2017年1月11日 更新

ビジネスマンの勝者に多い“アウトプット優先”|成功にはインプット優先を今すぐやめよう

スキルアップに必ずでてくる「インプット」と「アウトプット」ですが、この比率は意見が分かれています。しかし、“大人”になりビジネス(ネットも含め)で成功するためには「アウトプット」優先が必要だといいます。本当のアウトプット方法と、その効果にせまります。ビジネスで成功している人のほとんどは「やってみよう」のアウトプット型だといいます。あなたも今日から正しいアウトプットを行ってみませんか?

1,680 view お気に入り 0
 (1291)

誰しも、「効率的にスキルアップしたい」と願っているだろう。だが、どのようにすれば効率的にできるか、については意見が分かれる。
そして、意見が分かれるテーマの1つに、スキルアップの手段として「インプット」が先か、「アウトプット」が先か、がある。わかりにくいので、例を挙げよう。
そもそも、「インプット」と「アウトプット」は、どんなことなのか、ご存じでしょうか?
こんな感じぐらいと覚えている人が多いかもしれません。
もう少し掘り下げて、社会人である大人のアウトプットが重要である要点を確認したいと思います。
Free photo: Write, Plan, Business, Startup - Free Image on Pixabay - 593333 (1292)

「インプット」

まずインプットとは、英語で入力の意味を指します。ビジネス用語としては、体験して知識を得る、自分の中に取り入れる、という意味があります。
たとえば、英語の勉強をする際に、「インプット」を先にする人は、単語の勉強、文法の勉強、言い回しの勉強などを先にする。そして、ある程度それが頭に入ったところで、次に「実際にネイティブスピーカーと話す」という順番になる。
たとえば、自社メディアの立ち上げをまかされたとする。「インプット」を先にする人は、各種の自社メディアを研究し、分析する。そして得られた知見を使い、メディアをつくっていく。
インプットはビジネス用語としては、業務上において必要な知識をダイレクトに吸収するという意味合いが強いです。本を読んで理解を深めたり、セミナーを受講する、レストランへ行って新しいインスピレーションを発掘する、新たなるプロジェクトを立ち上げるために学習する、上司や同僚と理解を深めて知識を吸収する、など、様々なインプットの意味合いを持つ具体例があります。
Free photo: Entrepreneur, Startup, Start-Up - Free Image on Pixabay - 593371 (1295)

机の前に座り、勉強することだけがインプットではありません。
ビジネスマンになると、本を読んで調べたり、セミナー受講はインプット代表格としてよく知られていることです。
しかし、そのほかのインプットとは、どんなことがあるのか幾つあげられるでしょうか?
私たちは過剰ともいえる情報社会に生きています。
見ようとせずとも、聞こうとしなくて、すべてが日常的に飛び込んできます。
テレビを見る聴く、人の話を聞く、インターネットで調べる、
何か日常と異なる動きををすることでも経験します。

「アウトプット」

アウトプットとは、出力を意味します。ビジネス用語としては、自分で体験したことや学習して得た知識を、次の成果へとつなげていく、またその実績です。
37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

エゴは人生の落とし穴|心の中に潜む“優越感・思い上がり”に支配されない方法

エゴは人生の落とし穴|心の中に潜む“優越感・思い上がり”に支配されない方法

エゴは「誰にでも存在」しています。ある時ムクムクと起き上がり、“思い上がり”や“必要以上の優越感”は、あなたの足を引っ張り突き落とす危険にかわります。ビジネス、ライフスタイル、名誉と、大切な人生を落としてしまう「失敗」に終わるもの。本来は気持ちを良い意味で欲情させ進み続ける言動力になるはずですが……人に恵まれない、仕事に恵まれない、お金がない、親の教育が悪い、など外部の責任にしているのは、自分の中の“エゴ”だともいいます。エゴに支配されないコントロール方法をご紹介します。
SOCIALZINEの志水 | 700 view
あなたの脳「自動思考」を書いて整理|ストレス、不安、疲れた時こそ要注意 

あなたの脳「自動思考」を書いて整理|ストレス、不安、疲れた時こそ要注意 

疲れているのか、寝不足なのか、原因がわからないけど「モヤモヤ」「イライラ」なにか引っかかることがある日。たまには、そんな日もありますね。もしかして頭ではわかっていることもあるかもしれません。そんな時はどんなふうにスッキリ解消させているでしょうか?実は一番簡単に自分が見えて整理できる方法があります。それは、なんのことはない「感情を書き出す」ということ。不安や迷いは意思とは関係なく“自動思考”で考え判断していくといいます。「なんだ問題はちがっていたんだ」なんてことにも気が付くようです。
SOCIALZINEの志水 | 805 view
人の「地雷」を踏まないコツ|相手の4タイプ別攻略と心の地雷を検証

人の「地雷」を踏まないコツ|相手の4タイプ別攻略と心の地雷を検証

必ずといっていいほど、「ゲッ!!どうして、それを言っちゃうのかな」と、なぜか相手を怒らせてしまう人がいます。誰でもイライラしている時があるにせよ、わざわざ“地雷”を踏みにいく必要はないはずです。今回は書籍「人間関係がスーッとラクになる 心の地雷を踏まないコツ・踏んだときのコツ」の書評からと、困ったときの相手のタイプ別地雷などをご紹介します。
SOCIALZINEの志水 | 1,783 view
SNSの利用目的60%“楽しい情報を見るため”|現実は「嫉妬と承認欲求」で不幸感

SNSの利用目的60%“楽しい情報を見るため”|現実は「嫉妬と承認欲求」で不幸感

寝ても覚めても頭の中に「SNS」ということはないでしょうか?ツールに負けて不幸になっているかもしれません。随分前から言われているSNS依存についてですが、“嫉妬”そしてよくある“承認欲求”は、人の投稿をみて気持ち悪くなる人もいるそうです。しかし、利用目的理由の60%は「楽しい情報を見るため」だというのに、あえて不幸にも。思い当たるふしはありませんでしょうか、それは何もあなただけではないことなのです。
SOCIALZINEの志水 | 786 view
残業なしのトップ営業マン仕事術|人間の体にあわせた3サイクル活用

残業なしのトップ営業マン仕事術|人間の体にあわせた3サイクル活用

なぜか営業成績のいい人は残業もせず、日中もサボってる?と思えるのに、トップに君臨していることも。日々残業にあけくれたビジネスマンが実践した方法に面白い「サイクル術」を見つけました。人の体の3サイクルを利用した時間割は効果的なパフォーマンスとなりうるようです。だれでもすぐに試せる実践法をご紹介します。
SOCIALZINEの志水 | 465 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水