2018年4月14日 更新

あさイチ有働さん退局に「最後まで男前」と話題!SNSにぎわせた「あの発言」をプレイバック

NHKアナウンサーの有働由美子さんが27年間勤めた同局を3月31日付で退職していたことが分かりました。退局について「ほとんど誰も知らなかった」ことでも反響に。その退局理由とは?有働さんといえば「あさイチ」。飾らない率直な語り口で、共に司会を努めたV6の井ノ原快彦さんとともに一躍人気に。8年間の放送の中で何度となく話題になったのが、彼女の“ぶっとび発言”の数々でした。その名言のいくつかをプレイバック

257 view お気に入り 0

『あさイチ』でおなじみの有働さん退局・・

NHKアナウンサーの有働由美子さん(49)が、27年間勤めたNHKを3月31日付で同局を退職していたことが分かり反響を呼んでいます。
 (81329)

有働由美子アナウンサー
前日には、8年間メインキャスターを務めた「あさイチ」を卒業したばかりでした。

有働さんのプロフィール

男女問わず、幅広い年齢層の視聴者からも愛されていた有働さんのプロフィールについて振り返ってみましょう。↓↓↓
大阪屈指の進学校である北野高校(1学年下に橋下徹・元大阪府知事とNHKの藤井彩子アナがいる)では剣道部に所属。同級生は、かつて本誌の取材に「礼儀正しく、質実剛健なイメージでしたね」と当時の印象を語っている。
 (81330)

北野高校時代の有働さん
卒業後は神戸女学院大学文学部総合文化学科に進学。じつは弁護士を目指していた彼女の第一志望は国立大学法学部だった。しかし不合格。「浪人すると女は嫁に行きづらくなる」という父親の厳命で、同大学に入学したという経緯がある。
1991年にNHK入局。本人の希望は記者職だったが配属先はアナウンス室。初赴任地は地元・大阪だった。テレビだけでなく、ラジオ番組にも出演して天性の明るさから「大阪のオバチャンたちに人気があった」と同僚職員。
 (81332)

有働さんは1991年にNHK入局後、1994年に東京へ異動。

『おはよう日本』のキャスターに大抜擢され知名度は全国区になりました。
そして1997年には『サタデースポーツ』『サンデースポーツ』の担当になり、2001年から3年連続で『紅白歌合戦』の紅組司会に抜擢。同局を代表するアナウンサーの一人として活躍し続けてこられました。

有働さんといえば『あさイチ』

2010年からは朝の情報番組『あさイチ』のキャスターになりました。
 (81334)

飾らない率直な語り口で、共に司会を努めたV6の井ノ原快彦さんとともに、番組の顔として親しみやすいキャラクターとして人気を集めました。
64 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

小学生に「ランドセル」が原因の“腰痛”相談が年々相次ぐ・・原因は”脱ゆとり教育”?

小学生に「ランドセル」が原因の“腰痛”相談が年々相次ぐ・・原因は”脱ゆとり教育”?

情報番組で「今、子供達が背負うランドセルが大変なことになっている」と取り上げられました。近年、脱ゆとり教育で10年前に比べて教科書が大きくなり、ページ数も35%増えるなどランドセルの中身は重くなっている現状。実際、小学生の腰痛相談が年々増えている接骨院もあるとか。そこで今回は、我が子の小学校入学準備を考え始めている方に、昨今の「ランドセル事情」と荷物を軽くしようと工夫してきた地域などをご紹介します
2018年「インスタ流行語大賞」を発表!約40万語から”厳選人気20ワード”と解説を一挙公開

2018年「インスタ流行語大賞」を発表!約40万語から”厳選人気20ワード”と解説を一挙公開

今年もあと残すところとなり、平成最後の年末を迎えます。2018年はSNSの中でもインスタグラムの利用者が、より急増して、若者を中心に“インスタ映え”という言葉が、より使われた一年となりました。SNSマーケティングを手がける企業が、インスタで若者を中心に使用されたワードの内、約40万語の中から「インスタ流行語大賞」として”20ワード”を発表!その厳選した人気ワードと、その意味の解説と共にご紹介します
人気ロックバンド [ALEXANDROS]の新曲MVに反響!豪華すぎる”あの俳優”とサプライズ共演

人気ロックバンド [ALEXANDROS]の新曲MVに反響!豪華すぎる”あの俳優”とサプライズ共演

ロックバンド[Alexandros]の2年ぶり7枚目となるアルバムが、今月発売されます。俳優の木村拓哉が、主役を演じるゲーム「JUDGE EYES:死神の遺言」の主題歌が収められているのですが・・公開された新作MV「アルペジオ」に木村さん自身が出演しネットで大反響を呼んでいます。気になる登場シーンを解説します。若者に人気のロックバンドの彼らですが、今回の木村さんの出演により、さらに注目を集めました
SNSで話題沸騰!劇場版「妖怪ウォッチ」主題歌に東方神起、声優に小栗旬&ブルゾンちえみ参戦

SNSで話題沸騰!劇場版「妖怪ウォッチ」主題歌に東方神起、声優に小栗旬&ブルゾンちえみ参戦

アニメやゲームが人気の「妖怪ウォッチ」の劇場版アニメ最新作が今年も公開されます。同作は、シリーズ累計1683万人動員、興行収入186億円を突破している映画シリーズの第5弾。昨年には、ユーザーレビューが1位になるなど、今作も期待されています。先日、小栗旬とブルゾンちえみという豪華ゲスト声優の参戦が発表されるや、SNS上では話題沸騰!また主題歌に、東方神起が起用されることが決定。気になる見どころは・・
空気を読まない?コメンテーター古市憲寿の「炎上履歴」ある意味”筋の通った持論”に共感の声も

空気を読まない?コメンテーター古市憲寿の「炎上履歴」ある意味”筋の通った持論”に共感の声も

”歯に衣着せぬ”率直な物言いが、何かと話題の社会学者の古市憲寿。メディアやSNSなどで、度々”炎上”騒ぎを起こしていますが、本人は、いつも変わらぬ姿勢を貫いています。バラエティ番組では、密着取材が組まれ、幅広すぎる交友関係や、嫌いな人への持論も紹介され、注目を集めました。一見”ドライすぎる”ようにも見える発言に対し、視聴者からの”共感の声”が集まる理由とは?“炎上履歴”を振り返りながら読み解きます

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事