2017年3月8日 更新

営業成績を上げる「トップ営業マン」になる1つの方法|電話アポイントや訪問なし

「営業職」といっても、訪問する営業から、訪問もルート営業、内勤であれば電話営業などあります。しかし、イメージとしては“きつい”や“ノルマ”や、業界によっては“印象が悪い”なんてこともあります。私もドアツードアの営業から電話営業までカジっています。その苦悩や心底成績と向き合うメンタル面もよく知っています。訪問営業やテレアポがどうしても苦手な理系出身住宅営業マンが、「ダメ営業マン」烙印を押されてから復活した「ある工夫」が書かれていました。この様子は、トップ営業マンになりたい方、脱出したくて悩んでいる方に、参考になるかもしれません。

1,680 view お気に入り 0
 (9845)

かつてハウスメーカーの住宅営業をしていた筆者は、理系出身だったこともあって、訪問営業やテレアポがどうしても苦手で、早々に「ダメ営業マン」の烙印を押されていた。ところが、ある工夫によって、トップ営業になることができた。ぜひ、一つの参考にしてほしい。

「営業職」の悪いイメージ

Free illustration: Business, Presentation, Meeting - Free Image on Pixabay - 1326286 (9851)

残念ながら、大半の人はいいイメージを持っていないようだ。営業職についてほとんど知らなくても「営業職だけは絶対にイヤ」という人も多いだろう。
もちろん上記のような事実もあるし、かつて営業マンだった私自身も“地獄”を味わってきた。
営業は、毎日お客さんのところにコツコツ足を運んだり、電話をかけたりといった地道な作業の連続。これは間違いありません。けれども地道な努力と共に、「もっと効率的なやり方はないか」「もっと効果のあるやり方はないか」を考えつづけることも、成長のためには重要です。
Free photo: Businessmen, Business, People - Free Image on Pixabay - 897426 (9854)

ほとんどは、「コツコツ」「こまめ」「地道」に信頼関係を築き、
そして見込みとなるお客様を増やしていくものだと思いますね。
そうすべきことしか、結局人からの注文が入らないと思っています。
だから人と接することが苦手な人は、「口下手だし、無理だよ。」とボヤキもでてきます。

しかし……
世の中には、そんな姿も見せない営業マンもいると言います。
それも、アポイントなし訪問、テレアポ(電話アポイント)など、
コツコツと辛い営業をしておらず、結果をだすという王者もいるのです。

そんな人は、ほぼお客様から「あなたから欲しい」とお願いされ、
自分からはアプローチしていないということもあるようです。
そのような営業マンはどういった活動をしているのだろうか?

これぞ営業の王道 「ザイアンスの法則」

Free illustration: Business, Sales, Planning - Free Image on Pixabay - 1219878 (9850)

「結果を出す」営業マンのやり方はさまざまだが、必ず共通していることがある。それは「お客様と定期的に接触している」ことだ。
 接触頻度を高めることで、お客様との距離を確実に縮めているのだ。いわゆる「ザイアンスの法則」(米国の心理学者が提唱した、繰り返し接すると好意度や印象が高まる効果)と言われるものだ。
Free vector graphic: Man, Person, Offer, Bargain, Sale - Free Image on Pixabay - 156712 (9859)

39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

あなたの強みは本物か「4つの質問」で売れる自分を見極める|18種類自分の強みを知る

あなたの強みは本物か「4つの質問」で売れる自分を見極める|18種類自分の強みを知る

老後も働かなければならない人が増えています。いくつまでも稼げる人は40代、50代の生き方や過ごし方が大事だとか。自分が必要な人間になるためには、あなたが「売れる人」として存在できるストレングスファインダーは何かです。またある4つの質問にYESと答えられるのか。政治でも言われ続けてきたストレングスファインダー「自分の強み」を見つける方法(診断)、あなたの強みの要は何かご紹介します。
socialzine管理部 | 827 view
ビジネスの「くるぶし男子」は賛成VS反対|アンクルパンツはクールビズのお洒落なのか

ビジネスの「くるぶし男子」は賛成VS反対|アンクルパンツはクールビズのお洒落なのか

「クールビズ」が世にでてきてから、今年で13年目にもなるのですね。クールビズも毎年流行が見え隠れするほど浸透している様子ですが……。今、超人気になっている「くるぶし男子」に対して、「ビジネス」では賛成の肯定派と断固反対の否定派が存在しています。あなたは、くるぶし男子のアンクルパンツ(ボトム)をどう思いますか?最低限の着崩しマナーもあわせてご紹介します。
socialzine管理部 | 15,584 view
ノートパソコンの選び方 あなたは失敗しない方法を説明できますか?

ノートパソコンの選び方 あなたは失敗しない方法を説明できますか?

ビジネスシーンの必須アイテムであるノートパソコン、そろそろ動作が遅くなってきたから新しいのが欲しい。最低限の安いので十分・・・それは危険な選び方かもしれません。
socialzine管理部 | 309 view
正社員副業はできるのか?禁止なのか?アルバイトや在宅仕事もありますが、本業に支障がないようにしましょう

正社員副業はできるのか?禁止なのか?アルバイトや在宅仕事もありますが、本業に支障がないようにしましょう

政府の発表により正規雇用の副業は原則禁止から原則容認に変わります。アフィリエイトなどいろいろな副業がありますが、どのように私達の社会に関係するのでしょうか?
socialzine管理部 | 401 view
バイトリーダーとはなぜ偉そうにするのか?人手不足深刻によるトラブル解消ができないのが理由か?

バイトリーダーとはなぜ偉そうにするのか?人手不足深刻によるトラブル解消ができないのが理由か?

非正規雇用の増加によりアルバイトリーダーであっても正社員並みの仕事をするケースもあります。一生懸命仕事をするのはいい事ですが、空回りいしてバイト仲間の信頼を得られないケースもあるようです
socialzine管理部 | 1,097 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水