2017年2月13日 更新

あなたの脳「自動思考」を書いて整理|ストレス、不安、疲れた時こそ要注意 

疲れているのか、寝不足なのか、原因がわからないけど「モヤモヤ」「イライラ」なにか引っかかることがある日。たまには、そんな日もありますね。もしかして頭ではわかっていることもあるかもしれません。そんな時はどんなふうにスッキリ解消させているでしょうか?実は一番簡単に自分が見えて整理できる方法があります。それは、なんのことはない「感情を書き出す」ということ。不安や迷いは意思とは関係なく“自動思考”で考え判断していくといいます。「なんだ問題はちがっていたんだ」なんてことにも気が付くようです。

488 view お気に入り 0
Free photo: Write, Plan, Business, Startup - Free Image on Pixabay - 593333 (4937)

将来への漠然とした不安や職場での人間関係の悩み……。現代のビジネスマンは、何に悩んでいるのかを把握できないほど、多くのストレスを抱えています。
そんなときはまず、1つずつ悩みを書き出して思考を整理してみることをお勧めします。なぜなら、悩みは「思い込み」であるケースが多々あるからです。
悩みを書き出すと聞くと、メンタル面には興味はないと言われる方がいるかもしれません。
頭で悩み迷っているのではなく、日頃からほとんどの自己判断を「無意識」に行なっているといいます。
無意識で判断していることを、ひとつひとつ熟考していては、
どんなに時間があっても、ひとつを掘り出して解決することすら難しいものです。
Free photo: Letters, Leave, Pen, Parking Ticket - Free Image on Pixabay - 1500992 (4935)

いわば「自動思考」によって判断・行動して、生活しているわけです。
とくに、精神的に疲れているときほど、自動思考で情報を処理してしまいがちです。
この「自動思考」の判断や行動が、問題になるといいます。
処理してしまいがちな時は、健全な状況ではなく、
だれでも鈍る時である「疲れているとき」ほど起こりるからです。
Free photo: Book, Bored, College, Education - Free Image on Pixabay - 15584 (4940)

しかし、自動的な判断は、基本的にマイナスの部分を大きく捉える傾向があります。そのため、心が疲れているときほど、漠然とした不安が大きく広がってしまうのです。
そこで、書き出すことによって自分の気持ちや考えを客観的に見る「もう一人の自分」を作ることができれば、他人ではなく「自分」に相談できるようになるのです。
Free photo: Business, Career, Depressed - Free Image on Pixabay - 19156 (4939)

「書き出す」ことにより見える

こで「コラム法」と呼ばれる認知療法で、7つの質問事項を埋めていくことにより、「自動思考」を是正することができます。
まずは、現実に起きて問題となっている出来事(①状況)を記入します。次に、そのときの出来事に対する感情とその度合い(②気分)を記入します。そして、そのとき、出来事をどう捉えたか(③自動思考)を書き出してみましょう。この時点で「考えと事実が必ずしも同じではない」ことに気づける方も多いでしょう。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

”西の女帝”上沼恵美子、結婚41年目で別居・・原因は夫源病?「他人事じゃない」と共感相次ぐ

”西の女帝”上沼恵美子、結婚41年目で別居・・原因は夫源病?「他人事じゃない」と共感相次ぐ

”西の女帝”こと関西の大物司会者・上沼恵美子が結婚41年目となる夫と「別居」状態と報じられました。家庭を第一にしつつも、テレビでは元姑や夫に”毒舌”を放つなどネタと笑いにすることも多かった彼女。夫は定年後でも、趣味に没頭して、家事は一切せず・・それがストレスとして蓄積し、体調も悪化。さらに「夫源病」まで発症することに・・彼女の今回の報道にネット上では、上沼さんへの女性たちからの共声が相次いでいます
小倉優子「あさイチ」で離婚トークに思わず涙。不安赤裸々吐露

小倉優子「あさイチ」で離婚トークに思わず涙。不安赤裸々吐露

今年3月に離婚したタレントの小倉優子さんが、NHK『あさイチ』に生出演。離婚後の不安について「時間が解決してくれるのかな」と涙を流しました。また、母親としての葛藤についても率直に語る場面も。また、別の番組で、人生の大切なシーンで背中を押してくれたマイベストソング=“チカラウタ”を番組で紹介。「私と同じ若い人たちが悩みながら頑張るっていう歌。励みにさせて頂いた」と、当時のエピソードを振り返りました。
人の「地雷」を踏まないコツ|相手の4タイプ別攻略と心の地雷を検証

人の「地雷」を踏まないコツ|相手の4タイプ別攻略と心の地雷を検証

必ずといっていいほど、「ゲッ!!どうして、それを言っちゃうのかな」と、なぜか相手を怒らせてしまう人がいます。誰でもイライラしている時があるにせよ、わざわざ“地雷”を踏みにいく必要はないはずです。今回は書籍「人間関係がスーッとラクになる 心の地雷を踏まないコツ・踏んだときのコツ」の書評からと、困ったときの相手のタイプ別地雷などをご紹介します。
SNSの利用目的60%“楽しい情報を見るため”|現実は「嫉妬と承認欲求」で不幸感

SNSの利用目的60%“楽しい情報を見るため”|現実は「嫉妬と承認欲求」で不幸感

寝ても覚めても頭の中に「SNS」ということはないでしょうか?ツールに負けて不幸になっているかもしれません。随分前から言われているSNS依存についてですが、“嫉妬”そしてよくある“承認欲求”は、人の投稿をみて気持ち悪くなる人もいるそうです。しかし、利用目的理由の60%は「楽しい情報を見るため」だというのに、あえて不幸にも。思い当たるふしはありませんでしょうか、それは何もあなただけではないことなのです。
残業なしのトップ営業マン仕事術|人間の体にあわせた3サイクル活用

残業なしのトップ営業マン仕事術|人間の体にあわせた3サイクル活用

なぜか営業成績のいい人は残業もせず、日中もサボってる?と思えるのに、トップに君臨していることも。日々残業にあけくれたビジネスマンが実践した方法に面白い「サイクル術」を見つけました。人の体の3サイクルを利用した時間割は効果的なパフォーマンスとなりうるようです。だれでもすぐに試せる実践法をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水