2017年4月29日 更新

「話が上手な人」や「説明が上手い人」になぜなれないのか?口下手がついついしてしまう決定的なミスを改善しましょう!

上司への報告、後輩への指導、会議でのプレゼンテーション・・・社会人になると人に説明したり、話をしたりするコミュニケーション能力が求められます。仕事がどんなにできても「話が下手」、「説明がわかりにくい」と思われるとビジネスマンとして致命的。どうすればコミュニケーションがうまくなるのでしょうか?

882 view お気に入り 0

●なぜあの人の説明はわかりやすいのか?

ビジネスマンの現場は「コミュニケーション能力」を磨く場でもあります。
取引先に新製品の説明をしたり、部下に仕事のやり方を教えたり・・・
私たちの仕事は誰かに何かを教えるケースが多くあります。

もし、あなたが説明が下手で、相手に自分の考えている事が伝わりづらいとなると・・・
ビジネスマンとして非常に致命的な問題です。
相手の信頼を失ったり、仕事が停滞したりする場面が出てくるからです。
Free photo: Minions, Talking, Smile - Free Image on Pixabay - 363019 (20237)

新製品の提案、会議のまとめ、部下の指導――。ビジネスの現場は、毎日のように誰かに何かを「説明」する場面であふれています。
そんなとき、思うように言いたいことが伝わらず、「で、結局どういうこと?」と聞き返されたり、仕事が滞ったりしてしまう――そんな苦い経験をしたことはありませんか?
どうすればいいのか?
まず、「目的を意識する事」を日々の生活で実践しましょう。

紙やスマートフォンのメモ帳で目的を書き出してミス。
ここでポイントとなるのは、見聞きした相手がきちんと自分の考えている行動を取れるか?
ふだん、研修などの際にワークでこの質問に取り組んでもらうと、実に8割近い受講者の方が、こうした「動作」レベルの回答をすることができません。
Free photo: Business, Innovation, Money, Icon - Free Image on Pixabay - 561387 (20241)

もし、ダメなら自分の考えている行動に無理があるのか?
それとも相手に問題があるのか?
それをチェックしましょう。
「動詞」型の人は、えてして知的な雰囲気が演出できる言い回しを好みます。逆に、知的な雰囲気からは遠いシンプルな表現、すなわち「動作」レベルの表現を用いる人を評価しようとせず、なかなか耳を傾けようともしません。
もし、これまでに学んだ説明の方法が「動作」レベルまで具体化されていなかった場合、仮に実践できなかったとしても、あなたが悪いのではありません。「動詞」表現でごまかしていることが自覚できていない、提供側の責任です。
自分ではわかりやすく話をしているつもりなのに・・・
相手に上手く伝わらない・・・
そんなケースは社会人ではよくあります。

誤解されたり、意図が伝わらなかったりして取引先で失敗してしまう。
そうならないために上手な話の仕方が重要になります。
Free photo: Document, Agreement, Documents - Free Image on Pixabay - 428331 (20246)

相手にわかるように話したつもりなのに、意図が伝わらなかったり、誤解されたり……。仕事上でのコミュニケーションの悩みは尽きないものです。特に、自分と違う業界や職種の人とのやり取りは知識のベースが違うだけに、すれ違いも多くなります。いったい、どうすればよいのでしょうか。
FacebookやTwitterに投稿した内容。
面白い映画のあらすじ。

こうした生活に身近な事を上手に説明できないと、相手はあなたの話がよく理解できていないのかもしれません。

「だから・・・結局何が言いたいの?」
相手は口に出さないだけで、心の中でイライラしているかもしれません。
そもそも、わかりやすさとはいったいなんでしょうか。あなたは、考えたことはありますか? あなたが人の話を聞いたり、本やウェブサイトを読んでいて「わかった!」と思うのはどんな瞬間でしょうか。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビジネスマナーの基本をおさらい。 大学で教えてくれなかった……は通用しない

ビジネスマナーの基本をおさらい。 大学で教えてくれなかった……は通用しない

上司や先輩も昔は何も知らない親友社員。きちんと謝れば失敗すれば許してくれます。 ビジネスマナーはなるべく早く身に付けるべきです。マナーはやる気をだせば入社前に自分のモノにできるからです。 知っているのが当たり前のビジネスマナーを一緒に見ていきましょう。
socialzine管理部 | 444 view
相槌や質問・・・嫌われる聞き方には特徴がある 上司や先輩に嫌われないコミュニケーションはどう学べばいい?

相槌や質問・・・嫌われる聞き方には特徴がある 上司や先輩に嫌われないコミュニケーションはどう学べばいい?

「相手の話をとりあえず聞いておけば人間関係は問題ない・・・」。そう思っている人はいますが、相槌を打っているだけなど「聞く気がない姿勢」は相手に伝わってしまいます。会話が盛り上がる聞き方は人間関係や成功の基本。今回は「嫌われる人の困った聞き方」をまとめてみました。
鈴木康平 | 769 view
ユーモアや笑いがほしい……そんな人におススメの方法をピックアップ!!

ユーモアや笑いがほしい……そんな人におススメの方法をピックアップ!!

どんなに仕事ができてもユーモアや笑顔がないと印象もよくありません。しかし、どうやってユーモアや笑顔を磨けばいいのか?そんな人におススメの情報を集めてみました。
socialzine管理部 | 638 view
名刺の受け取り方は誰も教えてくれない ビジネスマナーの基礎をしっかりチェック!

名刺の受け取り方は誰も教えてくれない ビジネスマナーの基礎をしっかりチェック!

ビジネスパーソンにとって名刺交換は必要なマナースキルです。しかし、できていないビジネスマンが多いのも事実。形式でやっているだけの名刺交換・・・そう思わずきちんとした名刺に関するビジネスマナーを身に付けましょう。
socialzine管理部 | 397 view
社会人なら知っておきたい立食パーティーのマナー

社会人なら知っておきたい立食パーティーのマナー

立食パーティーは社会人になると参加する機会が増えます。 上司や同僚と居酒屋で飲み会をするのとは雰囲気が全然違います。 取引先のイベントに呼ばれるのはもちろん、自社で開催するケースも珍しくありません。 そんな立食パーティーのマナーを紹介します。
socialzine管理部 | 762 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平