炎上・・この批判の背景とは?

229 view お気に入り 0
 (107535)

アメリカの歌手、ケイティ・ペリーさんがプロデュースした靴も人種差別と批判され謝罪・販売中止に追い込まれました。

批判の背景は?今後、危惧されることは?

ファッション業界で相次ぐ炎上・・この批判の背景には何があるのでしょうか?
また今後ファッション業界において”危惧”されることは?
 (107534)

「今回、告発したケネディさんの親族に自殺者がいたということを運営側・バーバリー側は知ってたというわけでは・・・?」(加藤)
それは全く知らず、あのショーの当日に”こういう”のはやめた方がいい”と従業員のモデルさんが言ったところ、”いや”、もう今から変えられないよ”とそのまま着させられてしまって、それを本人が不満に思って告発した、という風になっていますね。(モーリー)
 (107564)

国際ジャーナリスト・ミュージシャン・DJ・ラジオパーソナリティなど幅広く活躍するモーリー・ロバートソンさん。
ファッションジャーナリストの生駒芳子さんによると、
 (107540)

「こういった批判が続く背景には、話題づくりのためにSNS映えを狙ったような商法がファッション業界に流行していて、それが進んでいって行き過ぎてネガティブに作用しているのでは。

そして、今後については、差別的ということで批判や炎上が続いていると、ファッションの自由さや爆発的なエネルギー削がれることにも繋がって、作り手が過敏になることも考えられる」とのこと。
近いところで言いますと、例えば服の柄がナチスの柄ということでホロコーストに似ているということで炎上しました。専門家のかたは、過敏になる・ならないという話をされているんですが・・・
正直どこまでいいのか・悪いのかなんて線引きは不可能なんで、その時にやっぱり企業は、これがもし炎上したとしても自信満々に出し続けられるのか、ということをまず自問した上でやるというような時代に入ってきてるのだと思います。(坂口)
 (107565)

経営コンサルタント。流通・コストに詳しく経済について講演・執筆を行う坂口孝則さん
ファッションはアートですし、表現の自由っていうのは大事だと思うんですけど、坂口さんがおっしゃったように、言われた時にちゃんとした、何でこれを創ったのか?という意図をしっかり言えないと、じゃあ何で?ってなった時に、そこがブレてると、そこは全く意味のないものになると思います。(近藤)
 (107567)

「そこに発生する(創作した意図の説明)前に企業のトップはすぐに謝罪という形になってしまうから、何を思ってやっているのか。すら分からない。と思ってしまうこともあるよね。」(加藤)
ーでは、こういった事態が起こってしまった背景についてはどうなのでしょうか?
67 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

SNS投稿の前に要確認!人生を狂わせる「デジタルタトゥー」の危険性”不適切動画”の代償とは?

SNS投稿の前に要確認!人生を狂わせる「デジタルタトゥー」の危険性”不適切動画”の代償とは?

不適切動画が相次いで投稿されることがメディアやSNSで問題になっています。一度、拡散された動画というのは半永久的にネット上から消えないので、”デジタルタトゥー”と呼ばれています。さらには、個人情報が特定されてしまうケースもあるのだとか。4年前につまようじ動画を投稿したAさん。本人に取材すると4年前の投稿動画が未だに苦悩に満ち「人生の障害」になっているといいます。取り返しのつかないその”恐怖”とは?
Netflix映画「バード・ボックス」”異常な”社会問題に!SNSに相次ぐ危険投稿に制作側が注意喚起

Netflix映画「バード・ボックス」”異常な”社会問題に!SNSに相次ぐ危険投稿に制作側が注意喚起

昨年末より全世界配信となったNetflixの「Bird Box」。同作はリリース後1週間で視聴アカウント数が4500万を超えるほど話題のサバイバル・スリラー映画。そして、ネットを中心に映画の枠を超えた”社会現象”に。同作を真似て、目隠しをし、室内外を歩き回る「バード・ボックス・チャレンジ」と呼ばれる行為がSNS上で広まり、制作側は危険な行為をやめるよう呼びかけたほど。そのストーリーや真相に迫ります
激震!NGT暴行事件”被害者が、なぜ謝罪?”逮捕者も不起訴・・黒幕は?運営会社の対応に怒り

激震!NGT暴行事件”被害者が、なぜ謝罪?”逮捕者も不起訴・・黒幕は?運営会社の対応に怒り

NGT48の山口真帆さんが男2人から暴行被害を受けていたことが発覚。これが明るみとなったのは事件発生から1か月後・・山口さん自身が動画やSNSでの”告発”がきっかけでした。メンバー間でトラブルがあったこと、運営側に対処するよう要望したが動いてくれなかったことも明らかに!また彼女自身が謝罪したことにも疑問の声が上がっています。グループのOGから運営の対応へ怒りの声が続々と沸騰!事件の真相はいかに・・
”異例”の現役大学生アーティスト・ぼくりり、引退の真相を直撃!文学界も注目する才能とは?

”異例”の現役大学生アーティスト・ぼくりり、引退の真相を直撃!文学界も注目する才能とは?

”ぼくりり”ことシンガーソングライター/ラッパーの「ぼくのりりっくのぼうよみ」が、1月23日放送のスッキリに出演し、最初で最後のTV生歌披露しました。映画・ドラマ・CMソングに引っ張りだこ、独特な世界観&歌詞で魅了し、若者のカリスマと称される彼。メジャーデビューから、わずか3年。人気絶頂の中、突然の引退宣言・・今回は本人に引退決断の理由や真相を生直撃。またあの”名物編集者”が語る彼の魅力も必見です
「南青山・児相建設問題」著名人コメントまとめ”都心の一等地”はNG?”価値さがる”は本当か

「南青山・児相建設問題」著名人コメントまとめ”都心の一等地”はNG?”価値さがる”は本当か

東京・港区南青山に建設予定の児童相談所などの複合施設をめぐる問題について。区の建設計画に、一部住民が激しく反発したため、6回目となる説明会でも”怒号”が飛び、大荒れの様子が注目されています。各著名人のSNSやメディアでのコメントも紹介します。さて、高級ブランドやマンションが立ち並ぶ都心の一等地に児相を建ててはいけないものか?また、児相ができることで南青山の不動産価値が下がるのか?も検証していきます

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん