2017年4月4日 更新

その重要感が“人”を動かす|特効薬“人をほめる”方法「苦手な人」必見

名著「人を動かす」世界のロングセラーとも言われる自己啓発書の代表作は有名ですね。著者:デール・カーネギー氏の、事例検証も含まれたメッセージが詰まっているとも言われています。この中から、誰でも“本当はできる”特効薬となる方法から、たったひとつ「褒める」だけ集中してご紹介します。春の新しいメンバーチーム構築で最強の環境を整えてみませんか?

211 view お気に入り 0
Free illustration: Center, Manager, Businessmen - Free Image on Pixabay - 2064946 (15143)

世界のロングセラーとも言われる名著「人を動かす」著者:デール・カーネギー氏。
自己啓発書を代表する1冊で、かなりのメッセージが詰まっていると紹介されています。
この日本でも売れている名著から、コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋さんが選んだのは
「人に動いて欲しかったら、相手に重要感を与えなさい」
この言葉は、まさに真理を突いています。なぜなら、多くの人が欲しがっているのは、「あなたは重要な人です」というメッセージだからです。
名著は「エネルギーを持つ」とも聞きますが、
啓発本というよりも、著者が長きにわたる事例を検証した結果でもあると言いますが。
相手に「重要感」を与えるという方法を、もう少し知りたいと思いますね。

人を動かす伝え方・接し方、幾度も知る機会があったのではないでしょうか。
表面ではなく、本質に働きかける「本気で動いてもらう」を目指していたいですね。
Free photo: Spiritual, Sun, People, Sky - Free Image on Pixabay - 1149187 (15145)

人が頑張れること「重要感」

労働条件も悪く、ノルマも厳しい、そんな一般的に言えば「ブラック」じゃない?
と言われる会社で勤務していても、辞めずに頑張れる方々がいます。
不思議に思って尋ねると、こう返事がもどってきたといいます↓↓↓

「いい仲間がいるから」「必要とされているから」「認めてくれるから」

そう、これこそが“重要感が与えられる”ということ。仲間に助けられたり、感謝されたり、褒めてもらったり。
逆に重要感を感じることができない=プロセスや成果を評価してくれない会社だと、いくら休みが多くて、給料がよくても仕事にやりがいが持てません。
Free photo: Team, Corporate, People, Group - Free Image on Pixabay - 866663 (15144)

「誰かが認めてくれた」という気持ちが、仕事のモチベーションと深い結びつきをつくっているのです。
ですから、上司や先輩は、部下や後輩の“重要感を上げる”、つまり「あなたが必要ですよ」「あなたの頑張りはちゃんと見ていますよ」と伝えるのが最も大事な仕事なのです。
コンサル側にいた私個人の意見では、上記が100%ではないと感じます。
確かに、認められることを「主」のエネルギーと感じる人は多く、
求められ、必要にされているということで喜びを体感できると思います。
だからこそ、自発的に動いたり無理をしてでも役にたちたいと、「動いてくれる」ことにも繋がります。
56 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビジネス成功者には「疑う力」がある|新しい発見とチャンスを掴む“疑う能力”の鍛え方

ビジネス成功者には「疑う力」がある|新しい発見とチャンスを掴む“疑う能力”の鍛え方

ジョブスのようにイノベーションを起こし、ビジネスで成功するために必要なのは「疑う力」。疑う力は、リスクに備え、潤滑な対人関係、そして人生の大きなチャンスをつかむことができるそうです。しかし日本の教育では「正しく疑う能力」が育たないのです。これからでもできる「正しい疑う力」の身につけかたをご紹介します。西洋哲学の“エポケー”、そして広告業界の“ブレスト文化”がヒントになります。
成功に必要な「影響力」を高める3つの手順|職場の会議や打ち合わせで学ぶ

成功に必要な「影響力」を高める3つの手順|職場の会議や打ち合わせで学ぶ

ビジネスにおける「成功」は、ほとんどが“他の人”に影響力を及ぼせるかという点が重要になります。時に権力とも言うことがありますが、人に命令や強制することではありません。では、どのようにして立場の低い自分でも、職場で影響力を高めることができるのでしょうか。どんなに下っ端でも大丈夫、会議や打ち合わせの場で学ぶ「高め方」3ステップをご紹介いたします。
ビジネスパーソンは「心の美意識」が成功の大差を生む|仕事のできない人は分からない

ビジネスパーソンは「心の美意識」が成功の大差を生む|仕事のできない人は分からない

男も女も、「美意識が分からない人」は、仕事がデキない人だといいます。書籍『きれいでなければ稼げません』の著者:渡辺ゆきよ氏が説く“3つの美意識”は、「外見」「心」「所持品」。この中から「心」を抜粋し、してほしくない「脱落評価」に当てはまる悪い実例もご紹介します。ほんの少しの「微差」は、やがて数年で「大差」を生むそうですね。
お金持ちになりたい人は“自制心”が断固必要|高収入、資産を手に入れる唯一の条件

お金持ちになりたい人は“自制心”が断固必要|高収入、資産を手に入れる唯一の条件

「自制心」それは、高学歴、高収入、高資産、健康長寿。全てを手にすることができるのではないか。なぜそう言えるのかは、有名な「マシュマロ・テスト」から導かれています。お金持ちになりたければ、富裕層にあこがれるのであれば、健康で長生きをしたいと願うのであれば、必要なのは断固「自制心」をお届けいたします。
神勝率9割のプロギャンブラーのぶき氏の「夢や仕事で成功」メソッド|マネーラインとプロライン

神勝率9割のプロギャンブラーのぶき氏の「夢や仕事で成功」メソッド|マネーラインとプロライン

神の領域と言われる勝率9割を達成した、さすらいのプロギャンブラー・のぶき氏が、人生を振りかえり成功へのメソッドを教えてくれました。仕事や夢で成功するために勝ち抜く大事な学びが、こめられています。夢や仕事で成功するためのコツ「マネーラインとプロライン」から「壁の超え方」まで。なかなか知ることができない人生の勝利者となれるコツを知ることができるのは、二度とないかもしれませんよ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水


おすすめの記事

今注目の記事