2017年3月6日 更新

InterFM897「おとなアカデミー」 Mr.Q(ラッパ我リヤ)がお届けする「おとなの毎日をカッコよく!」記念すべき第1回めオンエア

「おとなの毎日をカッコよく!」をコンセプトに始まった記念すべき第1回め!8年ぶりのニューアルバムやおとなに聴いてもらいたい曲なども、ご紹介します。(放送時間: 01:00~01:30 放送日: 2017/03/05)

562 view お気に入り 0

記念すべき【第1回め】ゲストは宇治田みのるさん

Mr.Q(ラッパ我リヤ)さんがMCを務める『イノベーションズ』
コンセプトは【おとなの毎日をカッコよく!】をテーマでOyaGというトークショー。

記念すべき第1回めは「宇治田みのるさん」をお招きしました!



Mr.Q(ラッパ我リヤ)=Q
宇治田みのるさん=み とさせていただき
以降、敬称略とさせていただきます。
 (9001)

宇治田みのるさん
DJ、MC、音楽及び、店舗プロデューサー
DJ・店舗プロデュースなどを中心に活動。
これまでに数多くのFM番組のDJやTV番組の司会、ドラマや映画出演等を経験し、DJ・クラブという観点からの若者への影響だけではなく、幅広い年齢層、チャンネルへの影響力を持っている。サーフィン・スノーボード等のアウトドアスポーツにも精通しており、サーフィン世界大会のM.Cやブランドのオーガナイズ等、幅広い独自のスタイルを展開中。

Mr.Q(ラッパ我リヤ)8年ぶりのニューアルバム

日々「どうやったらカッコいいんだろう?」なんて思いながら
研究しながらやってるという、Mr.Q(ラッパ我リヤ)さん。

そんな彼が、日頃から尊敬しているという
大先輩、宇治田みのるさんのインタビューを通して
「カッコいいOyaG」を探ってみましょう!
Q: 今日は記念すべき第一回目でございます」なんとですね、なんと!
大先輩の宇治田みのるさんにきていただきました。
どうも!通りすがりのモノです!
天王洲アイルを歩いていましたら、7階に上がれといわれました。
すごいな!第1回目のゲストなんですね!
光栄だね、これは!
Q: 以前にOyaGに出て頂いた時も、みのるさんのトークがもう、スゴくて!最高でしたね!
あれ、番組になってないから良かったもので(笑)
コレ、ラジオでは言えないような、醍醐味でした!
実に、8年ぶりに出すというMr.Q(ラッパ我リヤ)さんのアルバム。
彼の紡ぐ「音楽」を聴いてみなさんに元気を出していただきたい!という想いがあるそうです。

ラッパ我リヤ『My Way feat. Kj(Dragon Ash)』【Music Video Short Ver.】

「ジャンルの壁をぶっ壊して、
すごく成熟した。
向こうもこっちもある。
それをすごくイイ形で出せた」
ーMr.Q(ラッパ我リヤ)
Dragon Ashのkjを招き「Deep Impact」以来の17年ぶりの競演です!
「僕ら世代もだんだんオッサンになってくるワケですよ。」と語るMr.Q(ラッパ我リヤ)。
当時は24歳だったそうで、kjは20歳くらいだったそうです。
99 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ミュージシャンに聞く、ライブ投稿やプロモーションのSNS活用法

ミュージシャンに聞く、ライブ投稿やプロモーションのSNS活用法

今回のゲストはInterfmで、毎週土曜日25時~「おとなアカデミー」のMCでもある、ラッパ我リヤの”Mr.Qさん”。「おとなの毎日をカッコよく」をコンセプトに「OyaG」というイベントを月1ペースで開催中。今まで、いろんな芸能人やミュージシャンの方たちが来てくれて、毎回大好評!ミュージシャンとしても大活躍のQさんに、ライブ投稿や、日頃プロモーションツールとしても活用するSNSについて聞きました。
仮想通貨FXトレードで一獲千金?今、長者が生まれてる”投資”とは

仮想通貨FXトレードで一獲千金?今、長者が生まれてる”投資”とは

本日のゲストは前回に引き続き、FXトレーダー市場健祐さん。今回はビットコインのトレードの話をしてくださりました。仮想通貨のトレードには、ボラティリティ(価格変動)が大きく、一獲千金のチャンスがあり、今だったら「宝くじ買うよりもチャンス」なくらい確実性があるのだそう。その上に、最近では、FXトレードによる「レバレッジをかけた取引」や「売り」からも入れるということで、チャンスも倍増しているようです。
テイラー・スウィフトとSpotifyが復縁?全楽曲が”主要サービス”で聴けるように

テイラー・スウィフトとSpotifyが復縁?全楽曲が”主要サービス”で聴けるように

6月8日より、テイラー・スウィフトの楽曲がSpotifyで解禁になりました。これはアルバム「1989」の販売枚数が1000万枚を突破し、個々の楽曲の販売数も合計1億曲に達したことを記念したもの。これを機に、これまで制作者に十分な対価を支払っていないと批判されてきた音楽配信サービスに対するアーティストの見方が変わってきたようで、今後ますますこの仕組みを利用したアーティストが増えると予想されています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん