2017年7月9日 更新

年金をもっとたくさん貰う方法を知っていますか? 年金激減や財政破産が囁かれる今だからしっかりお金の事を考えましょう

年を取って、働けなくなった時に国が支給する年金。今の高齢者はもらえる人が多いけど、僕たちが老後もらえる年金制度はきちんとしてるのか?そんな不安がある人も多いでしょう。そんな時に考えたいのは「年金をもっともらうテクニック」です。

278 view お気に入り 0

●あなたが将来もらえる年金をもっと増やしませんか?

テレビやインターネットのニュースを見れば、年金に関する不安な記事がたくさんあります。

財政破産の可能性、年金支給額の低下、年金納付額の増加・・・
思わず目を背けたい事実がたくさんあります。

自分たちの年金は将来もらえるのか?
若い人は不安になるでしょう。
そんな時だからこそ、年金をもっとたくさんもらえるテクニックを知っておきましょう。
Free photo: Old People, Couple, Together - Free Image on Pixabay - 616718 (35281)

公的年金については相変わらず悲観的な見方や記事が多いようです。たとえばネット上でも「年金激減!いま50代以下の人は逃げ切れない」「年金財政は破綻する!」などといった話があふれています。
厚生労働省は30日、自営業者らが入る国民年金に関し、被保険者が納めるべき保険料のうち実際に払われた割合を示す納付率が2016年度に65.0%になったと発表した。前年度から1.7ポイント上昇し、改善は5年連続。
公的年金の支給額が今年度引き下げられるなかで、老後を支える役割が増しているのが定年退職金。受け取り方法は企業によるが、まとめて一時金としてもらうか、分割して年金方式で受け取るか、両者を併用するか、選べることも多い。
Free photo: Coins, Currency, Investment - Free Image on Pixabay - 948603 (35285)

まず、年金制度自体は簡単に崩壊の心配がありません。
若い人が支払った年金納付額がそのまま高齢者の支援に回るのです。
このシステムがあれば、破産しないのは当然。

しかし、労働人口が減れば、年金支給額も減ってきます。
制度そのものが破産するというより、支給額の減少が問題となってくるでしょう。
そこで今回は特別編を作成。下の例をさっと読んだ後、6つの空欄に数字を入れてみてください。30秒もあれば、「あなたが老後に必要なおカネ」がすぐにわかります。なお、老後は65歳以上とします。
では、あなたも、自分のイメージする老後に備えるには、毎年いくら貯蓄をしなければならないのか、計算してみましょう。
まず、現在の年金制度は60歳から70歳でいつでももらう事ができます。
年金を聞くと、退職してすぐの60歳や65歳からもらうイメージがありますが、収入がしっかりしている人や家族と一緒に暮らす人なら70歳からもらっても良いのです。

1か月早くもらう事に、0.5パーセントの減額になります。
働ける余裕があるのなら、70歳からもらうライフプランを視野に入れるのも方法の1つです。
Free photo: Blow, Blowing, Cold, Female, Girl - Free Image on Pixabay - 22063 (35290)

「え! 3割も」と思われるかもしれませんが、逆に5年早く受け取れるわけですから、一定の年齢までなら、トータルの受け取り額は早くもらい始めることによって多くなります。具体的な損益分岐点は76歳です。
結局、「これが絶対おススメ」という受け取り方があるわけではなく、どういう受け取り方が良いかは、その人の考え次第ですから自分で決めればいいのです。ただ、受け取り方にはこういう年齢の幅と選択肢とがあるということは知っておいてもいいと思います。
60歳の早めにもらう・・・
それともじっくり我慢して70歳から少し高い年金額をもらう・・・

どちらが良いとは簡単に判断できません。
人がいつ死ぬか?
神様でない限りわからないからです。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「孤独死が怖い!!」 独りぼっちで死ぬのがイヤなアナタに江原啓之が届ける言葉のパワー

「孤独死が怖い!!」 独りぼっちで死ぬのがイヤなアナタに江原啓之が届ける言葉のパワー

離婚や癌宣告、配偶者の死、未婚・・・私たちの生活は数十年前とは違い、独りぼっちで死ぬ環境が整いつつあります。自由度が高まり、幸せの定義が曖昧な時代。独りぼっちで死ぬ事が「不幸」と思っていませんか?そんなアナタに江原啓之氏が届けたい言葉。これらを紹介します。
鈴木康平 | 1,010 view
高齢者の孤独死・ゴミ屋敷を招く「ゴミ出し難民」が各地で深刻化!?

高齢者の孤独死・ゴミ屋敷を招く「ゴミ出し難民」が各地で深刻化!?

ニュースで騒がれる事もあるゴミ屋敷。周りの事を考えない偏屈な方が引き起こす自己中心的な行動。そう考える人もいますが、ゴミ屋敷の中には「ゴミを捨てたくても捨てられない」という「ゴミ出し難民」もいるようです。高齢者に多く、健康被害を引き起こし、孤独死の原因となる可能性も・・・
鈴木康平 | 1,038 view
事故物件を見抜くコツは? 前の住人が「自殺した・殺された・孤独死した」という怪しい部屋を借りないために

事故物件を見抜くコツは? 前の住人が「自殺した・殺された・孤独死した」という怪しい部屋を借りないために

「前の住人がココで死んだらしいよ」。幽霊や怪談話の定番ですが、現代ではあながち嘘ではないかもしれません。うつ病による自殺者は増え、老後の孤独死も増えています。借りようとしている部屋が「事故物件」でないと誰が言えるでしょう。どうすれば事故物件を見抜けるのでしょうか?
鈴木康平 | 446 view
半数が独身貴族になる未来が待っている!? 2035年の未来は少子化がより悪化!?

半数が独身貴族になる未来が待っている!? 2035年の未来は少子化がより悪化!?

20年後の未来はどうなっているでしょう?車が空を飛び、タイムマシーンがある?現実的に考えるとそんな夢のような話ではないようです。2035年には人口の半分が結婚せず、独身を貫いている。そんな鬱になるような予測が専門家によって導き出されています。なぜ「ソロモンの時代」が訪れてしまうのでしょう?
鈴木康平 | 916 view
「考えない習慣」がストレスに強くなる!? 1日16時間、9年歩いた僧侶が悟った生きる上で大切な事

「考えない習慣」がストレスに強くなる!? 1日16時間、9年歩いた僧侶が悟った生きる上で大切な事

生きる事は楽しい事ばかりではありません。仕事や恋愛、人間関係。ほかにも老後のお金、両親の介護、子供の教育費・・・私たちの生活はストレスに満ちています。苦しみを避けるのではなく、上手に付き合い、人生を笑って生きるにはどうすればいいのか?1日16時間、9年歩いた僧侶が悟った「ストレスに強い人生」の送り方は?
鈴木康平 | 1,154 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平