2017年10月13日 更新

米映画界に激震!ハリウッド大物プロデューサーのセクハラ騒動|アンジーやパルトロウも被害

ハリウッド映画界の敏腕プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインが、実は30年以上にわたって悪質極まりない”セクハラ常習者”だったと判明。このニュースを受けて過去に被害を受けたという女優やモデルたちがメディアやSNS上に明かし始めています。またデザイナーとして活動する彼の妻は、早速、夫との縁切りを決意。ワインスタインは「この問題と取り組むために」セラピーを受けるつもりであることも明らかにしています

103 view お気に入り 0
『英国王のスピーチ』や『恋に落ちたシェイクスピア』など数々のヒット映画を手がけてきたハリウッドの超有名プロデューサーが、30年以上にもわたって女優やスタッフに性的嫌がらせをしてきたことが明らかになり、大きな波紋を呼んでいます。
 (57389)

問題になっているのは、映画会社「ミラマックス」を設立したプロデューサーのハーヴェイ・ワインスタイン氏。

ワインスタインは弟のボブ・ワインスタイン氏とともに、1979年に映画会社「ミラマックス」を設立し、その後2005年に映画制作会社「ワインスタイン・カンパニー」を立ち上げるなど、映画界で大きな力を持った人物として有名です。
ニューヨークタイムズは10月5日、ワインスタインが過去30年にわたって女優やモデル、アシスタントらに性的嫌がらせをしてきたと報じた。同氏と一緒に仕事をしていた女性は、キャリアアップと引き換えに体の関係を強要されたという。
 (57412)

女優達が語る“映画界大物”の非道なセクハラ

この記事が掲載された後、同じようにワインスタインから性的な行為を迫られたり、嫌がらせをされた女性たちが、自らのを経験を語り始めました。
ワインスタインのプロデュースした『Emma エマ』に出演、『恋におちたシェイクスピア』ではアカデミー賞主演女優賞を受賞しているグウィネス・パルトロウ。
 (57353)

ハーヴェイ・ワインスタインとグウィネス・パルトロウ(2002年撮影)
当時パルトロウは22歳。主役に選ばれて、映画の出演を決めた後の出来事でした。

映画『Emma エマ』の撮影スタートを前に、“ミーティング”のためワインスタインのスイートルームを訪問。
そこで「寝室に行こう」と誘われたと『New York Times』に明かし、こう告白している。「(22歳だった私は)まだ子どもだったのです。契約したばかりだった私は、恐怖感でいっぱいになりました。」
 (57414)

パルトロウは彼の誘いを断り、当時恋人だったプラッド・ピットにワインスタインの行為を伝えたそうです。
この出来事を当時交際していたブラッド・ピットに伝えたところ、ブラッドは激怒。ある映画のプレミアでワインスタインを見つけたブラッドは、「二度と彼女に触れるな」と声を荒らげワインスタインの胸元をこづいたそうだ。
しかしワインスタインは卑怯にもグウィネスに電話をかけ、「他の誰にも“あの話”をするな」などと彼女を怒鳴りつけたとのこと。まだ若かった彼女の恐怖感がいかに大きかったかは、想像に難くない。
 (57413)

68 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事