2017年9月29日 更新

「TV界で最も稼ぐ女優」ソフィア・ベルガラ6連覇!”美しすぎる”ヌードを披露した心境とは?

米Forbes誌が「世界で最も稼いだTV女優2017」のリストを発表し、TVドラマ「モダン・ファミリー」のソフィア・ベルガラが6年連続1位という快挙を達成!実は、収入の内、ドラマの出演料は4分の1。残りは企業とのライセンス契約やTVCMなどのタイアップにより大幅に加わった金額だそう。最近では、女性健康誌「Women’s Health」で全裸ヌードを披露したことでも話題に。そこにある彼女の心境とは?

675 view お気に入り 0
毎年恒例、経済誌『フォーブス』の「テレビ界で最も稼ぐ女優」ランキング。2016年6月から1年間の収入に基づく最新の順位が発表されました。
「テレビ界で最も稼ぐ女優」ランキングで今年1位に輝いたのは「モダン・ファミリー」のソフィア・ベルガラ(45)。
 (53695)

コロンビア出身の女優ソフィア・ベルガラが1位を死守。

なんとこれで6年連続!
フォーブスが9月26日に発表した最新の「世界で最も稼ぐテレビ女優ランキング」で、コロンビア出身のソフィア・ベルガラが再びトップに輝いた。6年連続で首位を維持したベルガラの今年6月1日までの1年間の収入は、およそ4150万ドル(約46億6200万円)だった。
 (53705)

2015年には「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」殿堂入りしたソフィア
同誌によると収入の内、実は、ドラマの出演料は4分の1。残りは企業とのライセンス契約やタレントエージェンシー業、講演料などだそうです。

1位になった勝因に「ビジネス」でも手腕

今年のソフィアの収入は前年比の66%増加しており、「モダン・ファミリー」への出演料に加え、化粧品や「ヘッド&ショルダーズ」といったシャンプーなど複数のCM契約が大きく貢献したようです。
 (53697)

また、「EBY」と呼ばれる下着のビジネスでも成功。

同社は女性の下着を提供し、純売上高の10%は女性起業家のためのスタートアップ資金の小額ローンを提供する「The Seven Bar Foundation」に寄付されるのだそう。

EBYの共同設立者ソフィア・ベルガラとレナータ・ブラック。
ベルガラの収入は、多くがドラマへの出演料ではなく企業とのエンドースメント契約やライセンス契約によるものとなっている。「ビジネス・ファースト」の考え方が、ほかの女優たちとの大幅な収入の差につながっていると言える。
ランキングで2位につけたケイリー・クオコの同期間の年収は、2600万ドルだった。ドラマ「ビッグバン・セオリー」の一話当たりの出演料は100万ドルとなっており、ベルガラの2倍以上だ。だが、エンドースメント契約などを結んでいる企業の数は多くない。
 (53699)

「EBY」のアンダーウエアは9月販売開始で、デザインはもちろんのこと着心地にこだわった大人のための下着が用意されているそうです。
彼女自身も、モデルを務めています。↓↓↓
43 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん