2018年3月30日 更新

セブンカフェ×高梨沙羅写真展カフェ「SARA’S PROGRESS」70点以上の写真を展示

セブン&アイ・ホールディングスは3月29日〜4月4日までの1週間限定で、東京・六本木ヒルズにて「SARASPROGRESS」と題した写真展カフェをオープンしました。会場では、刷新したセブンのコーヒーが無料で提供されるほか、コーヒを飲みながら、高梨沙羅選手の成長の奇跡を辿ることができます。

190 view お気に入り 0
セブン&アイ・ホールディングスは3月29日〜4月4日までの1週間限定で、東京・六本木ヒルズにて「SARA’S PROGRESS」と題した写真展カフェをオープンしました。
会場では、刷新したセブンのコーヒーが無料で提供されるほか、コーヒを飲みながら、高梨沙羅選手の成長の奇跡を辿ることができます。
 (80777)

開催に先駆けて高梨沙羅選手が六本木ヒルズに登場

セブンイレブンジャパンが、2013年1月から発売を開始した「セブンカフェ」は、2018年2月までの累計販売数が39億杯の売り上げを達成したことを発表しました。
また2017年度の年間販売数は10億杯を突破する見込みなんだとか。

今回は、大ヒット商品でもある「セブンカフェ」を2018年3月から大幅に刷新し、全国で展開します。
 (80778)

発売以来初の大幅なリニューアルとなる今回のテーマは「よりリッチな味わい」です。
大幅に改良したポイントは「香り」「コク」「焙煎方法」の3つです。

まず「香り」は、1杯ずつにドリップ製法は変わりませんは、豆の蒸らし時間を少し長くすることでより旨みや香りを引き立てました。

「コク」を引き出すために、一杯あたりの豆の使用量を約1割も増量したことで、¥コーヒーのコクを引き出すことに成功。

「焙煎方法」では、焙煎する時には従来は2種類だったのが、3種類に増やし、旨みと深いコクが味わえる「トリプル焙煎法」を採用しました。

豆は、ブラジル産、コロンビア産、グアテマラ産などのほかに、エルサルバトル産の豆をブレンドしています。
 (80779)

実家がセブンイレブンだという高梨沙羅選手は大のセブンカフェ好き

朝は必ずコーヒーを飲むというくらいコーヒーが大好きな高梨選手の実家もなんとセブンイレブンなんです。

だから、自分で入れるコーヒーよりも、セブンカフェのコーヒーを飲むことの方が多いんだとか。
「私は毎日のようにセブンカフェを飲んでいるので、販売数にかなり貢献しているのではないかと思います(笑)」(高梨選手)。
 (80780)

従来のコーヒーと改良したコーヒの飲み比べ体験した高梨選手。

明らかにコクや香りが違うと絶賛していました。
歴代単独最多の通算勝利数55勝のポーズも

歴代単独最多の通算勝利数55勝のポーズも

3月25日には、ノルディックスキーのW杯ジャンプ女史で、個人最終第15戦が行われたことも記憶に新しい。
当地で今季2勝目を挙げたことで、高梨選手が、男女を通じて史上最多のW杯通算勝利55勝を達成しました。
本イベントでは、そんな高梨選手の勝利を祝して、55勝をかたどったサプライズケーキをプレゼントしました。

サプライズケーキの祝杯を知らされていなかった高梨選手は「自分の顔がケーキになって恥ずかしいですけれども、こんなに素敵になケーキをいただいてとても嬉しいです」とコメント。
スキージャンプのスタイルを披露してくれた高梨選手

スキージャンプのスタイルを披露してくれた高梨選手

高梨選手は「会場には、小さい頃から撮影してもらっていた写真を展示していますし、さらにスキージャンプの体験もできるので、おいしいコーヒーを飲みながら、空間を楽しんでもらいたいですし、この機会により多くの人にスキージャンプの競技を知ってもらいたいです」と語ってくれました。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

socialzine編集部 socialzine編集部