2017年11月15日 更新

近年注目を集める「スーパーフード」の始まりから最新動向

数年前からハリウッド女優などを中心に世界中で注目されているスーパーフード。特に健康と美を追求する人にスーパーフードは多く取り入れられていますが、最近はシニアの方達にも人気が出てきています。スーパーフードの歴史から最新動向までスーパーフードマイスター講座を主催する日本スーパーフード協会に聞いてみました♪

1,030 view お気に入り 0

若い世代だけでなくシニア層にも人気があるスーパーフード

ハリウッド女優やトップモデルが愛用していることから人気に火がつき、世界中の女性の美のアイテムとして注目されているスーパーフード。
特に健康と美を追求する人などにスーパーフードは多く取り入れられていますが、最近はシニア層からも注目されています。
 (60301)

 スーパーフードの始まりは、1980年代のアメリカやカナダで食事療法を研究する医師や専門家の間で、一般的な食品よりも栄養価の高い食品に対してスーパーフードという言葉が使用されはじめました。
今まではパウダーやドライフルーツなど気軽に摂取できる食品として定着しました。
米オーガニック・トレード協会によると、スーパーフード先進国の米国では、健康志向と食品の安全性への関心から、オーガニックフード市場が好調で、1990年の10億ドルから2013年には350億ドル(4.3兆円)の巨大市場に成長し、今では、米国の飲食売上の約5%を占めるまでになりました。
日本においても、シニア層の増加を背景に健康志向は高まりをみせていて、「認知症予防」「アンチエイジング」をキーワードに、ココナッツオイルが大きく売上を伸ばし躍進しました。
 (60305)

ココナッツオイルに含まれるビタミンEはお肌を紫外線、そして活性酸素から守ってくれる栄養素です。
健康であること、いつまでも美しくあることは多くの人々の最大関心事であり、その潜在市場規模は計り知れないほど巨大なものです。その中においてスーパーフードは今一番伸びている成長市場であり大注目の市場です。

日本で大ブームの穀物「もち麦」はアメリカでも大人気

 日本でも「もち麦」ブームで注目された人気の雑穀はアメリカでも大人気のスーパーフード。「キヌア」「アマランサス」の他、「玄米」「そばの実」「黒米」など、日本でおなじみの穀物も定番です。
 食事メニューの他、スナックやお菓子などおやつとしても気軽に食べられ、さらに美味しいというところが人気の秘密です。
ローソンの「ブランとチアシードのクッキー」は美味しいです。

ローソンの「ブランとチアシードのクッキー」は美味しいです。

グリコのアーモンド効果も飲みやすい

グリコのアーモンド効果も飲みやすい

スーパーフードは市場拡大とともに、現在ではより身近な存在になってきました。コンビニでは「チアシードクッキー」「アサイージュース」「アーモンドミルク」など飲料や製菓など用途も拡大しております。また、スーパーの野菜売場では「ビーツ」「ブロッコリースプラウト」や「アマニ」「ヘンプシード」などオイルの人気も高く今後もスーパーフードの展開が注目されます。
 (64357)

食品以外の分野では、アメリカの老舗のスーパーフードブランドが、シャンプー・ボディソープ・乳液・クリームなどをラインナップし発売しています。
日本でも、スーパーフードを配合したシャンプーや美容液も登場しています。

 食べて美しくなる「インナービューティ」だけでなく「アウタービューティ」にもスーパーフードのパワーが求められているのではないでしょうか。

 これからは単なる自然食や、健康食としてのスーパーフードとしてだけではなく、食や美容、運動といった複合的な角度からスーパーフードを取り込むことが真の健康を手に入れるために不可欠になっていきそうですね♪
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

socialzine編集部 socialzine編集部