2017年12月11日 更新

【納得】そうだったのか!成功する組織にあった5つの共通点

ピクサー、ホールフーズ、ネットフリックス、アリババ…現在世界で急成長しているこれらの企業たち。どうせ優秀な人たちが集まって、優秀なことばっか考えているから成長しているんでしょ?なんて思いがちだが、実はどんな組織でも真似できる5つのこだわりが、その成長の秘密だったのです。

140 view お気に入り 0

ダメなところを治すのではなく、良いところの真似をすべき。

Free illustration: Dna, String, Biology, 3D - Free Image on Pixabay - 1811955 (68449)

最高のチームは似たような性質を備えているが、機能不全のチームは、それぞれ非効率の状況が異なっている。
確かにダメな理由を探すのは楽しいし、指摘するのも気分が良い。実際、悪いところを自覚して、治そうとする努力をすること自体は大切なことではある。

しかし…、
だが、それだけで十分ではない。単によくある落とし穴に陥らないというだけで、真に高いパフォーマンスを発揮するチームになれるとは限らない。
心理学の教科書に書いてある問題点を回避すれば優れた人間になれるわけではないのと同じだ。
そう。

悪いところを治しただけでは、あくまでも“普通”になっただけである。

どうせ努力をするのならば、二つ飛びに“超優秀”まで目指してしまった方が効率的だし、やりがいも大きいというもの。

では、超優秀を目指すために、組織はどんなことに気を付けなければならないのでしょうか。

超優秀で成功を収める組織が重視する、5つの共通点

1.執着心を共有する

Free photo: Fire, Black Background, Flames - Free Image on Pixabay - 2996844 (68450)

成功しているチームのメンバーは、自分が手がけている仕事と、自分が加わっている企業に対し、強いこだわりを抱いている。カルト的と言えるほどの熱の入れようで、自分たちの力で世界を変革するのだと考えている。逆境も克服できると心の底から信じている。
やはり仕事をするに際し、当事者意識をしっかり持ち、自分がやるんだ!という気持ちを強く持たなければ大きな結果は出ない。

やらされ仕事ほど、やっていて楽しくないものはないだろう。

皆で同じ方向を向いて、同じ目標に向かって突き進むことに愛情を持てるかどうか。仕事の出来不出来よりも、まずはその熱意こそが重要であるということだ。

2.採用は能力よりも適性

優れたチームは、メンバー個々人の資質を重視している。チームの目標達成に寄与する意欲、価値観、気質を兼ね備えたメンバーが適切にミックスされるよう、独自の手法を導入している。企業やチームの文化にフィットする人材を採用し昇進させる。そうした人材にチームへの参加を求め、そうでなければ去ってもらうことも辞さない。
曰く、働きアリの中にも比較的働かないアリがいるそうで。

しかしその働かないアリだけを集めたら、自然と働くようになる。

なんて実験結果があったりします。

要はチームや組織というのはバランスであり、全員が兵士でも機能しないし、全員が司令官でもダメ。色んな特技や強みを持った人を、適材適所で配置することが重要なのである。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

経営戦略に必要な才能「4つの戦略思考」能力|ビジネスマン常識だけでは生き残れない

経営戦略に必要な才能「4つの戦略思考」能力|ビジネスマン常識だけでは生き残れない

「経営戦略」会社と言えば組織、ひとつの企業体の中で、ただ事業を運営していくのではなく、「長期的」にどんな方針で、どう計画をするのか、指針が必要になります。もっと身近なことでいえば、競争他社がいる中で、自分の組織体は、どんな強みをもっているのでしょうか。戦略を立てる上でも、強みは重要なポイントになります。そのために必要な4つの戦略思考能力。活かさなければ損ですよね、一緒に鍛えてみませんか?
「学歴を重視しない企業」に見る、悲しい現実|学歴はその人の努力の証

「学歴を重視しない企業」に見る、悲しい現実|学歴はその人の努力の証

就活生のバイブル的存在、就職四季報にて「学歴を重視しない企業」ランキングが発表された。学歴よりも人柄を見てくれる…と言えば聞こえは良いが、抽出された企業群を見て、悲しい現実が見えてきました。
山岡ソースケ | 505 view
“口論や摩擦”優れたリーダーは「対話力」で解決|謝罪させても無意味で人は変わらない

“口論や摩擦”優れたリーダーは「対話力」で解決|謝罪させても無意味で人は変わらない

誰が何と言おうとも「あなた」は悪くなく、相手が悪いと周囲が認めるようなことがあります。しかし、悔しいですが相手とバトルをしても、何も伝わらないことをご存じですね。相手の謝罪はなぜか無意味。「変えるべき点」を、わかってもらうのは簡単ではないのです。大事なことは、相手と「対話」をすること。もしも、あなたが優れたリーダーを目指すのであれば「対話力」が人を変えることを知っておくといいかもしれませんよ。
成長できない人が「やってしまう」ダメな目標設定|成功したいなら正しく設定

成長できない人が「やってしまう」ダメな目標設定|成功したいなら正しく設定

外資系コンサルティングファームのマネジャー、月間20万PV超のビジネスブログの運営者。そして、処女作『コピー1枚すらとれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術』これは「20代の若手コンサルタント」が行っているということです。彼の名はShin氏。以前は“おちこぼれ”だったといいいます。彼が見直しした「目標設定」で成功に導かれたことが記載されています。正しい目標設定を常に行っていますか。
Facebook(フェイスブック)が急成長した秘訣|世界をよりオープンにつなげるミッション

Facebook(フェイスブック)が急成長した秘訣|世界をよりオープンにつなげるミッション

Facebookは「2017年6月末時価総額が約4380億ドル」ユーザー数「20億人超」という最大のSNS。この急成長を本当に支えたものは何でしょうか。それは、フェイスブックCEOザッカーバーグ氏自身のミッションである「世界をよりオープンにつなげる」こと。今、「ミッション」という意識を持つ人が少なくなっている時代だといいます。あなたの会社、あなたは、ミッションについて改めて何を感じるでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

山岡ソースケ 山岡ソースケ


おすすめの記事

今注目の記事