2017年12月3日 更新

ふるさと納税“未経験”が8割弱|日本では馴染み無い寄付金で「所得税と住民税」控除

「ふるさと納税」を経験している方は少なく8割弱だという結果。ふるさと納税は、寄付金の申請が行え、自分の所得税や住民税の控除になります。寄付金といいますが、お肉だったり特産品やリゾート宿泊券など、様々な「返礼品」があります。個々の年収や家族構成によりますが、実質支払った2,000円以上は控除になることが多いようです。初歩的な控除についてもご紹介します。いまなら年内まだ間に合いますよ。

37 view お気に入り 0
「寄付金」というのは、税金の控除対象(原則)になるのを日本ではあまりなじみがありません。
歴史をたどると話が長くなりますが、海外では「普通」のことなんです。
日本では控除についても海外レベルに足並みを揃え始めたのもそう古くないのですが、
ようやく「ふるさと納税」で知られるようにもなりました。

ふるさと納税の制度は“地域間の税の格差”を是正するために始まったこと

Free photo: Feeling, Love, Heart, Donation - Free Image on Pixabay - 2446129 (67279)

くくりは「ふるさと納税」という“寄付”で、金額や条件によって所得税や住民税の控除対象になるのです。
ひらたくいってしまうと、所得税や住民税が「安く」なるということです。

ただ、ふるさと納税は「見返りがある」ということで、これは“寄付”じゃないという反対意見もあります。
が……現在行っている「ふるさと納税」から、寄付ということに慣れる意味では、ひとつの方法にはなります。
しかし
「ふるさと納税に関する調査」を行ったところ、「ふるさと納税を知っているが未経験」と答えた人が76.9%にのぼることが分かった。
Free vector graphic: Money, Fund, Loan, Gift, Cash - Free Image on Pixabay - 1574450 (67280)

「ふるさと納税をしたことがある」と答えた人たちの利用する理由

1位 「返礼品がもらえるから」61.2%
2位 「住民税が控除されるから」47.3%
3位 「被災地支援ができるから」32.9%
4位 「自分や家族の生まれ故郷に貢献できるから」29.5%
4位 「思い入れのある地域に貢献できるから」29.5%
6位 「税金の使い道を自分で選べるから」25.2%
7位 「観光等で訪れた地域を応援したいから」16.3%
一番多いのは、返礼品がもらえるから。
これは、各地の産地商品や特産品などがお礼でもらえるというものです。いろいろな返礼があり、リゾートの宿泊券や、産地の食品や、お肉、物産、本から、ありとあらゆるものがあります。
寄付金額に応じて、「返礼品はコレ」とあらかじめ出しています。
人気のところは「すでに申し込みがストップ」しているところもあります。
Free illustration: Freelance, Freelancer, Idea, Job - Free Image on Pixabay - 2906725 (67278)




また、住民税や所得税が安くなるということも知っている人もいますが、
地域の活性化になればという思いの方もいます。
寄付金は何にどう使う予定なのかも、提示されていますので確認することができます。
ふるさと納税だからといって、自分の出身地でなくても問題なく、応援したい自治体を選べます。
ふるさと納税とは、個人が納めている住民税の内およそ2割を目安に自分のふるさとや応援したい自治体へ寄附することで、
年間の合計寄附額のうち2,000円を超える部分について、税の控除を受けることができます。
寄附する際には、自治体によって寄附金の「使い道」が指定でき、各地域の魅力的なお礼の品をもらえます。
Free photo: Sunset, Train, Nishi-Gifu - Free Image on Pixabay - 164023 (67281)

ふるさと納税についてもう少し詳しく

前述の通り、地方自治体に寄付をすると、寄付金額の2,000円を超える部分については、原則として所得税や個人住民税から全額が控除される。また、所得額や家族構成などにより控除額の上限が定められている。控除を受けるには、原則として確定申告が必要である。
この「確定申告」が、一般の会社員にはなかなか面倒な手続きでしたし、忘れてしまいがちです。
そのため、2015年からはある条件に適していれば
確定申告をしなくてもいい「ワンストップ特例制度」も行っています。
Free illustration: New Year'S Eve, New Year'S Day - Free Image on Pixabay - 419862 (67282)

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

超富裕層「寄付額」が多い慈善家ランキング|お金持ちが慈善活動をする意味

超富裕層「寄付額」が多い慈善家ランキング|お金持ちが慈善活動をする意味

超富裕層の寄付額が多い「慈善家ランキング」が公開されました。富裕層として誰もが知っているウォーレン・バフェット氏やビル・ゲイツも登場しています。お金もちは何故、慈善活動に積極的なのでしょうか。
夏の酷暑が続く“二度と涼しい夏はこない“|シュミレーション(スパコン)予測の未来図

夏の酷暑が続く“二度と涼しい夏はこない“|シュミレーション(スパコン)予測の未来図

「今年は猛暑」などと聞きますが、“あれ?毎年聞いているような……”。すでに日本は「酷暑」となっており、2005年頃のシュミレーション予測の通りに悪い状況へ進んでいるのです。改善されたとしても東京の夏は「涼しく」ならないという日本。夏は100日も続く暑さ、2020年から2050年は、半年が夏となり、「巨大台風」「ゲリラ雨」「熱波」など痛ましい予測。そんな恐ろしい未来の図を取り上げました。
どうして?6月は住民税が高いのか、退職したのに住民税がきた!|給与明細は6月をチェック

どうして?6月は住民税が高いのか、退職したのに住民税がきた!|給与明細は6月をチェック

ここ数日間「住民税」について、聞かれる日が続き、もうそんな時期だったのですね。6月の給与(7月給与のところも)明細で、“ん……?高い”と思ったことはありませんか。そうですね、6月にチェックする税は「住民税」なのです。知っているようで知らない「住民税」はどのように決められているのか、初歩的なところをご紹介します。
ヒトから職を奪うなら「ロボットに所得税」賛成と反対|ビル・ゲイツ氏支持“ロボット税”

ヒトから職を奪うなら「ロボットに所得税」賛成と反対|ビル・ゲイツ氏支持“ロボット税”

「ロボットが人間から職を奪うのであれば、ロボットにも所得税を払わせるべき」という理論が持ち上がり、ロボット税について対立しています。企業は猛反対していますが、ビル・ゲイツ氏やノーベル賞受賞経済学者でもあるイェール大学のロバート・シラー教授は支持。分かれるその理由は?ゲイツ氏が述べるロボット税の使い道は?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水