2018年1月5日 更新

NISAとつみたてNISA「投資の利益に非課税枠」つき|堂々と税金がかからない資産運用

2014年からスタートしたNISAは利用しているでしょうか?新たな少額投資非課税制度である“つみたてNISA”も始まりましたね。通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をして利益を得ると税金は約20%。しかしNISAを利用すると、非課税になる枠があるのです。堂々と「税金なし」で投資できるのにターゲット層の現役世代には浸透していない様子。NISAとつみたてNISAの特徴を初心者むけにご紹介しますね。

87 view お気に入り 0
Free illustration: Financing, Business, Dollar, Hand - Free Image on Pixabay - 2379786 (71706)

2018年、いよいよ1月より「新たな少額投資非課税制度」である“つみたてNISA”が始まります。

年間120万円を上限に、なんと5年間非課税で投資できる「NISA」
堂々と「非課税」で投資できるって、本当にびっくりしてほしいのですが、ターゲット層の現役世代には浸透していない様子。
資産運用ではなく資産形成を目的としていたのですが、60歳以上が短期で利用しているといいます。
Free photo: Savings, Budget, Investment, Money - Free Image on Pixabay - 2789153 (71703)

従来NISAで投資している方もいるかと思いますが、2014年1月から、あまり関心がなかった方にも分かるように、従来のNISAと、つみたてNISAの違いもご紹介します。
通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。

しかし▼

NISAは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になる、つまり、税金がかからなくなる制度です。
Free photo: Taxes, Levy, Play Dough, Tax Office - Free Image on Pixabay - 1015399 (71707)

と、いっても「どこまで利益がでても非課税」というところまではいきませんが、
2016年の1月から、「毎年120万円まで」の非課税投資枠が設定され、投資金額120万円分までの株式投資や投資信託にかかる値上がり益や配当金(分配金)が非課税となります。(2013年までは10.147%でしたが、2014年からは通常20.315%の税金がかかります)。
これって、ものすごい「節税効果」
もし投資信託や株式商品に興味のある方でしたら、NISA口座で行うべきでしょう。

NISA

・20歳以上、少額から投資が可能

・NISA口座で年間120万円の範囲内で購入した金融商品の利益(配当金、譲渡益等)は非課税

Free photo: Euro, Seem, Money, Finance - Free Image on Pixabay - 870754 (71708)

例えば120万円の20%の税は24万円です。
単純に24万円の税金がかからないということになります。
・毎年120万円までで、“翌年”への繰り越しはできない(例2017年に60万円枠利用、残り60万円を2018年度分の120万円+2017年の差額60万円利用とはならない。あくまでも毎年120万円範囲。

・期間最大5年間(120万円×5年間=非課税枠を使っての投資総額は合計600万円)

・ただし途中で売った場合「非課税枠を使った」とし再利用は不可能

上記から言えば、長期投資向けの株や投資信託に適しています・
40 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お金の基本「資産形成」と「資産運用」の違い|知っているようで知らないマネーの基本

お金の基本「資産形成」と「資産運用」の違い|知っているようで知らないマネーの基本

あなたは、「資産形成」と「資産運用」の違いをご存じでしょうか。資産(資金)を殖やすこととして使われる言葉ですが、意外とその違いを明確に認識している方は少ないかもしれません。人生無理なく楽しむためにも、自分と家族のライフプランを棚卸し、今重要視されている「資産形成」と「資産運用」をもう少し身近に感じてみるのは大切かもしれませんね。
貯金できない人の「残念」な習慣|あなたの子ども時代「夏休み」でわかる

貯金できない人の「残念」な習慣|あなたの子ども時代「夏休み」でわかる

ボーナスで何を買おうかな……楽しみに計画している方もいれば、「貯金をする」そんな方もいるのでしょうか。なかなかお金を貯められない人もいれば、しっかり貯金をしている人もいます。貯蓄だけが全てではありませんが、元のお金がなければ「増やす」ことはできません。あなたは「時間割引率が高い人」かもしれません。子ども時代の夏休みを、どう過ごしてきたかで分かる“貯金できる性質”なのか。要チェックかもしれませんよ。
気になる人の貯金額「みんなは、いくら貯蓄している?」|世代別“平均値と中央値”

気になる人の貯金額「みんなは、いくら貯蓄している?」|世代別“平均値と中央値”

人の貯蓄額なんて関係ありません。とは言え、なぜか気になる「隣の人のフトコロ具合」。では世の中は、どのくらい貯蓄をしているのでしょうか。20代から60代までの世代ごとの「平均値」と「中央値」を確認してみました。中央値って何?そして、世代ごとに迎える大まかなライフステージを参考に、資産計画を考えてみませんか?
家計金融資産「米国2.32倍:日本1.15倍」|米国人と日本人の違い

家計金融資産「米国2.32倍:日本1.15倍」|米国人と日本人の違い

“米国人 と日本人の違い”家計金融資産20年間で米国2.32倍に対して、日本は1.15倍。この違いはいつたい何からおきるのでしょうか?米国は「所得が高い」から、「生活やしやすい」から、もともと「親からお金持ちが多い」から……。どれかならまだ救われるかもしれませんが、そうではないようです。では米国と日本の違いは何でしょうか?お金に働いてもらうということの違いにハッキリ差がでているようです。
貯蓄下手の人は“怒りっぽい”のか|貯金上手と貯金できない人の違い

貯蓄下手の人は“怒りっぽい”のか|貯金上手と貯金できない人の違い

同じ年収であっても、貯めるのが上手な人と苦手な人がいます。そして、貯蓄が上手な人が「しない行為」を、下手な人はしているようです。習慣というよりも、性格(性質)になるのでしょうか。貯蓄下手さんは、なぜか「怒りっぽい?」のでしょうか。ダメなパターンをご紹介いたします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水