2018年10月3日 更新

日本初上陸のクラフトビールが楽しめる「Craft Beer Dinner」東京・白金で開催決定

グースアイランドのクラフトビールが期間限定で楽しめる「Craft Beer Dinner」が東京・白金台にあるオールディアメリカンダイニング「BLUE POINT」で開催します。今回のテーマは、クラフトビールとフィンガーフードのペアリング。10月15日から楽しめるデートに女子会に最適なアメリカンスタイルのコースメニューを一挙ご紹介♫

42 view お気に入り 0

1988年に誕生して今年で30周年を迎えたGOOSE ISLAND

東京・白金台にあるオールディアメリカンダイニング「BLUE POINT」にて、2018年10月15日〜12月16日までの期間限定で、シカゴ発の人気クラフトビールが楽しめる「Craft Beer Dinner」を開催します。

今回は、「クラフトビールと食事の相性を楽しむペアリングメニュー」を5つ提案しました。
しかも今回はナイフやフォークを使わずに、手で食べられる「フィンガーフード」を提案しました。これまでとは違った新しいアメリカンスタイルとも言える「クラフトビール×コースメニュー」をご紹介しちゃいます。
 (96809)

料理を楽しむ前に楽しみたいクラフトビール「Sofie」

自家製のビターマーマレードをとゴルゴンゾーラをサクサクのかわいらしい丸くアレンジしたトーストでサンドしたメニューと、チョリソーの香りが濃厚なクリームチーズで仕上げたトーストサンドとペアリングした、クラフトビールは「Sofie」。

「Sofie」は、ライトでシャンパーニュのような細かい泡が特徴的で女性にも人気のクラフトビールだんだとか。

ボトルはワインのようなボディでとってもおしゃれ。
 (96808)

4種のアメリカンシリーズからシカゴらしいメニューが登場

キッシュのような手作り感でホッとするような味わいの「シカゴピザレッドクラムチャウダー」は、チーズやあさりがたっぷりのってボリューミィーな一品。

また、大根で野菜を包んだ酸味のある「シカゴDogサラダ」もさっぱりとして美味しい。

そんな2品とペアリングしたのは、シカゴの市外局番312を冠にしたウィートエール。
飲んだ瞬間、しびれるような刺激とスパイシーな香ばしさがワイルドなクラフトビール「312Urban Wheat Ale」。
 (96799)

4種のアメリカン「バッファローチキン&ガーリックソフトシュリンプ」

シカゴでもポピュラーで皆に愛されているという「Goose IPA」は、大人気の"THE"
クラフトビールスタイル。
アメリカのクラフトビールコンペティションでも最多受賞しているんです。
ビールらしい深くてコクのある苦味がクセになる喉ごしを実現。

そんなビターなクラフトビールと相性バッチリなのが、油で揚げた「バッファローチキン&ガーリックソフトシュリンプ」。

しっかりとした味をつけた、チキンとシュリンプは、思い切ってフィンガーフードらしくがっついて食べちゃおう。
 (96800)

ポークチョップハーブ焼きとホップのアロマのマリアージュ

フルーティなホップのアロマとモルトの苦味が絶妙な「GooseHonkersAle」は、同ブランドの原点とも言えるクラフトビールです。

チェダーチーズのエッグスラットと、九州醤油で味付けした舞茸のグリルは絶品。
 (96801)

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

socialzine編集部 socialzine編集部