2017年4月8日 更新

仕事のできない人は人の話を「聞く力」がない |ビジネスで実践できるテクニック

ビジネスにおいて、ほとんど置き去りにされていることがあるといいます。それは「聞く」ことの重要性です。傾聴とはまた異なる聞く力。仕事のできない人は、残念ながら相手の話を「聞く」ことができないというのです。それでは、聞く力を極める方法として実践したテクニックとは?

2,695 view お気に入り 0
ほとんどのビジネスパーソンは、「聞くこと」の重要性を認識しておらず、スキルも磨いていません。これはとても残念なことですが、逆に言えば、「のびしろ」があるのです。
人の口から発する言葉や声を聴くだけで、
どんな人なのか、どんなことを考えているのかを「感じる」ことができますね。
相手の言葉ひとつで、やる気がみなぎることもありますが、
逆を言えば、やる気を失うこともあります。

やはり、快く仕事をするためには、切り離しては考えられない
「言葉遣い」も同様です。
一流の人間ほど言葉遣いに繊細なのは、たった1つの発言が適切かどうかで仕事の成果が一変する場面を幾度となく経験してきたからでしょう。
Free photo: Child, Port, Water Sports, Boy - Free Image on Pixabay - 2125964 (15859)

「伝えること」に関しては、すでに一生懸命に取り組んできているので、少しくらい努力しても大きな成果は得られません。同じ労力をかけるのであれば、「聞くこと」に注力したほうが得策です。

「話の聞き方」を極める

正しく美しい言葉遣いは、誰でも、何歳からでも身に付けられます。しかし会話に苦手意識がある人ほど、はまりやすい落とし穴があります。それは「自分が話す言葉ばかりに意識を向ける」ことです。
仕事は自分一人でするものではありません。そのため、スムーズに仕事を進めるためには、高いコミュニケーション能力が求められることも。そんなときには、きちんと自分の言いたいことを伝えて、相手の話もしっかり聞いて……と、わかってはいても、これがなかなか難しいんですよね。
Free photo: Cat, Ears, Hidden, Funny - Free Image on Pixabay - 1690622 (15857)

会話が苦手と感じている人のほとんどは、実は「話し方」でなく「聞き方」に問題があります。
ここで、「聞くこと」についての誤解をといておきましょう。「聞くことは受動的な行為だ」というのは間違いです。相手の話をよく聞くことによって、こちらに対して好意をもってもらうことができます。こちらの話に聞く耳をもってもらうこともできます。さらに、あれこれ言われなくても自発的に行動するように促すことさえできます。
表面的なことで認識しやすい傾向にありますが、聞くことは受動的ではないと言われています。
聞くことは、でっかく言えば相手を誘導し動かすことも可能だと言えます。
それは、人が安心し信頼するという気持ちに至るまで、
どう感情が動いていくのかを考えると納得できるのではないでしょうか。

承認欲求ということだけではありません。
聞くというレッスンが存在するほど、人の話を聴くということは、
おざなりになりがちですが、私は仕事の中で最大のポイントだと感じます。
Free photo: Ear, Listen, Person, Human, Auricle - Free Image on Pixabay - 1355649 (15855)

基本は「相手の話をきちんと聞く」こと

流麗な言い回しやしゃれた切り返しなど必要ありません。大切なのは、誠実な受け答えで「相手の気持ちを受け止める」こと。それだけで相手に満足感を与えるので、評価は格段に上がります。
42 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

コミュニケーションや人間関係「伝え方」の意識|本当に性格も変えられるの?!

コミュニケーションや人間関係「伝え方」の意識|本当に性格も変えられるの?!

『伝え方が9割』の著者である佐々木圭一氏と、『人間は9タイプ』の著者:坪田信貴氏の対談から、伝え方を意識することで、性格も変えられる!かもしれないと思える実話談。相手に投げかける言葉で、与える印象が違うことぐらい誰だって知っています。しかし、知っているのは“違う”という事実だけで、「どんなふうに違うのか」「どう受け取っているか」なんて、早々分かりませんものね…。春の配置換え、もしくは新人さんをむかえるにあたり、人間関係・コミュニケーションをとるためにも、ちょっとだけ参考になるかもしれません。
6割以上が言われた経験「何が言いたいの?」|理解してもらえる3つの伝え方

6割以上が言われた経験「何が言いたいの?」|理解してもらえる3つの伝え方

「言いたいことが伝わるテク」についてです。「何を言いたのかわからない」そんなことを言われて、話すこともためらいがちになったという経験はありませんでしょうか。人には話す特徴がありますが、ビジネスにおいて伝えるスキルは大切な要素です。「説明力」としても欠かせない苦手を克服し、相手に伝わる3つのコツをご紹介します。
ビジネス成功者には「疑う力」がある|新しい発見とチャンスを掴む“疑う能力”の鍛え方

ビジネス成功者には「疑う力」がある|新しい発見とチャンスを掴む“疑う能力”の鍛え方

ジョブスのようにイノベーションを起こし、ビジネスで成功するために必要なのは「疑う力」。疑う力は、リスクに備え、潤滑な対人関係、そして人生の大きなチャンスをつかむことができるそうです。しかし日本の教育では「正しく疑う能力」が育たないのです。これからでもできる「正しい疑う力」の身につけかたをご紹介します。西洋哲学の“エポケー”、そして広告業界の“ブレスト文化”がヒントになります。
人をイラッとさせる不快な3つの言葉|ビジネスでもライフでも禁句の口癖

人をイラッとさせる不快な3つの言葉|ビジネスでもライフでも禁句の口癖

心理学者の話によると、5人に1人はほぼ毎日“腹の立つ”ことがあると答えていたといいます。誰が見ても特別に嫌なことをするわけではなく、なぜか分からないけど「イラっ」とさせる人がいるのです。気が付かない間に、相手の空間に不快な空気がながれる「口癖」があるかもしれません。人をイラッとさせる用語を3つご紹介します。
ビジネスパーソンは「心の美意識」が成功の大差を生む|仕事のできない人は分からない

ビジネスパーソンは「心の美意識」が成功の大差を生む|仕事のできない人は分からない

男も女も、「美意識が分からない人」は、仕事がデキない人だといいます。書籍『きれいでなければ稼げません』の著者:渡辺ゆきよ氏が説く“3つの美意識”は、「外見」「心」「所持品」。この中から「心」を抜粋し、してほしくない「脱落評価」に当てはまる悪い実例もご紹介します。ほんの少しの「微差」は、やがて数年で「大差」を生むそうですね。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水


おすすめの記事

今注目の記事