2018年11月27日 更新

夢は”一獲千金”?宝くじの真実を公開!富裕層はカジノ好きでも「宝くじは絶対に買わない」理由

1等と前後賞で10億円が当たる「年末ジャンボ宝くじ」の販売が今年も全国各地の売り場で一斉に始まりました。ここまで高額になってくると、夢が膨らみますが・・現実は甘くないようです。この宝くじにまつわる”真実”について、まとめます。宝くじの当選確率は、1000万分の1。と言われていますが、当選した時の還元率、そしてテラ銭の行方についても追ってみます。実はお金持ちが「宝くじ」を”絶対に買わない”理由とは?

77 view お気に入り 0

夢は”一獲千金”?宝くじの現実

1等と前後賞で10億円が当たる「年末ジャンボ宝くじ」の販売が21日、全国各地の売り場で一斉に始まりました。
 (100763)

年末ジャンボは1枚300円で計1440億円を発売予定。当せん金が7億円の1等は24本、1億5千万円の1等の前後賞は48本、1千万円の2等は72本となっている。
ここまで高額になってくると、夢が膨らみますが、現実は甘くないようです。
「宝くじ」にまつわる”真実”についてまとめていきます。
 (100760)

まずは、こんなお話。

一獲千金を狙うというと・・こんな恐ろしい言葉を聞いたことがありませんか?↓↓↓

宝くじに当たる人は、不幸になる?

11月21日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)では、徳島県北島町にある「イオンタウンチャンスセンター」の宝くじ売り場で、多くの高額金が当選していることを特集しました。
 (100724)

徳島県北島町「イオンタウンチャンスセンター」の宝くじ売り場

この近くにある「たぬきの祠」の再建が決定されてから、年末ジャンボ宝くじの一等当選者などが続出しているという話題に。
これに対しタレント・江原啓之さん(53)が、スピリチュアリストの立場から独自の意見を示しました。
「スピリチュアル的なことで言うとね、こういうのって自然霊って言ってね、あんまりいいアレじゃないんですよ。宝くじに当たる人って、結構不幸になる人多いって言うでしょ」とコメント。
続けて「宝くじが当たったら手引きもらえるって言うじゃないですか。現実的にも金貸してくれとか、寄付の依頼とかいっぱいきたり、人間関係崩れたり、おかしくなっちゃったりしてね」と宝くじの怖さを語った。
 (100762)

この意見に対しMC・ふかわりょうさん(44)は、
「上手くコントロールできない方もいらっしゃるかもしれないですけど、慎ましやかに我が道を行く方も(いるのでは)」と話すと、
77 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「ふるさと納税」”過度な返礼品”競争から”コト”の時代へ。納税制度を活用し「災害支援」も

「ふるさと納税」”過度な返礼品”競争から”コト”の時代へ。納税制度を活用し「災害支援」も

「ふるさと納税」で、イメージするのはどんなことでしょうか?豪華な返礼品?自治体は、収支でマイナスになるのでは?といった疑問をお持ちの方も多いかもしれません。最近では「ふるさと納税」は「モノからコト」。自治体でも、お礼の品から”寄附金”の使い道へという流れになっているようです。今回の西日本で続いた記録的な豪雨により、甚大な被害が発生しているのを受けて、ふるさと納税を活用し「災害支援」もできるようです
マツコ、須藤凜々花の結婚宣言を分かり易く分析「ドンペリ開けて?」

マツコ、須藤凜々花の結婚宣言を分かり易く分析「ドンペリ開けて?」

NMB48のメンバー須藤凜々花が6月17日、AKB48の選抜メンバーを決める「AKB48選抜総選挙」の開票イベントで結婚を発表しました。AKB48グループの「恋愛禁止」ルールを逸脱した異例の結婚発表に、ネット上では波紋が広がっています。その件に関してタレントのマツコ・デラックスが彼女の振る舞いについて、キャバクラで20位以内に入りたかったキャバ嬢に例え、メインMCのふかわりょうから絶賛されました。
マツコ、”庶民の味方”を熱く応援!もやし業界「窮状」訴えに驚きの声

マツコ、”庶民の味方”を熱く応援!もやし業界「窮状」訴えに驚きの声

今、モヤシが生産危機に直面しているようです。6月5日の「5時に夢中!」(TOKYOMX)で紹介された朝日新聞の記事によると、原料が高騰しているのに商品価格(適正価格は40円)が上がらないことで、この10年弱でモヤシ生産者100社以上が廃業しているのだそう。この記事を受け、庶民の味方であるモヤシを熱く応援する姿勢をみせたのはコメンテーターのマツコ・デラックスさん。モヤシは今どんな現状なのでしょうか。
マツコ・デラックスさん日本の保育園問題について語る|社会全体「閉塞感」と指摘

マツコ・デラックスさん日本の保育園問題について語る|社会全体「閉塞感」と指摘

歯に衣着せぬコメントで幅広い絶大な支持を得ているマツコ・デラックスさん。そんなマツコさんが、男性保育士による女児の着替え問題やアルバイトの病欠罰金問題、音楽教室からの著作権料徴収問題などが取り沙汰される現状について閉塞(へいそく)感を指摘し、根本的な議論が必要だと私見を述べたことが話題になっています。
富裕層の暮らし方マインド|投資とはそもそも何?その考え方が庶民になる

富裕層の暮らし方マインド|投資とはそもそも何?その考え方が庶民になる

「富裕層はどうしてお金が貯まり、庶民はどうしてお金が貯まらないのか?」そう始まった記事。徹底検証された内容が書かれていました。ありきたりのカテゴリですが、「投資」はお金だけの考え方ではないといいます。あなたも“お金”そのものではない「投資」「リスク」の考え方で一歩前にでるかもれません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事