2018年1月2日 更新

大晦日の風物詩「除夜の鐘」に騒音苦情|取り払うべきはどちらの煩悩か…

大晦日の風物詩と言えば除夜の鐘。ゆく年の煩悩を取り払うのを目的として行われるこの恒例行事が存続の危機に立たされている。「音がうるさい」と近隣住民の苦情などで自粛するケースが相次いでいるというのだ。

131 view お気に入り 0

大晦日の風物詩、除夜の鐘とは

 (71459)

除夜の鐘(じょやのかね)は、日本仏教にて年末年始に行われる年中行事の一つ。12月31日の除夜(大晦日の夜)の深夜0時を挟む時間帯に、寺院の梵鐘を撞(つ)くことである。除夜の鐘は多くの寺で108回撞かれる。
除夜の鐘は多くの寺で108回撞かれる。この「108」という数の由来については、次のような複数の説がある。格別にどれが正しいということはないが、一般には煩悩説が有名である。

・煩悩の数
眼(げん)・耳(に)・鼻(び)・舌(ぜつ)・身(しん)・意(い)の六根のそれぞれに好(こう:気持ちが好い)・悪(あく:気持ちが悪い)・平(へい:どうでもよい)があって18類、この18類それぞれに浄(じょう)・染(せん:きたない)の2類があって36類、この36類を前世・今世・来世の三世に配当して108となり、人間の煩悩の数を表す。

・1年間
月の数の12、二十四節気の数の24、七十二候の数の72を足した数が108となり、1年間を表す。
なお、寺によって撞く回数は108回と決まらず、200以上の場合などがある。
除夜の鐘といえば日本の大晦日の風物詩。

筆者も幼少期には親に連れられて、近所の八幡宮に鐘をつきにいったものである。

ゴーン…という心地よい余韻をまとった音は、それはそれは情緒があって、素敵なイベントと思っていたものであるが…。

「除夜の鐘がうるさい!」苦情が元で除夜の鐘を中止する寺が増加中

 (71460)

大晦日の伝統的な行事の一つ「除夜の鐘」。ゴーンと鳴り響く鐘の音を聞くと、「今年も終わったなあ」と感じる人も少なくないだろう。ところが近年、近隣住民の苦情から、「除夜の鐘」を中止せざるをえなくなった寺もある。
東京都小金井市の曹洞宗「千手院」は、近隣住民への配慮で、2014年から「除夜の鐘」を自粛している。住職の足利正尊さんによると、老朽化した寺と保育園の建替えの際、鐘の配置が変わったことが背景にあるという。
確かに興味がない人や、今まさに寝ようとしている人にとっては「うるさい」と感じることもあるのだろう。

0時をまたぐ深夜帯に行われるが故に、街にはそれ以外の音がほぼ無い状態とも言えるので、より大きな音に感じてしまうのも止む無いとは思う。

しかし、なんだかなぁ…という気持ちも同時にあるのは事実。

法的に見れば、お寺側もクレーマー側も、どちらにも権利がある

 (71461)

A寺は、除夜の鐘をつづけるために、騒音規制対象外とする政治活動のほか、Bさんに対する『業務妨害行為の差止請求』や、除夜の鐘をやめる義務がないことの『債務不存在確認』などの法的手段が可能です。

一方、Bさんは、除夜の鐘を規制する政治活動のほか、A寺に対する『除夜の鐘の差止請求』『損害賠償請求』などの法的手段が可能です。
もっとも、現行法令・裁判例の解釈上、A寺が除夜の鐘をやめるべき法的義務はなく、Bさんに対して損害賠償責任を負う可能性もかなり低いと思います
うーむ…一応法的にはどちらにも権利があって、どちらかが訴えたところで棄却される可能性も高いそうで。

ただ、なんでしょう。そんなことで法的措置を…なんて考えないといけないことの方が悲しい感じがしますね。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ロブスターを生きたまま茹でたらダメ!気絶させてから調理を!|スイスの行き過ぎた動物保護規定

ロブスターを生きたまま茹でたらダメ!気絶させてから調理を!|スイスの行き過ぎた動物保護規定

海産物の「活け造り」や「踊り食い」といえば、日本で言えば最も贅沢で憧れる食べ方と言えるだろう。新鮮でプリプリ、まさに海産物ならではの強みを直接味わうことができる最強の調理法と言っても過言ではない。しかしこの度、超がつく動物愛護国スイスで、ロブスターの調理法に関して新たな法律が制定されました。
山岡ソースケ | 642 view
自転車に乗る時は気をつけよう|知らずにやってる法律違反

自転車に乗る時は気をつけよう|知らずにやってる法律違反

自転車に乗る際、無意識やってしまってしまっているその行動…もしからした罰金刑かもしれません。
山岡ソースケ | 333 view
公的文書の「黒か青のボールペンで…」|ほんとに青でもOK?その理由とは

公的文書の「黒か青のボールペンで…」|ほんとに青でもOK?その理由とは

役所だったり、履歴書だったり、テスト問題だったり、「黒または青のペンで書け」というような注意書きはよく見る者の、青で提出している人を見たことがない…。
山岡ソースケ | 28,387 view
中傷デマはインターネットに流れる前に3か月以内に対応せよ! 専門家がいうビックリする理由とは?

中傷デマはインターネットに流れる前に3か月以内に対応せよ! 専門家がいうビックリする理由とは?

ツイッターに冷蔵庫で遊んでいるアルバイトの写真が投稿されたり、社外秘のデータが暴露されたり・・・本当かどうかは別にしてインターネットと企業は情報の部分で密接な関係にあります。企業イメージを大きく左右するインターネットの中傷行為。たとえデマであっても3か月以内に対応しないと大変な事になってしまいます!
鈴木康平 | 149 view
運動会では個人情報保護のためカメラ持ち込み禁止!? SNS投稿で親同士のトラブルの火種に?

運動会では個人情報保護のためカメラ持ち込み禁止!? SNS投稿で親同士のトラブルの火種に?

小学校や中学校で行われる運動会。子供たちが演技に一所懸命の取り組む姿をカメラで撮影するのが季節の風物詩。しかし、今時の運動会ではカメラ持ち込みが禁止されているケースが多いようです。変質者からの盗撮を防ぐなどの意味もありそうですが、最も大事なのはインターネットに子供の顔や名前が投稿され、トラブルを防ぐ事のよう・・・
鈴木康平 | 399 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

山岡ソースケ 山岡ソースケ