2017年12月31日 更新

ゲッターズ飯田さんが占う“2018年”運気|最強ベスト3の干支・星座と金運アップ方法

2017年も本日で締めくくりですね。新しい年を迎えるにあたり、やっぱり気になるのはアレ。2018年の「運」は味方してくれるのか知りたいところですね。そこで、定評の高い「ゲッターズ飯田さん」が占う2018年をご紹介します。最強運気の干支・星座ベスト3、そして金運をあげる方法などもまとめました。

2,868 view お気に入り 0
ゲッターズ飯田さんをご存じないかたはいないかもしれませんね。日本一当たるという占い師タレントさん。気になる2018年を発表しています。
まずは総合的に「2018年」は、どんな年になる?
Free photo: Design, 2018, To Reach, New Year - Free Image on Pixabay - 3047520 (71422)

来たる2018年は「 オトナの時代 」到来!

全体でいうと「大人の時代」がやってきます。40~50代の人が注目されます。
40~50代の人が注目されるのであれば、他の年代の方は?
もしこの世代よりも下の方たちは、「ちょっと背伸び」をするといいようです。その背伸びにも、人それぞれの想像が異なりますが、例でいうと
「ファッションやメイクなどで雰囲気を大人っぽくしたり、良質な物を持つようにしたりしてください。すべてでなくてもいいですが、バッグやアクセサリーなど、どこかに一流のもの、作りの良いものを取り入れるといいでしょう。
Free photo: Girl, Hair, Blowing, Blonde, Woman - Free Image on Pixabay - 1246525 (71415)

『和』や『伝統文化』『郷土』などもキーワードですから、そういったストーリー上にあるものを選ぶことをおすすめします。
「大人のマナー」を身につけていることも大切だとか。背伸びをするというのは、その世代の運気のよい方の近くで学べれば更にパワーアップできそうですね。どういう人が運気の強い行動パターンをしているかなど知る上でも重要なポイントになるのではないでしょうか。

2018年の“運勢のいい人ランキング

2018年運気ランキング干支ベスト3

Free illustration: Glass Ball, Soap Bubbles, Float - Free Image on Pixabay - 1767291 (71416)

【干支】
第3位 卯年(うさぎどし)
第2位 寅年(とらどし)
第1位 丑年(うしどし)
「うさぎどし」才能や魅力が開花する年。
「とらどし」攻めたり1歩前に進んだりする年。頑張ってきたことが結果に繋がるようです。
「うしどし」長年苦労していた人たちがやっと報われ花開く年。
39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

憧れの生き方「タモリさん」自由で自然体|なぜタモリさんがうらやましいのか

憧れの生き方「タモリさん」自由で自然体|なぜタモリさんがうらやましいのか

タモリさんと言えば「うらやましい」「憧れる生き方」「楽しそう」と言われるビック3の大物。しかし、シュールな名言ともいえる「友達なんていらない」「他人に期待しない」を知っている方も多いはずですね。どうしてだろう、肩の力をぬいている自然体に見えるタモリさん。彼の人生哲学かもしれない言動をご紹介します。今からだって、何も遅くないんじゃない、そう聞こえてきそうです。
お金持ちに共通する「手相」の特徴|金運・財運のラッキー線はここにある

お金持ちに共通する「手相」の特徴|金運・財運のラッキー線はここにある

「お金持ちに共通」する手相とやらを発見しました。先日イベントで手相をみてもらったばかりなのですが、占いとは違う意味で、盛り上がりました!しみじみ聞き入ってしまいますね。マネー系関係の仕事から離れられない私の、おすすめ金運手相だけを集めてみました。自分のを調べるのもよし、だれかとの話題作りにも使える嬉しい手相をご紹介します。万一…金運がみつからなければ、欲しい線を「書いちゃってください」
萩本欽一さん30代は頭、40代は目、50代…「人生においてすべき」3箇条|運がたまる方法はココにあった

萩本欽一さん30代は頭、40代は目、50代…「人生においてすべき」3箇条|運がたまる方法はココにあった

73歳で駒澤大学に通い始めたタレントの欽ちゃんこと萩本欽一さん。貧困の少年期を過ごし、10年に及ぶコメディアン修業、様々な経験から分かったこと。それは、「人生においてすべき3箇条」だと言います。年代に応じて頑張ること「20代は身体、30代は頭、40代は目、50代は耳、そして今…」。経験から導かれるエピソードが満載な、ベストセラー本となっている「運がたまる」もあわせてご紹介いたします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水