2017年1月13日 更新

4行日記“なりたい自分になる”|10年続けた森本氏から達成させる極意

スポーツトレーナーとして世界でも活躍する森本氏が、10年間も続けている4行日記。1日5分 目的・目標を達成させる 4行日記は、参考にしている人は多いですね。では、実際に続けていて成果をあげている人の、実例ポイントは何?そこを知りたいですね。忙しいビジネスマンは、自分のことに目をむけることを忘れがちです。しかし、自分を客観視しないかぎり、仕事で成長するのは難しいといいます。たった5分の4行は、なりたい自分になるための最小時間でできる最高の効果かもしれませんよ。数か月後に見えるのは、なりたい姿のあなたでしょうか。

938 view お気に入り 0
Free photo: Cigarette, Diary, Notes, Hands - Free Image on Pixabay - 468216 (1503)

1日5分~ 目的・目標を達成させる 4行日記は、書籍やアプリも存在する息の長い題材です。
FFS理論で有名な小林惠智氏によって考案され、著名人はじめ、多くの人に支持されています。
たった4行ですが、気づきから行動へ移すことができる発見日記。
しかし、やり方や効果は、実際の体験を聞かないと判断しにくいものですね。

今回は、世界をまわるスポーツトレーナーとしてする森本貴義氏が
10年続けているという体験からご紹介いたします。

たった5分でなりたい自分になれるなら、こんな簡単なことはありませんね。
しかも、つまったら“ここは捨ててしまえばいい”緩さも……

4行日記「ざっくりした」進め方

Free photo: Notebook, Colorful, School - Free Image on Pixabay - 1744954 (1504)

「トレーナーはクライアントについて考える時間が長くて、自分のことを忘れがち。でも自身を客観視しないかぎり、仕事で成長するのは難しいと思います。そこで役立つのが、1日の行動から気づきを発見する4行日記です」
人のことに費やす時間の長い人にもいいということですので、日々仕事に追われる現代ビジネスマンには、打ってつけの気づきになるのではないでしょうか?隙間時間で客観視をする必要性を毎日ほんの5分だけとることによって変化が起きるかもしれません。
4行日記とは、「今日起きた事実」「気づき」「気づきから得た教訓」「宣言」を1日1行ずつ書いていく日記だ。
Free photo: Notepad, Hand, Hold, Checkered - Free Image on Pixabay - 407197 (1506)

森本流のルールがいくつかある。まずその日のうちに書くこと。そのため普段から何を書くか漠然と考え、帰宅したらすぐに取りかかる。しかし「事実から気づきは連動していてパッとひらめくけれど、教訓が難しい」というように考えても何も出てこないときも。そこで書く時間は5分以内と定め、何も浮かばないときは書かないと割り切り、3行で終わらせる。逆に気づきや教訓がいくつもあるときは、自分の中で一番響いたことだけ記して4行をキープ。継続を一番の目的にしているから、ハードルを高く設定しないのだ。

まとめると…

Free photo: Notebook, Diary, Leave, Write Down - Free Image on Pixabay - 1939358 (1510)

【1日1行×4項目=4行】
1行目「今日起きた事実」~今日会った出来事、心が動いた反応したこと
2行目「気づき」~事実からひらめいたこと
3行目「気づきから得た教訓」~気づきから何を得たか※出てこない時はこの行を“捨てる”
4行目「宣言」~“ありたい姿”を宣言

「続けるポイント」
まずその日のうちに書くこと
忘れないためにも、帰宅したらすぐに取りかかる

教訓などは、考えても出てこないときも…
 ↓↓↓↓↓
・ムリをしない、何も浮かばない時は“書かない”3行で終わらせる
・書きたいことがたくさんあっても必ず「4行」を守る
※書く時間は5分以内と定める

具体的な文章は?他の事例でご紹介すると↓↓↓

Free photo: Notebook, Pens, Notes, Leave, Book - Free Image on Pixabay - 1803664 (1511)

事実■今日本屋で「4行日記」「英語版4行日記」2冊買った。
発見◆毎日持ち歩けば気づいたとき自由に好きなことを書き込める
教訓●自分で決めて行動しているとすがすがしい気持ちになる
宣言★私はいつどんなときも自分の意思で行動している人間です。
4行日記では、潜在意識に落とし込みやすいように記号を使います。

■は事実、◆は発見、●は教訓、★は宣言を表現します。

■は角ばってクールでデジタル、◆はその中心に気づく対象がある、●は丸めてぎゅっとまとめる、★は、輝く星のように そのようなイメージです。
37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水