2020年4月5日 更新

可能性を目覚めさせる「第3の活動」を見つけるコツ|あなたの仕事・生活にも影響

人生には仕事をしなくてはいけない第1の活動、そして生活やプライベートの第2の活動時間があります。しかし、すべてに大きな影響をあたえ可能性を目覚めさせる方法に「第3の活動」があるといいます。人生の転機になるかもしれない第3を見つける“コツ”をご紹介します。

339 view お気に入り 0
Free photo: Childhood, Child, Flight, Free - Free Image on Pixabay - 1884281 (3475)

第1の活動(仕事)や第2の活動(家族・プライベート)はもちろん大事だが、人生それだけではつまらない。そんな考えの人が始めているのが、この第3の活動だ。
「第1」「第2」の活動といえば、何を思い浮かべるでしょうか。
一般的でも野望でも夢でもかまいません。何を第3に選ぶと
いい影響もあるかを考える方法も紹介されています。

第3の活動を見つけるコツ

Free illustration: Apple, Fruit, Selection, Especially - Free Image on Pixabay - 1632919 (3476)

最初に教えてくれたのは、第3の活動を選ぶときに間違いがちな点だ。多くの人がついやってしまうのが、「流行っているから」「将来、仕事に役立ちそうだから」といった理由で活動を始めるというのだ。いわば、打算で動くパターン。
「結果的にそれが好きになればいいのですが、そうでなければ、けっこう中途半端なことになってしまいます。ですから、やっぱり純粋に好きなことをしたほうがいい。それはこれから見つけるというより、今までやってきたことの中にある気がします。
Free photo: Beauty, Woman, Flowered Hat, Cap - Free Image on Pixabay - 354565 (3477)

本を読むことや物を作ること、人とコミュニケーションすること……、何かを好きだという気持ちは、自分の歴史の中にあるのではないでしょうか。
ひょっとすると、子どもの頃にすごく夢中になっていたことにヒントがあるかもしれませんね」(有川さん)
Free illustration: Use, Usefulness, Consumer, Customer - Free Image on Pixabay - 1521128 (3479)

どうせなら、「実用的なこと」や「自分の役に立つこと」と考えてしまいがちです。
それもそのはず、時間を使うと思えば、忙しい中から時間を作ろうとするのであれば、
なにかためになることをしようと考えてしまうものです。

しかし、ここから長続きできない選択をしてしまっていることがあります。
「楽しくない」ことに、時間を投入できるでしょうか?
頭で考えただけでも難しいですね。だって「仕事」じゃないんですから。
生活のために仕事をする、本当は好きなことを仕事にしてほしいと思いますが、
世の中そんな希望通りの生活をできている人は少ないわけです。

年間通しての第3時間に費やす時間の割合は少ないはず。
それならば、せめて“好きなこと”でなければ継続できない可能性があります。
Free photo: Kid, Children, Baby, Kiddie, Summer - Free Image on Pixabay - 1365105 (3480)

「 こどもの頃 」 好きだったこと、ワクワクしたころ、心躍る思いをしたこと、
よく思い返すと、そういえばあんなことが好きだったなぁ、と忘れていたことを思い出すではないでしょうか?

私でいえば、第3は「ライター」でした。
子どもの頃から絵をかく、詩をかく、自分資料を作成する。など、
何時間でも続けて飽きずに行っていたことです。
そうして、第3の時間は、今は第1と第3の共有と変わったわけです。
そうした自分の中に眠るワクワクを認識すること。そして、それに取り組んでみること。それが、いずれ立派な第3の活動にまで成長する可能性があるのだ。
Free photo: Child, Husband, Play, Kite, Wind - Free Image on Pixabay - 510604 (3481)

28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

エゴは人生の落とし穴|心の中に潜む“優越感・思い上がり”に支配されない方法

エゴは人生の落とし穴|心の中に潜む“優越感・思い上がり”に支配されない方法

エゴは「誰にでも存在」しています。ある時ムクムクと起き上がり、“思い上がり”や“必要以上の優越感”は、あなたの足を引っ張り突き落とす危険にかわります。ビジネス、ライフスタイル、名誉と、大切な人生を落としてしまう「失敗」に終わるもの。本来は気持ちを良い意味で欲情させ進み続ける言動力になるはずですが……人に恵まれない、仕事に恵まれない、お金がない、親の教育が悪い、など外部の責任にしているのは、自分の中の“エゴ”だともいいます。エゴに支配されないコントロール方法をご紹介します。
socialzine管理部 | 1,285 view
潜在意識の病かも“イップス”|スポーツ選手だけじゃない!ビジネスマンにも現れる

潜在意識の病かも“イップス”|スポーツ選手だけじゃない!ビジネスマンにも現れる

ゴルフをする人ならよくご存じかと思います。ここ数年では、野球選手ほかスポーツ選手をも苦しめる「イップス」ですが、あのイチロー選手も高校生の時に苦しんだといいます。この「イップ」がビジネスマンにも見られるようになっているようです。「なりやすい人はこんな人と対処方法」あなたは大丈夫でしょうか?
socialzine管理部 | 14,011 view
年収に差「初対面で自分を印象づける」努力|準備と話し方“苦手を克服する方法

年収に差「初対面で自分を印象づける」努力|準備と話し方“苦手を克服する方法

どんな仕事に携わっていたとしても、誰とも話をしない生活は「ない」と言えますね。人の印象は見た目、そして話し方や仕草、相手の発言に印象を大きくかえます。社会人なら、相手に”いい”印象を与えたいものです。初対面の印象に気をつけている人ほど“年収”も高いようです。コンサル業界にいた個人の意見も含めて、初対面で自分を印象づける「見せたい自分準備」と「話し方」の初歩をご紹介します。
socialzine管理部 | 351 view
あなたは真の「夜型」かもしれない|無理に朝型にする必要なし“夜更かしを満喫”

あなたは真の「夜型」かもしれない|無理に朝型にする必要なし“夜更かしを満喫”

少々面白い記事を発見しました。朝型が全てにおいて優れており、脳にもよく朝活実行話はよく取り上げられてきました。しかし……周囲で朝に強い男性は少ない気がします。わかっているけど起きられないんだから、そうですそうです。ならば朝を気にせずたっぷり夜更かししてしまえ‼実は朝型ではなく、あなたは「夜型人間」だったかもしれませんよ。
socialzine管理部 | 1,973 view
仕事でつい出てしまう「言い訳」をやめる方法|“悪いクセ”理由と説明は言い訳と違う

仕事でつい出てしまう「言い訳」をやめる方法|“悪いクセ”理由と説明は言い訳と違う

気をつけていても、仕事でつい出てしまう要らぬ事は、幾つかありますね。今回は、“成功”や“成長”までも妨げる危険な癖の代表ともいえる「言い訳」を考えてしまう悪い癖を取り上げます。わたしは「言い訳なんてしません」そう思う人の中にも、「ほら、それが言い訳ですよ」というものがあります。言い訳と理由・説明は違うということに、気が付かない人にもなりたくないですね。少し気になる「言い訳」を、やめる方法を取り上げてみます。
socialzine管理部 | 2,801 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

socialzine管理部 socialzine管理部