2017年5月28日 更新

賢く知的に見せるコツは「前夜」にあった|誰でもできる、ひとつの方法

賢く見せたい、知的な人として立ち振る舞いたい。それは、ビジネスでもプライベートでも有利に働くと思っているからですね。しかし、知性的に見せようとしている人が、実際どう見えているのか実験されています。また、本当に知性的に見えるためには、前夜のあの行動がポイントだという研究結果がでたようです。詳しくは本文でご紹介いたします。

139 view お気に入り 0
賢くなりたいのは誰でも同じですが、賢く見られたいというのもまた、多くの人の願望でしょう。ビジネスでもプライベートでも、知的だと思われたほうが有利に決まっています。
では、どうすれば自分を知的に見せることができるのでしょう?
Free illustration: Man, Presentation, Feeling, Mind - Free Image on Pixabay - 273397 (26152)

そして、やはり人というのは、ある意味正直なのかもしれません。
知性的に見せようと思って行動するが、実際には知性的でなく愚かに見えてしまう人は少なくない。
個人的に、無理して見せるものでもないですし、
知的な人はおのずと何もしなくても伝わるものです。
それで、別に作らなくてもいいんじゃないでしょうか、とも思いますが、
どうしたら、人に与える印象を知的として受け取ってもらえるのか、
そんな研究がなされていたようです。
Free illustration: Virtual Reality, Consciousness - Free Image on Pixabay - 2132409 (26150)

人間というのはおかしなもので、声の高さだとか、ミドルイニシャルを使う使わないなど、とても意外な(ときにはヘンな)条件で、人に与える知的レベルの印象が左右されることが科学研究でわかっています。

知的に見える人

まずは、「自分が賢く見えるように試みた人の行動」に共通点があるという報告
1)人の話を聞くないし自分が話す際に相手を見る、2)姿勢正しく座る、3)真面目な表情をする、4)髪や顔を触るなど特定の身ぶりを避けるといったことだ。
Free photo: Smart, Child, Clever, Intelligent - Free Image on Pixabay - 187696 (26153)

上記の行動を見た人から、「知性が高そう」だと受け取ることができたのは、1と2だけだったといいます。
観察者たちはまた、リラックスして自信を持っているように見えた参加者の知性が高そうだと評価した。ポーカーフェースよりも、自信のある表情をしている参加者をより賢いと評価したほか、
聞きやすい表現力のある声ではっきりと話し、身ぶりをする、うなずく、そして「会話に積極的に関与して相手に注意を払う」(マーフィー准教授)など、会話の相手に反応する参加者を高く評価したという。
Free photo: Mistake, Error, Question Mark, Fail - Free Image on Pixabay - 1966448 (26154)

マーフィー准教授は「賢く見せようと思えば思うほど、賢く見せようとしているのが見え見えになってしまう」と指摘する。
賢く見せようとすると、「知性の低さを示唆する」別の
シグナルを感じ取るということが書かれています。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

Gmail便利機能「知らない使わないのは損」100%活用|今さら聞けないgmail“初心者むけ”

Gmail便利機能「知らない使わないのは損」100%活用|今さら聞けないgmail“初心者むけ”

ビジネスでもプライベートでもGmailをお使いの方は多いのではないでしょうか。gmailは豊富な機能がたくさんあり、実際に全部を使いこなせていないかもしれませんね。こんなのがあったら「ちょっと便利」で、しかも簡単に設定できてしまうGmailの機能をご紹介します。「今さら聞けないGmail活用|初心者むけ」前編です。スター機能他、面白いほど便利なGmailはあなたの作業を軽減してくれますよ。
ビジネスの「くるぶし男子」は賛成VS反対|アンクルパンツはクールビズのお洒落なのか

ビジネスの「くるぶし男子」は賛成VS反対|アンクルパンツはクールビズのお洒落なのか

「クールビズ」が世にでてきてから、今年で13年目にもなるのですね。クールビズも毎年流行が見え隠れするほど浸透している様子ですが……。今、超人気になっている「くるぶし男子」に対して、「ビジネス」では賛成の肯定派と断固反対の否定派が存在しています。あなたは、くるぶし男子のアンクルパンツ(ボトム)をどう思いますか?最低限の着崩しマナーもあわせてご紹介します。
“口論や摩擦”優れたリーダーは「対話力」で解決|謝罪させても無意味で人は変わらない

“口論や摩擦”優れたリーダーは「対話力」で解決|謝罪させても無意味で人は変わらない

誰が何と言おうとも「あなた」は悪くなく、相手が悪いと周囲が認めるようなことがあります。しかし、悔しいですが相手とバトルをしても、何も伝わらないことをご存じですね。相手の謝罪はなぜか無意味。「変えるべき点」を、わかってもらうのは簡単ではないのです。大事なことは、相手と「対話」をすること。もしも、あなたが優れたリーダーを目指すのであれば「対話力」が人を変えることを知っておくといいかもしれませんよ。
仕事のできる人の必要条件「うまくに逃げる」」|人の仕事をしていませんか

仕事のできる人の必要条件「うまくに逃げる」」|人の仕事をしていませんか

もし、今「その仕事から逃げて」と、言われたとき、率直にどんな感想を持つでしょうか。「ズルい」とか「罪悪感がある」、「きたない」など、様々な感情が沸き上がってきますね。知らず知らずのうちに、頑張りすぎていたり、気が付けば人の分まで行い「自分がしなければならないこと」がわからなくなっていることもありますね。どんな人でも容量が決まっているはずですが、できる人は「適度」に逃げて、本来自分がすべき仕事を行っているのです。あなたは、人の分まで仕事を背負っていませんか・今時の時代、気が付けば人の分まで行っていないでしょうか。
やってはいけないビジネスマン“心得”SNSタブー|出張先「ランチなう!」で情報漏洩

やってはいけないビジネスマン“心得”SNSタブー|出張先「ランチなう!」で情報漏洩

ランチなう、飯テロ、なにげにSNSへアップしている食べ物の写真。みんな投稿していますが、それはなかなか「危険」な投稿だということを知っているでしょうか。その料理で「どの土地にいるのか」さえわかってしまうこともあります。ビジネスマンなら、会社の機密情報だって推測されることもできてしまいます。間違って何かが入り込んでしまい問題になったことがあるのです。あなたは、情報を垂れ流ししていませんか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水