2018年1月3日 更新

【姉殺しの神社】富岡八幡宮では2018年の初詣・参拝客が激減!

富岡八幡宮の宮司である富岡長子(58)が、その弟夫婦である、元宮司の富岡茂永容疑者(56)と妻の真里子容疑者(49)に日本刀で切り殺されたあの猟奇的殺人事件。犯人達は犯行後自殺し、事件そのものは終わったが…。

925 view お気に入り 0

富岡八幡宮女宮司殺人事件とは?

 (71468)

富岡八幡宮殺人事件(とみおかはちまんぐうさつじんじけん)とは、2017年(平成29年)12月に東京都江東区の富岡八幡宮近郊と敷地内で起こった連続殺人事件である。被害者は姉の富岡長子、姉が搭乗していた車の運転手、富岡長子の弟の富岡茂永、妻の真里子。運転手は傷害を負ったが命に別状はなかった。
2017年12月7日に富岡八幡宮の宮司である姉の富岡長子が、神社近郊の路上で弟の富岡茂永に日本刀で斬りつけられ、殺害された。運転手も、共謀していたと思われる富岡茂永の妻の真里子などに追跡され、傷害を追った。さらにその後、富岡茂永は共謀者の妻真里子を神社敷地内で殺害した後、自殺した
襲った2人はその後、八幡宮の敷地内に移動。茂永容疑者が刃物で女の胸や腹などを刺した後、自分の左胸付近を数カ所刺した。一連の行動は現場付近の防犯カメラに映っていた。2人は夫婦とみられる。
宮司の兄弟という職業的な特異性、そして日本刀というある意味象徴的な狂気、そして最後は犯人の自殺というどこかドラマティックなストーリー。

事件発生当時はワイドショーでもかなり大きく取り上げられ、このニュースを耳にした人も多いだろう。

しかしその後は日馬富士の話だ寝屋川の事件だが台頭してきて、もはや過去の話になっていた富岡八幡宮であったが…。

初詣を機に、再び思い出される事件

 (71482)

1627年創建の同八幡宮は「深川の八幡様」として親しまれ、正月は例年、多くの人でにぎわっていた。参拝客によると、これまでは鳥居の外まで行列ができ、社殿にたどり着くまで30分待ちの年もあったが、今年はほとんど待つことなく参拝できたという。
初詣で30年以上通っているという同区枝川の会社経営の男性(61)は「今までにないほど閑散としていてびっくりした。悲惨な事件だったので、その影響で来ない人も増えたのではないか」と驚いた様子
初詣と言えば、年明けに神社や寺にお参りをし、一年の感謝を捧げたり、新年の無事と平安を祈願したりする日本の伝統行事。

富岡八幡宮は歴史ある神社だったからこそ、例年多くの参拝客が訪れていたようで。

さすがにいざ参ろうと思えば、どうしても忘れていた記憶が呼び覚まされてしまうのも仕方ないのだろう。
初詣とは、日本の伝統行事の1つである。新年を迎えて最初に神社や寺院(教会)へ参拝し、その年1年の平安無事を祈願する行事である。
平安無事を祈願をしに行く場所が、血生臭い事件にゆかりのある土地となってしまっては、どうしても縁起が悪い。

そもそもそこまで信心深く初詣を行っている人も少なくなってきているでしょうから、そういう事件があったところにわざわざ進んで行こうとは思わなそう。

初詣客:「神様に罪ない」

 (71483)

25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【米国発】浮気の復讐は「うんこタトゥー」!?恐るべき事件の顛末とは…

【米国発】浮気の復讐は「うんこタトゥー」!?恐るべき事件の顛末とは…

海外製の事件というのは日本国民の予想をはるかに上回る結果をもたらすものがよくある。今回はアメリカから。彼女に浮気をされ、怒りに燃える彼氏が行った驚くべき復讐とは…
山岡ソースケ | 818 view
【戦慄】「鬼ごっこしよう。しないと殺す」→数を数えている間に逃走して無事

【戦慄】「鬼ごっこしよう。しないと殺す」→数を数えている間に逃走して無事

不審者や危険な事件があった時に通知が入る緊急情報サービス。毎度毎度衝撃的なニュースが飛び込んでくるのだが、今回もかなり衝撃的な通知が入ってきました。
山岡ソースケ | 579 view
【騒ぐ野生の血】ペットの犬が飼い主2人を殺害?自宅に血だらけの遺体

【騒ぐ野生の血】ペットの犬が飼い主2人を殺害?自宅に血だらけの遺体

古くから人間との交流を続け、今ではペットというよりも家族として、確実な地位を確立した犬。しかしそこはやはり動物、野生の血がひっそりと眠っているのかもしれません。
山岡ソースケ | 671 view
貧困が招いた悲劇?|最終電車に抱きついた男を逮捕

貧困が招いた悲劇?|最終電車に抱きついた男を逮捕

アベノミクスだなんだのと言っているものの、一般的なサラリーマンに関してはなかなか景気の良さを実感できない今日この頃。そんな真綿で首を締めるような貧困が招いたのか、変な事件が起きています。
山岡ソースケ | 342 view
【ショック】ネットアイドルの引退を惜しみ、48歳の男性が本人の目の前で切腹!

【ショック】ネットアイドルの引退を惜しみ、48歳の男性が本人の目の前で切腹!

どこの世界にもファンというものは存在するが、とりわけその熱量が大きいのがアイドルファンと言えるだろう。アイドルのためなら金も命も惜しまない……そんな姿勢が、思いもよらない事件を巻き起こします。
山岡ソースケ | 981 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

山岡ソースケ 山岡ソースケ