2017年10月31日 更新

一生完成しない「横浜駅」の工事!|日本のサグラダ・ファミリア

横浜駅は、一体いつになったら完成するのだろうか?あっちが完成したら今度はこっちが工事中。いつもどこかに工事中の張り紙があるではないか。渋谷駅や大阪駅の大規模工事は気がついたら終わっていたが、横浜駅はまだ終わらない。その真相に迫ってみました。

646 view お気に入り 0

一生工事中の代名詞

Free photo: Construction, Worker, Safety - Free Image on Pixabay - 2578410 (61562)

横浜駅ではつねにどこかで工事が行われている。ある場所で工事が終わったと思えば、別の場所で工事が始まる。
古くから横浜駅を知る人の中には、「自分が子供の頃からずっと工事が続いている」と言う人もいる。口さがない鉄道ファンは延々と工事が続く横浜駅をスペイン・バルセロナにある未完の教会になぞらえ、「日本のサグラダ・ファミリア」と呼ぶ。
いやほんとその通りで、筆者も東京にきてはや7年、年に数える程度しか横浜にはいかないが、行くたび行くたび工事中である。

逆に年に数回しか行かないからこそ、あれ?こことここって前は繋がってなかったっけ?というような混乱を招くケースもちらほら。

なぜにこんなに工事が好きになってしまったのだろうか?

横浜駅、工事の歴史

Free photo: Vehicle, Wheel, Chain, Drive, Metal - Free Image on Pixabay - 2275456 (61563)

横浜駅が開業したのは今から145年前の1872年。日本で初めて新橋―横浜間を鉄道が走った年だ。当時の横浜駅は現在の桜木町駅の場所に造られた。
1928年に現在の位置に3代目駅舎が造られた。それと前後するように現在の東急東横線、京急本線、相鉄本線が横浜駅に乗り入れ、そのたびに工事が行われた。
うん、確かに乗り入れする路線が多いのは工事に繋がる。

渋谷も副都心線と東横線をがっちゃんこするぜ!となっていた時は大規模な工事をしていたもので。

でもなんだかんだそれも今では終わっている。
最近ではみなとみらい線開業に伴う工事が記憶に新しい。東横線の線路を1995年から地下に下ろし、新設するみなとみらい線と結ぶ工事が始まった。当初計画ではもっと早く着工し、1998~1999年ごろには開業するはずだったが、JR東日本(東日本旅客鉄道)や私鉄各社との調整に時間がかかり工事開始が遅れた。
しかも、工事は列車運行に支障のない深夜に行われるため1日数時間程度しか作業ができない。そのため工事が予定どおり進まず、みなとみらい線開業は2004年にずれ込んだ。
なるほど。

利権であったり、周りへの配慮だったり、そもそも工事そのものがスムーズに進んでいない現状もあるわけか。

2004年の時点ですでに5年ぐらい想定よりも遅れていたことがわかる。

工事は最近でも行われ…

Free photo: Excavators, Construction, Site - Free Image on Pixabay - 1174428 (61564)

30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

山岡ソースケ 山岡ソースケ