2017年8月31日 更新

O157の食中毒被害がポテトサラダから発生!! 夏場は食べ物への対策必須!!

埼玉県のスーパーで買ったポテトサラダを食べた女の子がO157の食中毒による重体となりました。衛生管理が徹底され、誰もが美味しく、安全に食べられるスーパーのポテトサラダ。なぜ事件は起きてしまったのでしょうか?

270 view お気に入り 0

●スーパーのポテトサラダでO157の食中毒被害が発生!

夏場は食材が痛みやすい時期。
食中毒に注意しなければいけません。

衛生管理がしっかりされているスーパーなら安全・・・
そう思った買ったポテトサラダを購入したら、食べた女の子がO157の食中毒被害に合いました。

安全なはずのスーパーの食べ物がなぜ?
怖い食中毒被害を引き起こすO157とはなんでしょうか?
Free photo: Salad, Potato Salad, Summer, Mat - Free Image on Pixabay - 818584 (47245)

埼玉県は22日までに、同県熊谷市のスーパー「食彩館マルシェ籠原店」に入る総菜店「でりしゃす籠原店」で買ったポテトサラダを食べた6人が腸管出血性大腸菌O157に感染し、うち女児(5)が意識不明の重体、男児(4)と女性(60)が重症になったと発表した。
埼玉と群馬の総菜店で購入したポテトサラダを食べた12人が腸管出血性大腸菌O157に感染した集団食中毒で、埼玉県は24日、8人の感染者が出た熊谷市の「でりしゃす籠原店」で全従業員と調理室を調べた結果、菌は検出されなかったと発表した。
食中毒を避けるためにも食品や調理器具の扱いには注意したい。
例えば、「食品や調理器具に細菌を付けないこと」「付着した細菌は増やさないこと」「食品をよく加熱すること」などが考えられる。
Free illustration: Virus, Microscope, Infection - Free Image on Pixabay - 1812092 (47251)

ポテトサラダを食べた女の子は「溶血性尿毒症症候群(HUS」を発症。
ほかにも男性8人が食中毒の被害に合いました。

お店ではポテトサラダを「お客様が好きだけ盛る」という「グラム売り」が行われていました。

つまり冷たい場所ではなくO157など食中毒を引き起こす菌が繁殖しやすい環境にスーパーはあったのです。
埼玉県熊谷市のスーパー「食彩館マルシェ籠原店」に入る総菜店「でりしゃす籠原店」で買ったポテトサラダを食べた人が腸管出血性大腸菌O157に感染し、女児(5)が溶血性尿毒症症候群(HUS)で意識不明の重体となるなどした食中毒で、県は22日、同市内と前橋市内の系列店のポテトサラダを食べた客からもO157が検出されたと明らかにした。
 焼き肉チェーン店の集団食中毒事件をきっかけに、生の肉を食べる危険性が改めて浮き彫りになった。若い人ほど肉を生で食べる習慣が根付いているが、「新鮮だから大丈夫」との誤解も少なくない。
梅雨から夏にかけては食中毒が気になる季節。気をつけなくては! と思ってはいても、具体的な方法は……何だかおぼろげ。
Free photo: Dirty, Hand, Palm, Soil, Sand - Free Image on Pixabay - 2562268 (47256)

O157は特別な菌ではなく、私たちの身体の中にも存在しています。
このうち、激しい腹痛を引き起こすモノがあり、「病原性大腸菌」と呼ばれ、飲食業やサービス業など食べ物を扱うお店では注意が必要です。

普通の食中毒では100万個の菌が発症の目安となりますが、病原性体調菌O157は100コくらいでも発症の可能性があります。
 各地で食中毒が相次ぎ、保育園や高齢者福祉施設が警戒を強めている。埼玉県と群馬県では今月、総菜店で購入したポテトサラダを食べた12人が腸管出血性大腸菌O157に感染し、5歳の女児が一時重体になった。
埼玉県熊谷市のスーパー「食彩館マルシェ籠原店」に入る総菜店「でりしゃす籠原店」のポテトサラダを食べた6人から腸管出血性大腸菌O157が検出された問題で22日、前橋市内の系列店でポテトサラダを買って食べた1人からもO157が検出された。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

食べ残された給食になぜ異物が混入されていたのか? 老舗弁当会社が犯した許されない罪

食べ残された給食になぜ異物が混入されていたのか? 老舗弁当会社が犯した許されない罪

神奈川県大磯町立中学校の給食が大量に食べ残された問題。その給食にはプラスティック片、虫などのゴミが紛れ込んでいました。学生の大切な時間の1つである給食。飲食業として許されない異物混入を犯してしまった老舗弁当会社。なぜ、こんな会社に長年給食作りを依頼してしまったのか?
鈴木康平 | 527 view
なぜ沖縄の若者4人がチビチリガマを荒らした? 「心霊スポット」や「肝試し」という名の死者への冒涜行為!

なぜ沖縄の若者4人がチビチリガマを荒らした? 「心霊スポット」や「肝試し」という名の死者への冒涜行為!

太平洋戦争末期の沖縄戦は多くの死者がでた悲惨な時代。集団自決に追い込まれた沖縄県読谷(よみたん)村では83人の死者の冥福を祈るため、「チビチリガマ」で遺品などが備えられています。そんな死者や遺族にとって大切な場所を心霊スポットの肝試しとして若者4人が荒らしました。安らかに眠る死者を冒とくする行為。なぜこんな残酷な事ができたのでしょう?
鈴木康平 | 832 view
バーベキューで毒キノコを食べた3人が入院 アウトドアで気を付けたい「キノコの見分け方」

バーベキューで毒キノコを食べた3人が入院 アウトドアで気を付けたい「キノコの見分け方」

愛知県名古屋市の公園でバーベキューをしていた男性3人が病院に運ばれ、入院しました。原因は公園に生えてた毒キノコを食べた事。バーベキューならスーパーで買ったキノコを食べればよいですが、山登りなどほかのアウトドアをする人は遭難などで野生のキノコを食べざる負えない事もあるでしょう。毒キノコと食べられるキノコ。見分け方はなんでしょうか?
鈴木康平 | 266 view
ヤマカガシに噛まれ意識不明の重体になった10才男児! マムシより強い毒を身近な蛇の怖さ!!

ヤマカガシに噛まれ意識不明の重体になった10才男児! マムシより強い毒を身近な蛇の怖さ!!

29日に兵庫県の10歳の男の子が毒蛇であるヤマカガシに噛まれ、意識不明の重体となる悲惨な事故が起きました。毒がないと思われていたヤマカガシですが、マムシより強い毒があるとわかりました。噛まれたらどうやって対処すればよいでしょうか?
鈴木康平 | 360 view
「誰か助けて・・・」 夏休みの海水浴場で溺れて死亡する事故はなぜ起こる? まだ7月なのに止まらない海での死亡事故

「誰か助けて・・・」 夏休みの海水浴場で溺れて死亡する事故はなぜ起こる? まだ7月なのに止まらない海での死亡事故

家族や友達、恋人と海に遊びに行く人が多い夏休みシーズン。夏本番はこれからという7月の終わりですが各地の海水浴場で溺れ、死亡した人たちの悲しい事件が報告されています。子供だけでなく大人も足がつったり、波にさらわれたりして溺れる海の事故。なぜ起こるのか?
鈴木康平 | 1,896 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平