2017年1月2日 更新

車離れはどうして起こる? 生活必需品から「あれば便利なアイテム」になりつつあるのか?

結婚はしたいけど、恋人を作るのはいろいろと面倒……。車はあまり乗らないからレンタカーで十分。 若者の「●●離れ」が叫ばれています。代表的なのは車がいらないと言う若者。40代から60代なら必須となったモノが今の若い人には必要ない……「免許は更新するけど、マイカーを購入する気はありません」。何が原因でそうなってしまったのか?

182 view お気に入り 0

●車はモテる手段ではなく、あくまで移動手段です

若者の「恋愛離れ」や「新聞離れ」が騒がれるようになって久しい。ほかにも「車離れ」や「外食離れ」といったものから、「犯罪離れ」「交通事故離れ」まで、何かと「〇〇離れ」がメディアを賑わせている。
テーマは若者の車離れ。定年間近の筆者が赤色のスポーツカーを購入した際にディーラーの販売員と交わした会話が書かれている。
Free photo: Capri, Ford, Oldtimer, Automotive - Free Image on Pixabay - 790722 (368)

可愛い女の子を助手席に乗せ、デートスポットにスポーツカーで繰り出す……そういう人もいますが、車に関心がある若い男性は少なくなっています。

車は簡単に買えるものではありません。スポーツカーとなると財布の紐が固くなるのも頷けます。

しかし、車は単なる移動手段でしかない。そう考える人も増えています。税金や保険など維持費がかかる車。仕事で営業車を貸してもらえるなら、自分で購入する必要はない。そう考えている人も多いようです。
 食品宅配、いわゆる「出前」市場の成長が続いている。高齢者などが主な利用者と見込まれていたが、今では一人暮らしの若者などの利用も増加。スマートフォンの普及などで顧客の裾野は広がっている。外食チェーンも有望市場と見込んで宅配サービスを拡大しようとしているが、意外にもサービス実施店舗の数は伸び悩む。成長を阻んでいるのは「若者の車離れ」だ。

●自動車メーカーも対応をしているようですが……

2016年の国内新車販売が500万台を割り込む見通しだ。東日本大震災のあった11年以来5年ぶりの低水準となる。
【フランクフルト=加藤貴行】世界の自動車大手が若者らの「車離れ」を商機にしようと動き出した。欧州首位の独フォルクスワーゲン(VW)と2位の仏グループPSAは、ヒトのあらゆる移動にかかわる「モビリティーサービス」の新ブランドを設定。カーシェアリングなど車を持たない消費者との接点を増やし、利用料で稼ぐモデルを作る。
Free photo: Street, Road, Straight, Endless - Free Image on Pixabay - 918852 (374)

ネットを見ていると、時折「若者の◯◯離れ」ということばがあらわれる。そもそもはメディアが「若者のテレビ離れ」「若者の海外旅行離れ」「若者の酒離れ」などと報じた結果、その度にネット上であれやこれやと議論されているものだが、「若者の車離れ」ということばもよく目にする。
車に乗らない生活が珍しくなくなっているが、あらためて自動車技術を身近な生活と結び付けようとする取り組みが広がっている。
電車やバスなど公共交通機関の充実さも車離れに影響を与えています。
都市部では車がなくても仕事や私生活に支障がない場合が多く、必ず必要というわけでもなくなってきています。

マイカーは便利だけどあればいい……車離れにはそんな側面があります。
仕事が車を使う場合も営業車が与えられるケースも……

自動車メーカーは趣向を凝らしたイベントで、自社製品のアピールをしています。イベントの多くは車を身近に感じてもらう面白そうなもの。それが車離れにブレーキをかけてくれるといいのですが……

●まとめ

カッコイイ車に憧れる人もいるでしょう。しかし、車の購入でローンや借金をするリスクを考えると、購入を躊躇する人も多いようです。

好景気により給与が右肩上がりなら、ローンや借金のリスクも前向きに考えるかもしれません。しかし、来年の自分の立ち位置も不透明な日本の経済状態。

恋愛や車に興味をもつより、ひっそりと暮らしたい。そう考えるのも納得な部分がありますね。
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

飲み会が嫌いなのではない!お前(上司)が嫌いなのだ!

飲み会が嫌いなのではない!お前(上司)が嫌いなのだ!

最近の若者は飲み会にも参加せず、付き合いが悪い。もはや新人類だ!なんてことをよく耳にする昨今。果たして、本当にそうなのでしょうか。
山岡ソースケ | 2,109 view
健康診断で「高血圧」じゃなくても血圧が急上昇する「血圧サージ」の恐怖 若い人も例外じゃない!?

健康診断で「高血圧」じゃなくても血圧が急上昇する「血圧サージ」の恐怖 若い人も例外じゃない!?

高血圧による生活習慣病。健康診断のコレステロール値も問題ないし、30代の自分には関係ない。しかし、血圧サージによる血管へのダメージは若い人も例外ではありません。高血圧の人はもちろん、血圧な正常な人も注意しなければいけません。
鈴木康平 | 172 view
「孤独死が怖い!!」 独りぼっちで死ぬのがイヤなアナタに江原啓之が届ける言葉のパワー

「孤独死が怖い!!」 独りぼっちで死ぬのがイヤなアナタに江原啓之が届ける言葉のパワー

離婚や癌宣告、配偶者の死、未婚・・・私たちの生活は数十年前とは違い、独りぼっちで死ぬ環境が整いつつあります。自由度が高まり、幸せの定義が曖昧な時代。独りぼっちで死ぬ事が「不幸」と思っていませんか?そんなアナタに江原啓之氏が届けたい言葉。これらを紹介します。
鈴木康平 | 1,010 view
逃げるが勝ち!? 「戦ってはいけない残念な人」には相手をせず逃げましょう!!

逃げるが勝ち!? 「戦ってはいけない残念な人」には相手をせず逃げましょう!!

肩書や立場だけを誇示し、態度を変える人。もし、職場にそういう残念な人がいるなら相手をせずに「逃げたほうが勝ち」です。時間は有限といいますが、アナタ自身の心身エネルギーも有限です。言っても無駄な人とは相手をせず、自分や大切な人のために使いたいですね。
鈴木康平 | 2,831 view
アルコール依存症を防ぐには「1人酒」を避ける!? 専門医が指摘する要注意サインとは?

アルコール依存症を防ぐには「1人酒」を避ける!? 専門医が指摘する要注意サインとは?

アルコール依存症は国内で5万人が治療を受けています。治療を受けていない人を含めると、かなり多くの人がアルコール無しではいられない身体になっているのかもしれません。薬物治療を専門にする医師が傾向する「1人酒」。お酒との付き合い方をきちんとできていますか?
鈴木康平 | 716 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平