2018年11月30日 更新

報告直筆が「美しすぎる」と話題!女優・中谷美紀、ドイツ人ヴィオラ奏者と交際2年の”大人婚”

女優の中谷美紀が、公式サイトを通じて、ドイツ出身のヴィオラ奏者との結婚を発表!2人のなれそめを紹介したほか、今後の活動の場についても綴りました。気になるお相手のプロフィールは?さらに、この日、一部スポーツ紙に寄せた中谷さんの”直筆の手紙”にSNS上では、その字が「美しすぎる」と話題に!これまで他にも芸能人が直筆を披露してきましたが、明らかな中谷さんの達筆さと知性溢れる内容に感嘆の声もあがっています

62 view お気に入り 0

中谷美紀、独ビオラ奏者との結婚発表

女優の中谷美紀さん(42)が、ウィーン国立歌劇場管弦楽団とウィーン・フィルハーモニー管弦楽団でビオラ奏者を務めるドイツ出身のティロ・フェヒナー氏(50)と結婚することが27日、わかりました。
 (101042)

同日、一部スポーツ紙で報じられ、所属事務所も「事実です」とコメント。
2年間に及ぶ遠距離恋愛を実らせ、国際結婚した。関係者によると、時期は非公表という。中谷は幸せいっぱいの2ショット写真と直筆の手紙を寄せ、喜びの心境を語った。
 (100999)

結婚を発表した中谷美紀さんとビオラ奏者ティロ・フェヒナー氏

中谷美紀さんプロフィール

 (101026)

中谷さんは、東京都出身。1993年に放送されたドラマ『ひとつ屋根の下』(フジテレビ系)で女優デビュー。
映画『リング』『らせん』、『ケイゾク』(TBS系ドラマ)、映画『電車男』、『JIN -仁-』(TBS系ドラマ)など、多くの話題作に出演。
映画『嫌われ松子の一生』『LOFT ロフト』『自虐の詩』などでは、多数の映画賞を受賞。
 (101021)

女優デビュー前は、『桜っ子クラブ』というアイドルグループの一員として、1991年から1993年まで音楽活動をしていたそうです。
1996年、ミュージシャン・坂本龍一のプロデュースによるシングルCD「MIND CIRCUS」をリリースし、音楽活動を再開。
翌1997年3月には、“中谷美紀 with 坂本龍一”名義で発売した「砂の果実」が初のオリコンシングルチャートトップ10入りとなり、33万枚を売り上げた。

砂の果実

その他にも、書籍の執筆活動も手掛けるなど多彩な活躍をされています。
74 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

すべては計算?「松居一代騒動」を友人・芸能評論家が読み解く”巧妙な”マスコミ戦略

すべては計算?「松居一代騒動」を友人・芸能評論家が読み解く”巧妙な”マスコミ戦略

夫で俳優の船越英一郎の“不倫”を主張するなど、大騒動を巻き起こしている女優・松居一代についてタレントの遙洋子が「怒っているものの、彼女らしい」ともコメント。動画も「計算です!」と断言。また、米在住のタレント・野沢直子も「大爆笑」と独自のセンスで語りました。SNSをフルに駆使した彼女の情報発信は“夫婦げんか”に新境地をもたらしたと見えましたが”この手法”は彼女の常套手段だとの声もあがっているようです
松田聖子、娘の結婚にも祝福なし。母を反面教師に“ありのまま”の生活

松田聖子、娘の結婚にも祝福なし。母を反面教師に“ありのまま”の生活

先週、明らかになったミュージカル女優・神田沙也加さんの結婚が発表されました。沙也加さんの父で俳優の神田正輝さんとの3ショットを添えて「結婚することになりました」と双方のSNSで発表し、インスタグラムで仲睦まじい写真をアップした2人には、世間からは祝福の声が寄せられていました。しかし、そこには、母で歌手・松田聖子さんの姿はありませんでした。ひとり娘の吉報にもかかわらず、公には一切の祝福コメントも出さず、といった聖子さんの異様な対応を巡ってさまざまな臆測が広がっています。
神田沙也加の結婚発表より衝撃?ネット反応「松田聖子の娘だったの?」

神田沙也加の結婚発表より衝撃?ネット反応「松田聖子の娘だったの?」

女優の神田沙也加さんと俳優の村田充さんが結婚することを26日、双方のSNSで発表されました。神田さんは自身のインスタグラムで父・神田正輝さんとの3ショットを公開し、幸せを報告しました。沙也加さんは俳優・神田正輝さんと松田聖子さんの長女ですが、2人の娘であることを知らなかったと告白する声も多く集まりました。「沙也加ちゃん結婚のニュースより、松田聖子の娘だったことが衝撃」などのコメントも寄せられました。
”M-1暴言騒動”の2人、上沼恵美子さんへ「直接謝罪」の意向。様々な業界に”深刻すぎる余波”

”M-1暴言騒動”の2人、上沼恵美子さんへ「直接謝罪」の意向。様々な業界に”深刻すぎる余波”

久保田と武智が「M-1グランプリ 2018」が終了した後インスタライブで、審査員を務めた上沼恵美子さんに暴言を吐いた問題。その2日後、ツイッターのみで2人は謝罪したものの、今週中に「直接謝罪」に出向く意向を示したようです。現在、動画は削除されていますが、ネットは今も”大炎上”。先輩芸人からも、彼らの悪しき言動にコメントを評しています。様々な業界でも”余波”が広がっています。その深刻すぎる内容とは?
新年の挨拶はスマホかSNS?変化する日本の慣習”来年から出さない”予告「終活年賀状」が話題

新年の挨拶はスマホかSNS?変化する日本の慣習”来年から出さない”予告「終活年賀状」が話題

”平成最後”となる今年。年賀状の販売が開始しました。さて、その年賀状が年々と頭を悩ませる問題に?実際、長年親しんできた年賀状のやりとりについて考える人は多く、お墓の整理、金融関係の整理、死ぬまでにやりたいことを叶えていくなどの「終活」に加え、そのあらたな形態として、今「終活年賀状」が注目を集めているようです。人間関係を整理したいから?高齢のため?事例を通して、その理由や方法についてまとめていきます

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事