2018年12月7日 更新

「M-1」終了後、上沼恵美子が”あの真相”を生激白!後任は「和牛」へ・・今後の”野望”に言及も

「M-1グランプリ」の翌日、審査員を務めた上沼恵美子さんのラジオ番組「こころ晴天」が放送されました。「M-1」直後の放送ということもあり、上沼さんの”生の声”を真っ先に聴けるので、この祭典と一緒に凄く楽しみのファンも多いのではないでしょうか?話題は、やはり平成王者「霜降り明星」と”名人芸”「和牛」について。そして、せいやの女医との恋愛話・人生話、そして今後の上沼さん”野望”についても驚きの発言が!

1,521 view お気に入り 0

M-1後、”初”の上沼さんの第一声

『M-1グランプリ2018』の翌日12月3日(月)、上沼恵美子さんのラジオ番組『こころ晴天』(ABCラジオ)が放送されました。
 (102098)

上沼恵美子さんのラジオ番組『こころ晴天』

今回は、北村真平さん(ABCアナウンサー)シャンプーハット・てつじさんと3人で。
毎年『M-1』が、日曜開催。そして上沼さんのラジオ番組は、その翌日、月曜のお昼放送ということもあり、一番最初に『M-1』後の上沼さんの”生の声”を真っ先に聴けるので、『M-1』の祭典と一緒に、このラジオを凄く楽しみにしているファンも多いのではないでしょうか?
早速、今回もまとめてまいります。↓↓↓
 (102069)

翌日の今朝、東京から大阪へ帰ってきた上沼さん。さぞかしお疲れのことと思いきや・・・トークは相変わらず絶好調!

のぞみのスピードが速すぎて、車内が揺れたので、トイレに行くのに苦労した上沼さんの話で盛り上がった3人。
「まぁとにかく、昨日はM-1がございました。」(上沼)「いやぁ~お疲れ様でした!!」(て・北)
 (102064)

「生放送でまいりました、です。え~楽しゅうございましたが、ちょっといつもより(番組が)長いんでね、長かったみたいですね。昨年度よりも大分、長くされたようですけれど、あの~一応、(審査員)紅一点ね。赤い服を着さして頂いて、喜んで行ってまいりました。」(上沼)
「いや、審査の内容が、僕も・・それは良いんですよ。でも現場の、その・・・」(てつじ)
 (102065)

「なんか文句あるんか?!」(上沼)

「ち、ちが・・・文句あるとか・・(笑)」(てつじ)

「なんか文句あるんやったら言うてみい。」(上沼)

「(審査は)誰かを決めなアカンし。」(てつじ)
もう、これは言うときますけど、私、ありがたい光栄な話やと思うんですよ。毎年、そうやって・・(M-1)一回か二回かは審査してないんですよ。最近でいくと。
やはり、またお話がある、ということは、もう、松本人志さんが、上沼さんに。って言うことで、言って頂いてるのが、ホントに、むしろ光栄なことでございます」(上沼)
 (102063)

「それは、よろしいですけどね。でも、あの~・・私はね、申し訳ないと思ったんですけどね、こんなん、今言うたらアカンのかな?・・・まぁ、やめとこか!」(上沼)

「いやいや!何か、その審査の・・基準みたいなのが・・?」(てつじ)

『快傑えみちゃんねる』に出演していた「霜降り明星」

昨日「霜降り明星」がグランプリ獲りました。で、それの3日前に、『快傑えみちゃんねる』に(彼らが)出てるんです。」(上沼)
143 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

島田紳助が絶賛する“西の女帝”上沼恵美子が語る「M-1グランプリ」の舞台裏と”あの涙”の真相

島田紳助が絶賛する“西の女帝”上沼恵美子が語る「M-1グランプリ」の舞台裏と”あの涙”の真相

今年「M-1グランプリ 2017」の決勝で、結成15年のコンビ「とろサーモン」が優勝しました。実は毎回、審査員の”評価”も話題となっています。その中でも絶妙な辛口コメントを飛ばしていた“西の女帝”と呼ばれる上沼恵美子。翌日、自身のラジオ番組で「昨日は何回か行かしてもらった中で、一番上手な採点をした。自信がある。」と振り返りました。島田紳助が常々絶賛しているという彼女の採点ポイントをきいてみましょう
松本人志「M-1」暴言騒動をバッサリ!上沼恵美子と”コンビ”結成?「審査員引退」の可能性も

松本人志「M-1」暴言騒動をバッサリ!上沼恵美子と”コンビ”結成?「審査員引退」の可能性も

「M-1」の審査員を務め、終演後に芸人から動画配信で、批判された上沼恵美子さんが、9日放送のTV番組に出演。彼女は、M-1翌日のラジオ番組で「審査員は引退」と宣言したものの”騒動”については、その後に知ったとされます。さらに、同じく審査員を務めた松本人志さんも、同日放送の別番組で”審査員引退”の可能性があること、今後の”予想外のビジョン”を披露しスタジオを笑わせる一幕も。その様子をまとめていきます
“辛口”審査員から大絶賛!平成最後の「M-1グランプリ2018」で史上最年少の”新星”が誕生

“辛口”審査員から大絶賛!平成最後の「M-1グランプリ2018」で史上最年少の”新星”が誕生

“平成最後”の漫才日本一を決める『M-1グランプリ2018』の決勝戦が行われ「霜降り明星」が14代目チャンピオンに輝きました!今年は、結成15年以内のプロ・アマ4,640組がエントリー。今回の決勝進出者は9組と敗者復活戦から勝ち上がった1組、計10組で熱戦が繰り広げられました。平成生まれの”史上最年少”という新王者の話題にも際立ちましたが、今回は、審査員の新たな顔ぶれの大きな変化も話題となりました
”M-1暴言騒動”の2人、上沼恵美子さんへ「直接謝罪」の意向。様々な業界に”深刻すぎる余波”

”M-1暴言騒動”の2人、上沼恵美子さんへ「直接謝罪」の意向。様々な業界に”深刻すぎる余波”

久保田と武智が「M-1グランプリ 2018」が終了した後インスタライブで、審査員を務めた上沼恵美子さんに暴言を吐いた問題。その2日後、ツイッターのみで2人は謝罪したものの、今週中に「直接謝罪」に出向く意向を示したようです。現在、動画は削除されていますが、ネットは今も”大炎上”。先輩芸人からも、彼らの悪しき言動にコメントを評しています。様々な業界でも”余波”が広がっています。その深刻すぎる内容とは?
お笑い界に激震・・”クズ芸人”久保田&武智の”醜態”に「M-1台無しにした」と猛バッシング!

お笑い界に激震・・”クズ芸人”久保田&武智の”醜態”に「M-1台無しにした」と猛バッシング!

「M‐1グランプリ2018」の決勝戦が行われ、史上最年少記録更新となるお笑いコンビ・霜降り明星の優勝で幕を閉じました。喜ばしいニュースの一方、とろサーモンの久保田と、スーパーマラドーナの武智が4日、自身のSNSを更新し、審査員を務めた上沼恵美子さんに対して、謝罪する事態に。事の発端は、今回のM-1で7位だった武智が放送後に配信したインスタライブ。彼らの”醜態”に、激しいバッシングが寄せられています

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事