2017年3月7日 更新

人を愛しすぎる姿がクセになるドラマ「奪い愛、冬」ラスボス?倉科カナの“不敵な笑み”が最高視聴率! 続編望む声も

倉科カナが主演するドロドロの恋愛ドラマ『奪い愛、冬』(テレビ朝日系列、毎週金曜23:15〜 ※一部地域を除く)が、ついに、3月3日に最終回を迎えました。カオスな争いに「ツッコミが追いつかない・・!」とネット上をざわつかせるなど、早くから話題に上りました。そんな、”ドロキュン”(ドロドロした恋愛)という新語を生み出した?ドラマ「奪い愛、冬」を振り返ってみましょう!

222 view お気に入り 0
倉科カナが主演するドロドロの恋愛ドラマ『奪い愛、冬』(テレビ朝日系列、毎週金曜23:15〜 ※一部地域を除く)が、ついに、3月3日に最終回を迎えました。

倉科と水野の言い争いが“カオス”過ぎてネット上をざわつかせる一幕があったと話題です。
 (9406)

同ドラマは、平均視聴率8.0%を記録。
全7話における過去最高の数字を更新し、「有終の美」を飾りました。

「奪い愛、冬」を振り返って

鈴木おさむが脚本を手掛けるこの作品は、倉科が演じる主人公・池内光とその婚約者・奥川康太(三浦)を中心に、さまざまな男女が入り乱れ、愛を奪い合うさまが描かれたオリジナルドラマです。
光は、公私ともに充実していましたが、彼女の前に突如、かつて死ぬほど愛した元カレ・森山信(大谷亮平)が現れたことから事態は急転。

婚約者がいるにもかかわらず、その心はどんどん元カレを求めていき、そこに妻・森山蘭(水野美紀)も深く加わってドロドロの展開が繰り広げられていました。
 (9407)

この最終回では、婚約者だった康太と別れ、ようやく奪い返した元カレ・信と一緒になる道を選んだ光でしたが、その矢先、信が病で余命わずかであることが判明。

さらに、康太が信の妻・蘭の重大な秘密を暴いてしまいます。それは、蘭と信が結婚するきっかけとなった、蘭の足のケガに関する秘密でした・・
 (9408)

その直後、信がまたしても倒れてしまいます。光から信の健康状態について聞かされ、激しく取り乱した蘭は、何が何でも夫を取り返そうと決意。

足のケガの秘密やこれまで語られることのなかった“本音”を明かし始めます・・
それに対し、光が感情を剥き出しに「(蘭さんを)許さない!」。蘭も「愛してたんだも〜〜ん!」。光「私だって愛してた」と、信を巡っての“愛してた”合戦が開始。
続けて蘭は、光にナイフを向けながら「私の愛の方が重いんだから!」と攻めの姿勢を見せると、光は冷静に「なんであなたの愛の方が重いってわかるんですか? 誰が決めたんですか? 刺しなさいよ、ほら!」とこれまでの光とは一変し、声を荒げて強気な姿勢で応戦。
 (9409)

ネット上では、このやり取りに「ツッコミが追いつかないやり取りw」「何このバトル」「子どものケンカか!」「カオスすぎる」というコメントが多数あがっていた。
その後、信は「(蘭に)行こう」と、光の前から去ってしまい・・・。
大切な人を失い、呆然とする光ですが、そんな中、信が康太に、光への“決死の伝言”を託すも、光を愛する康太は「そんなことできるわけない」と跳ねのけて・・・。
41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2019年「アカデミー賞」授賞式で”伝説ジュエリー” 復活!最も絶賛されたベストドレッサーは?

2019年「アカデミー賞」授賞式で”伝説ジュエリー” 復活!最も絶賛されたベストドレッサーは?

ノミネート作品や受賞者にダイバーシティ(多様性)が反映された今年の「アカデミー賞」授賞式。毎回、話題になるのが、スターたちが、どんなジュエリーを身に着け、どんなドレスで登場するのか、ということ。最注目されていたレディー・ガガ。意外にも黒のシックな装いだった理由は?男性陣で注目を集めた人は?今年はパンツ・スーツを採用する若手女優も多い傾向に。話題となったハリウッドのトレンド色やファッションを一挙公開
「ロフト」バレンタインCM騒動・・女の友情、表面上は”ズッ友” 裏では”薄情”?SNSで賛否

「ロフト」バレンタインCM騒動・・女の友情、表面上は”ズッ友” 裏では”薄情”?SNSで賛否

生活雑貨ストア「ロフト」が、1月より展開してきたバレンタイン広告にある騒動が・・。「女の子って楽しい」とのコンセプトながら、ウェブCMでは登場する女性らが実は”不仲”と示唆するシーンが多数登場。動画をめぐりSNSで「女性蔑視を感じて不愉快」などと疑問視する声が上がり、ロフトは、その後広告を取り下げました。しかし、この風刺的なCMを楽しいと思った人もいたようです。そんな今回の騒動について振り返ります
開催間近!音楽の祭典「グラミー賞」今年のテーマは“多様性” いま最注目アーティスト・楽曲は?

開催間近!音楽の祭典「グラミー賞」今年のテーマは“多様性” いま最注目アーティスト・楽曲は?

世界最高峰!音楽の祭典「グラミー賞」が間近に迫っています。第61回(2019年)となる今回の授賞式は、2月10日、日本時間11日に開催。近年のアメリカで重要視されているのが“Diversity(多様性)”というテーマ。グラミー賞にも大きな影響を及ぼし、今回は幾つかの変更点が生じています。グラミー賞主要4部門を中心に、今最も注目アーティストや楽曲などをチェックして、来る授賞式を楽しみにしていましょう
SNSで大反響!センター試験のキャラが「頭から離れない」アレンジされた”二次的創作品”続々

SNSで大反響!センター試験のキャラが「頭から離れない」アレンジされた”二次的創作品”続々

19日に全国開催された2019年度「大学入試センター試験」で英語のリスニング問題に登場した”キャラクター”がSNSで話題になっています。そのキャラは、問題ページを開けてすぐの第1問に登場。あまりにユニークなイラストに、受験生の反応は?瞬く間にネットで拡散され一部で「リスニング四天王」と呼ばれ始めています。さらに現在、このキャラを使ったイラストや動画など、二次創作が次々に生まれているのでご紹介します
運営側のずさんな体制が明らかに?指原莉乃、NGT”暴行”に言及「うやむやにしてはいけない」

運営側のずさんな体制が明らかに?指原莉乃、NGT”暴行”に言及「うやむやにしてはいけない」

NGT48の山口真帆さんが、自宅でファンの男2人から暴行を受けた事件で、運営側よりも先に被害者が謝罪するという事態に、AKB48グループの現役メンバーや卒業生、番組の共演者からも嫌悪感を示す言葉が噴出している騒動。HKT48の指原莉乃さんが13日放送の「ワイドナショー」に出演する前のSNS投稿が話題に。その内容とは?放送では、松本人志をはじめ、出演者の乙武洋匡や古市憲寿も加わり、議論が広がりました

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん