2017年4月9日 更新

グーグル(Google)の人のチームビルディング成功術|心理的安全性に「風通し」のいい社内環境

世界のグーグル(Google)の仕事術は様々なところで伝えられていますね。仕事の生産性を上げるために必要な成功術として、「風通しのいい環境」があげられています。グーグルの福利厚生が手厚い理由、そして飲み会を重視するワケは、心理的安全性も含まれているようです。企業、そして自分の部署や仲間の、チームビルディングをするための参考になるかもしれません。

802 view お気に入り 0
Free photo: People, Crowd, Group, Team, Dock - Free Image on Pixabay - 690105 (16038)

グーグルの福利厚生「風通しのいい環境」の狙い

グーグルは無料でランチを支給したり、福利厚生の制度を充実させていることを聞いたことがある人は少なくないのではないでしょうか。外部の方から見ると、バカげたことをやっているように見えるかもしれません。
上記は大げさではありません。私個人的に、某有名な外資系にいたことがあります。
おそらく知らない方はいないと思われる米国会社ですが、
厳しい約束事があり、勤務している時も、
ここに勤めていると口外しないようにとも言われていました。
ずいぶん前に退職していながらも、やはり控えさせていただきますが、
「福利厚生」は日本企業には考えられないほどの手厚いものです。

これは、具体的にお伝えすることはできませんが、
福利厚生があまりにも充実しており、
正直言えば、出勤してから勤務時間内に使用するお金が、
本当に「少し」、もしくは何にも使わないこともあるのです。
Free illustration: Google, Social Networks, 3D, Logo - Free Image on Pixabay - 1762248 (16020)

しかし実際には、風通しのよい職場をつくるため、優秀な人材を集めるためにこれらは必要なことだと確信をもって言えます。
多くの外資系企業では、部下との面談についてルール化されているといいます。
例で言えば、週に1回は進捗状況の打ち合わせ、数か月ごとにキャリアの話をする、など。
日本の場合は、「飲み会」でコミュニケーションをと含めていたのではないでしょうか。と続いています。
Free photo: Salad, Summer, Greens, Veggies - Free Image on Pixabay - 775949 (16023)

飲みニケーションに少し似ているのは、グーグルのTGIFでしょうか。
これは「Thanks Google It’s Friday」(もとはThanks God It’s Fridayといって、週末を祝う言葉です。レストランのTGI Fridayなどもここからきています)のもじりで、毎週金曜日の午後グーグル本社で行う全社的なミーティングのことです。
ここでは、社長や幹部がプレゼンをし、質問者はそれに対して直接質問ができますが、その場には、お酒や食べ物もあって、参加者同士、フランクに議題について話し合います。
 (16025)

実際に福利厚生を体験すると、これだけで仕事がキツクても
辞めずに頑張ろういう気になるほどのものです。
風通しの良さは、何もランチが無料だからということだけではなく、
こうして福利をうけることは、どこかで誰かと繋がるということにもなります。
目指している目標の遠い存在である人物であっても、
直接話しをすることができたり、仕事の相談であったり、
目に見えない様々なケアを感じることがありました。

そうしているうちに一人前になるので、給与もかなり上がり、
また会社を去らないスペシャリストが誕生するわけです。
Free photo: Entrepreneur, Startup, Start-Up - Free Image on Pixabay - 593371 (16027)

ほかにもグーグルでは、幹部に質問ができる制度や、部活などの仕事以外の人間関係を醸成する場がたくさんあります。

こうした場は、ただ「風通しがよくなる」だけではありません。実は生産性にも大きく影響してくるのです。
42 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

シンプルにゆるく「楽」して仕事の効率を高める管理|KISSの原則は3つだけ

シンプルにゆるく「楽」して仕事の効率を高める管理|KISSの原則は3つだけ

あなたも私も、どこにいようとも、1日の長さは同じ24時間。常に平等とも言えます。効率や生産性、時間を巻いて仕事をし成功や実績を積むことに、日々躍起になることはないでしょうか。スケジュール帳、スマホを使ってタスク管理など試行錯誤を施している方も多いですね。しかし、基本に戻り、そんな「面倒」なキツイ管理はやめてみませんか?ゆるくシンプルな方法がありましたね、KISSの原則。案外たった3つの原則だけを“楽”して行うほうが、成果を出せる秘訣になるかもしれません。
Googleの人が基本使わないツール「メール」|最速ビジネスマン仕事のコツ

Googleの人が基本使わないツール「メール」|最速ビジネスマン仕事のコツ

Google(グーグル)の人が“基本”使わないツールはメールだと言います。その理由は、一言で言うと「仕事が遅くなる」からですね。そして、無駄な時間を過ごさないように、ほかのビジネスツールを上手に活用し、オープンな共有がなされています。一流の仕事ツール活用とも言える「コツ」をご紹介します。
ビジネス成功者には「疑う力」がある|新しい発見とチャンスを掴む“疑う能力”の鍛え方

ビジネス成功者には「疑う力」がある|新しい発見とチャンスを掴む“疑う能力”の鍛え方

ジョブスのようにイノベーションを起こし、ビジネスで成功するために必要なのは「疑う力」。疑う力は、リスクに備え、潤滑な対人関係、そして人生の大きなチャンスをつかむことができるそうです。しかし日本の教育では「正しく疑う能力」が育たないのです。これからでもできる「正しい疑う力」の身につけかたをご紹介します。西洋哲学の“エポケー”、そして広告業界の“ブレスト文化”がヒントになります。
ビジネスパーソンは「心の美意識」が成功の大差を生む|仕事のできない人は分からない

ビジネスパーソンは「心の美意識」が成功の大差を生む|仕事のできない人は分からない

男も女も、「美意識が分からない人」は、仕事がデキない人だといいます。書籍『きれいでなければ稼げません』の著者:渡辺ゆきよ氏が説く“3つの美意識”は、「外見」「心」「所持品」。この中から「心」を抜粋し、してほしくない「脱落評価」に当てはまる悪い実例もご紹介します。ほんの少しの「微差」は、やがて数年で「大差」を生むそうですね。
お金持ちになりたい人は“自制心”が断固必要|高収入、資産を手に入れる唯一の条件

お金持ちになりたい人は“自制心”が断固必要|高収入、資産を手に入れる唯一の条件

「自制心」それは、高学歴、高収入、高資産、健康長寿。全てを手にすることができるのではないか。なぜそう言えるのかは、有名な「マシュマロ・テスト」から導かれています。お金持ちになりたければ、富裕層にあこがれるのであれば、健康で長生きをしたいと願うのであれば、必要なのは断固「自制心」をお届けいたします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水