2017年9月11日 更新

「ONE PIECE」連載20周年を記念した体験型イベント開催!京都に麦わらの一味“上陸”

尾田栄一郎氏「ONE PIECE」の連載20周年を記念した、京都市とのコラボイベント「京都麦わら道中記~もうひとつのワノ国~」が、10月7日から22日まで京都市内で開催されます。7日には京都市役所にて、概要発表会が開催。尾田氏が描き下ろしたプロジェクトのキービジュアルが公開されました。またミッションである”麦わらの一味”を捜索する拠点「手配書課」も、この日から設置され、SNS上でも話題を呼んでいます

134 view お気に入り 0
尾田栄一郎氏の人気漫画『ONE PIECE』の連載20周年を記念して、京都市とのコラボした体験型観光イベント「ONE PIECE 20th×KYOTO 京都麦わら道中記~もうひとつのワノ国~」が、10月7日から22日まで京都市内で開催されます。
9月7日には、京都市役所にて、概要発表会が開催。

尾田氏が描き下ろしたプロジェクトのキービジュアルがお披露目されました。↓↓↓
 (49263)

尾田栄一郎描き下ろしの「ONE PIECE 20th×KYOTO 京都麦わら道中記~もうひとつのワノ国~」ビジュアル。
本プロジェクトは、同作と京都市がコラボレーションし、10月7日から22日までの16日間、京都の市中に散らばった”麦わらの一味”を探索しながら、京都の名所を巡り、その歴史や文化を感じることができるようです。↓↓↓
イベントは「ONE PIECE 20th×KYOTO 京都麦わら道中記~もうひとつのワノ国~」と題し、京都を、同マンガのストーリー上に登場する「ワノ国」に見立てて開催。
ワノ国に向かったはずの麦わらの一味が、ワノ国にそっくりな歴史都市・京都にうっかり上陸してしまったという想定のもと行われる体験型イベント。

ミッションは、「麦わら一味を探すこと」

イベントのミッションは、京都市内に散らばった麦わら一味を探すこと。
一味が訪れた場所の痕跡を巡りながら京都観光を楽しむことができ、各拠点に設置されたキャラクターのメッセージスタンプを集めると、記念品を受け取ることもできるのだそう。
「麦わらの一味」の“痕跡”を巡りながら京都観光ができるとのことで、↓↓↓
主人公・ルフィは京都駅ビル、ゾロは壬生寺、サンジは二軒茶屋などキャラクターごとに拠点が分かれており、京都駅ビルでは巨大単行本オブジェが登場するなど、各拠点で催しが行われる。
京都駅ビル、壬生寺、京都国際マンガミュージアム、二軒茶屋、京都市営地下鉄東西線など市内のさまざまなスポットに設置された、麦わらの一味のスタンプを集めると記念品が贈呈される。
なお、それぞれのスポットでは、オブジェの設置やポスターの掲出、フード、グッズの販売などを行われるようです。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん