2018年5月17日 更新

グランドメニューも続々!「牛角」で人気の定番メニューベスト7発表!

牛角は5月23日から新たなグランドメニューを展開します。焼肉と言ったらまずは「カルビ」を注文するリピーターも多いのでは?今回は、そんな「カルビ」が3種盛りになって登場します。早速、食いしん坊すぎるライターCが一足お先に豪華新メニューをリポート!

325 view お気に入り 0
牛角は2月9日(金)から2月28日(水)まで、黒毛和牛カルビなどのメニューのチラシを持参した人に半額で提供する「年に一度の肉の日フェア」を実施しました。

当時のイベントではお笑い芸人で人気を博す「和牛」が焼肉にまつわるトークセッションを行ったり、「牛角」をテーマにした漫才や黒毛和牛の試食などを行うイベントを実施にて話題にのぼりました。
そんな牛角が、5月23日から「新グランドメニュー」を展開します。

今回は「肉メニュー」のほか、「サラダ」や「おつまみ」「生海苔冷麺」「四川風シビレ担々麺」や「デザートなど全12種類のメニューが登場。
特にオススメする新メニューをピックアップ。
まずは、パワーアップした「牛角カルビ」を紹介しちゃいます。


牛角の看板メニュー「牛角カルビ3種盛り」(1280円)になって新登場

 (84726)

今回新登場する看板メニュー「牛角カルビ」は、カルビの中で最も美味しいところだけを厳選した3種盛りです。

「プレミアム・カルビプレート」は、US産のブラックアンガスビーフのタテバラをいう部位を使用したカルビ。
特性のタレとマッチして、とってもジューシーな味わい。

「ボンレス・ショートリブ」は、牛一頭からわずか2.4kgしか取れない希少な部位。
油がたっぷり乗って、お肉も柔らかいから、ご飯が進みますよ。
自家製のタレにたっぷり付け込まれたお肉が肉肉しい。

「ブリスケットスカート」も牛一頭から、なんと約2食分しか取れないという希少部位です。
ステーキ状の1枚肉のまま、豪快に焼いてからハサミで食べ易い大きさに切って味わう食べ応えたっぷりの豪華なカルビです。
こちらも鮮度の良い脂が乗るたっぷり乗って、肉好きにはたまらないガッツリさで満足度120%。

低温調理した豚タンを堪能できる「レモンペッパータン」(490円)

白髪ねぎと低温調理した豚タンの相性がバッチリの新作おつまみは、今まであまりお目にかからなかった創作おつまみ。

中華風のドレッシングで和えたネギとタンに、レモンと黒胡椒が絶妙にマッチ。
辛めのメニューを食べた後の、お口なおしにもバッチリ。
とてもさっぱりしているのに、タンを噛めば噛むほど味わい深く、新しいおつまみの貫禄バッチリのくせになる美味しさです。

一度食べてみる価値ありの絶品メニューですよ♪
 (84728)

「青唐辛子と水菜のサラダ」(390円)

ポン酢を使用したドレッシングが青唐辛子と水菜のシンプルな美味しさを引き立ててくれます。
「ガッツリとジューシーなお肉を食べている間の箸休めに、薬味のようなイメージで召し上がってもらいたいですね。サンチュとかサムギョプサル風にお肉に乗せて食べてもらうのも相性抜群でgoodですよ」(担当者)。
 (84729)

夏にぴったりな旨辛サイドメニューも続々登場

「四川風シビレ担々麺」は、その名の通り、山椒や花椒を使用したシビレ感を忠実に再現してくれる新メニューです。
なんとシビレが5段階から選べる仕様で、シビレを感じながら楽しめる担々麺。

「黒シビレ牛ホルモン」は、鼻をツーンと抜ける爽快な香りが新しいホルモンメニュー。
プラス100円で、初心者、普通、大シビを体験できる牛角オリジナルで調合した薬味を用意。
やみつきになる劇シビや鬼シビをこの機械にお試しあれ。
 (84838)

尋常じゃない量の唐辛子をかけた「旨辛牛ホルモン」(490円)

33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

socialzine編集部 socialzine編集部


おすすめの記事

今注目の記事