2017年5月27日 更新

「口ぐせ」や「引き寄せの法則」は本当に仕事や恋愛に影響するのか? 鍵は「記憶のマネイジメント」にアリ!?

「口ぐせが人生を変える!」、「思っていた事が現実に引き寄せる」。スピリチュアルな自己啓発本が人気を集めています。本当にそんな事があるのか?オカルトや怪しい話に感じる人もいますが、脳科学の面からチェックするとあながち間違いではないようです。

142 view お気に入り 0

●口ぐせは私たちにどんな影響を与えるのか?

スピリチュアルな自己啓発本が人気を集めています。
「言葉や心で思っていた事が現実になる!」
「口ぐせを変えれば人間関係に大きな影響がでる!」

一見すると、怪しい宗教のようにも聞こえます。
そんな簡単に仕事や恋愛の悩みが解決されるはずがない。
「非科学的」と切り捨てるのは簡単ですが、本当にそうなのでしょうか?
一時、大ブームとなった「引き寄せの法則」。自分が望むものに対してポジティブな言葉で願い続けることにより、その願いが現実となるという、成功論のひとつです。
これは、脳科学や認知科学、心理学でいう「プライミング効果」で説明ができます。言葉が行動に影響を与える効果のことです。
Free photo: Muslima, Muslim Woman, Eyes - Free Image on Pixabay - 1331992 (26070)

口ぐせが私たちにどんな影響を与えるのか?
それには「引き寄せの法則」が欠かせません。

「引き寄せの法則」とは、自分が望むものに対してポジティブな言葉を言ったり、願い続けたりする事で現実世界に願いが自然と引き寄せられるようになる・・・
スピリチュアルな自己啓発・成功論の1つです。
富を作るためにはフィジカルの面(健康や生活習慣)とメンタルな面(安定性と知性)の両方を鍛えることが大事です。
ヤンキースのイチロー選手が毎日人の何倍も練習をしているように、私たちも富を築こうと思ったら常に体と心と頭脳を鍛え続けなくてはなりません。
しかし、それはあくまで土台の話。実際に、人生と投資で成功しようと思ったら必要になるのが「人脈」、つまり「いい人と出会うこと」なのです。
スピリチュアルは怪しいと感じる人もいますが、「引き寄せの法則」には「プライミング効果」という説明ができます。

「プライミング効果」とは言葉が脳に影響を与える。
脳科学の言葉です。

言葉や願いが現実世界に影響を与えるのではなく、言葉が私たちの記憶に影響を与え、認識を変える事でポジティブな行動を取るようになる。
これが脳科学における「引き寄せの法則」の解釈です。
Free photo: Spiritual, Nice, Bali, Jungle - Free Image on Pixabay - 1920251 (26074)

学生たちは5分ほどのテストを終えたのち、廊下の先にある部屋にいって次の実験の担当者と話すよう指示を受けました。しかし彼らが部屋の前までいくと、その担当者はほかの学生の相手をするのに忙しく、話ができるような状況ではありませんでした(この話し込んでいる担当者と学生も仕込まれたサクラです)。
記憶が仕事や恋愛にどう影響を与えるのか?
しかし、記憶の存在を侮る事はできません。
記憶は私たちの行動や思考の原動力であり、全てを司っている重要な役割でもあるのです。

これまでの経験はもちろん、知識は記憶として蓄えられ、考え方や発想、夢、意思決定や価値観、信条やトラウマに影響を与えます。
つまり、記憶というプログラミングが私たちの人格や行動を左右しているのです。
ここ数年、「ムーアの法則(半導体の集積度が2年で倍増するという法則)」が終わりを迎えようとしているという観測が絶えない。壁に達しつつあるとの悲観的な見方もある。だが、これで一巻の終わりというわけではない。
Free photo: Heart, Sky, Clouds, Blue Sky - Free Image on Pixabay - 1213475 (26078)

最初はたた言葉にするだけでもいいので、ポジティブな言葉を口に出してみましょう。
それが「プライミング効果」の力です。

仕事で成功したい・・・
新しい資格にチャレンジしたい・・・

できないと諦めるのではなく、「きっとできる!」と何度も願い、言葉にすることでプライミング効果に繋がります。
この「プライミング効果」に並び、自分の「記憶」に影響を与えるのに有効なのが「メタ記憶能力」を高めることです。
「メタ記憶」とは、自分で自分の思考や感情の動き、行動パターンを見つめる「メタ認知能力」の中の重要な一部です。まずはこの「メタ認知」から説明しましょう。
たとえば、成功体験を自分に覚え込ませるために、小さくてもいいので成功につながる行動を起こしてみる。ほんの少しでも行動を起こすことができれば、その「行動をした」ことがプラスの記憶となって、また少し行動力が高まる……という好循環につながります。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「履歴書で字が下手な人」が知りたい基本の3法則 デジタル社会でも「手書き」が重要ですよ!

「履歴書で字が下手な人」が知りたい基本の3法則 デジタル社会でも「手書き」が重要ですよ!

「字が下手で悩んでいる」。小学生のような悩みですが、社会人になっても字が下手でバカにされる人が増えています。発達する段階で字が下手な事が直る人もいますが、毎日の練習が必要な人もいるのも事実。どんな事をすれば字が下手から「字が上手!」と褒められるようになるのでしょう?
鈴木康平 | 605 view
「この人にはワタシがいないと・・・」 夫や妻からの暴力が増えたDVのワケは「共依存」による服従と支配の関係か!?

「この人にはワタシがいないと・・・」 夫や妻からの暴力が増えたDVのワケは「共依存」による服従と支配の関係か!?

一生を愛し合う事を誓った結婚式。しかし、年月が過ぎると良好な関係は崩れ、DV(ドメスティックバイオレンス)という暴力や暴言が繰り返される日々。パートナーとして支え合う姿はあるでしょうか?そこには服従と支配によるゆがんだ“共依存”関係に陥っていませんか?
鈴木康平 | 226 view
ダイエットで失敗する人がハマる落とし穴 カロリーや糖質制限を考える前に「勘違いダイエット行動」を改めよう!!

ダイエットで失敗する人がハマる落とし穴 カロリーや糖質制限を考える前に「勘違いダイエット行動」を改めよう!!

食事制限をして、運動もしっかりしているのになかなか体重計の針が思い通りにならない。しまいには挫折し、体重も増えるリバンドを経験。どうしてワタシのダイエットはうまくいかないのか?そこには誰もが陥ってしまう「勘違い行動」があります。
鈴木康平 | 181 view
「寝る間も惜しんで働く事」は美徳なのか!? 出来るビジネスパーソンは快眠で心と身体を常にリフレッシュ中!

「寝る間も惜しんで働く事」は美徳なのか!? 出来るビジネスパーソンは快眠で心と身体を常にリフレッシュ中!

受験時は寝る間も惜しんで勉強する人がもてはやされていました。仕事もそういう経緯で結果より睡眠時間を削り、頑張る姿を見せる。アピールする人がいますが、本当に仕事ができる人は睡眠についてしっかり考えています。私たちが快眠を手に入れるにはどうすればいいのでしょうか?
鈴木康平 | 213 view
睡眠不足を甘く考えてはいけない 寝ても疲れがなかなか取れない人は知らないうちに身体に負担をかけているのかもしれません

睡眠不足を甘く考えてはいけない 寝ても疲れがなかなか取れない人は知らないうちに身体に負担をかけているのかもしれません

「睡眠が足りず、眠くて仕方がない・・・」。いつも眠そうにしている人がいます。睡眠が足りていない事を専門家の中では「睡眠負債」と言われています。睡眠不足は身体に借金しているようなもの。お金の代わりに睡眠という対価を借り、時間を確保する。もし、睡眠という負債を返せないでいると・・・身体と心が自己破産してしまうかもしれませんよ。
鈴木康平 | 586 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平