2017年8月14日 更新

あなたに眠る「サディスト」度|SNSのネット“いじめ”はサディズムが関係か

ひっそり眠る「あなたのサディスト度」を知りたくありませんか?性的な感覚ではなく性格的な部分へのフォーカスです。ナルシシズム、サイコパシー、マキャベリアニズムの3要素に、サディズムも加えて研究されているようです。最近はSNSでもネット上で「いじめ」などを受けることがあるようですが、それはこのサディズムかもしれません。いくつかの問いの中に、あなたや気になるあの人は、当てはまるのでしょうか。

94 view お気に入り 0
Free photo: Lonely, Bullied, Hiding, Alone - Free Image on Pixabay - 1466900 (43648)

科学は人間の善悪を判断できないが、他人を傷つけることを楽しむ人間であるかどうかを判断することはできる。

「サディスト」とは

自分以外の生物(人や動物)が、苦痛や恥ずかしめを受けるのを見て間隔を覚える「サディズム」を持つ人を「サディスト」と言います。
他人の苦しむ様子が快感である、他人が恥ずかしむ様子を見て快楽を得るなど、自分以外の何かが苦しむ状況を見ることが楽しいといった感覚を表す。嗜好性を示す単語のため、どの程度の苦しみに快楽を感じればサディズムなのか、どれ程の快楽を感じれはサディズムなのか、といった解釈は個々人によって大きく異なる。
Free photo: Person, Homeless, Bullied, Hiding - Free Image on Pixabay - 1821413 (43643)

心理学でいう新しい4つ目の要素「サディズム」

サディズムには長い歴史があるといいますが
しかし臨床分野では、サディズムの概念はかなり新しい。
心理学であげられる3要素

・ナルシシズム(自己愛傾向)
・サイコパシー(共感の欠如)
・キャベリアニズム(目的のために手段を選ばない)
Free photo: Desperate, Sad, Depressed, Feet - Free Image on Pixabay - 2293377 (43645)

これら3要素はどれも周囲の人にストレスを与える。またこれらが組み合わさり、他人を犠牲にして利益を得ようとする敵対的かつ利己的な戦略が生じる。
そして現在、一部の研究者らは、この3要素に加えて、サディズム ―― つまり人を苦しめることに喜びを見出す傾向を、第4の要素として提言している。
Free photo: Child, Education, Fear, Terror - Free Image on Pixabay - 1439468 (43647)

しかし、4要素の理論を支持する研究者でも、「サディズム」の兆候が、ほかの3要素と区別する難しさがあるといいます。しかし、ここで重要なところとして、この時代に出現しているそのものが、当てはまるかもしれないという点。↓↓↓
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

SNSは「コメント欄」で残念な人がバレる!|3つの事例「ソーシャル」をなめてはいけません

SNSは「コメント欄」で残念な人がバレる!|3つの事例「ソーシャル」をなめてはいけません

SNS(ソーシャル)で書き込みを入れることがあると思います、SNSNのコメント欄はなめてはいけません。ちょっとしたことのつもりでも、SNSはあなたを知らない人までも届けてしまうものです。ちょっと、辛口ですが「残念な人」をご紹介します。
高収入1,500万円以上vs低収入500万円未満の明らかな違い|FBメッセンジャーやアプリが連絡手段

高収入1,500万円以上vs低収入500万円未満の明らかな違い|FBメッセンジャーやアプリが連絡手段

高収入者を1,500万円以上とし、低収入者を500万円未満として、統計で分類調査したところ、あきらか違いがあったといいます。収入が高い人ほど、メールはFacebookのメッセンジャーやアプリを利用し、その利用時間帯なども異なるようですね。収入の高い人ほど整理された利用方法かもしれません。でもいつでも「できること」です、すぐにお試しいただけるのではないでしょう。
やってはいけないビジネスマン“心得”SNSタブー|出張先「ランチなう!」で情報漏洩

やってはいけないビジネスマン“心得”SNSタブー|出張先「ランチなう!」で情報漏洩

ランチなう、飯テロ、なにげにSNSへアップしている食べ物の写真。みんな投稿していますが、それはなかなか「危険」な投稿だということを知っているでしょうか。その料理で「どの土地にいるのか」さえわかってしまうこともあります。ビジネスマンなら、会社の機密情報だって推測されることもできてしまいます。間違って何かが入り込んでしまい問題になったことがあるのです。あなたは、情報を垂れ流ししていませんか?
2017年最新ソーシャルメディアのユーザー数|SNSの層が変化している!?

2017年最新ソーシャルメディアのユーザー数|SNSの層が変化している!?

無くてはならない日々チェックが日課でもあるSNS。ソーシャルメディアは右肩上がりの状況ですね。そして変化もはやく、あっという間に使用もユーザー層も移動しています。最新2017年5月更新のSNS業界が今どのようになっているのかをご紹介します。今回は、Facebook、Twitter、Instagram、LINEを選んでみました。どのくらいのユーザー数なのかを含めてお届けいたします。
世界の4人に1人がFacebook(フェイスブック)を利用|SNS界でマウントポジションか

世界の4人に1人がFacebook(フェイスブック)を利用|SNS界でマウントポジションか

米Facebookが、先日発表した利用者数「世界人口の4人に1人」が利用!まさにマンモスクラスになっているのがわかります。どこから来た数字なのかは2017年1月から3月期決算による算出で、月間利用者数19億3600万人と、20億人目前まで迫っている増加です。他の主力SNSと比較しても、Facebookがマウントをとっているとしか言えない増加です。この力なにが利用と売上をあげているのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水