2017年11月4日 更新

「死後も稼ぐ著名人ランキング」5年連続1位マイケル・ジャクソン|死しても稼ぎ続ける驚きの額

米「フォーブス」誌が今年度の「故人セレブ年収ランキング」を発表。マイケル・ジャクソンが、5年連続の首位となり「85億円」を稼ぎました。なお彼は、昨年8億2500万ドル(約934億円)という巨額の年俸を叩き出しました。昨年に比べれば、かなりの少額となりましたが、存命中の人も含めた、全てのエンターテイナーの中で、今年も”最高額”の年収という結果に。上位ランクインを果たした他のレジェンドたちも紹介します

468 view お気に入り 0
米・『フォーブス』誌が2017年度の「最も稼いだ亡くなったセレブ」ランキングを発表しました。

1位はマイケル・ジャクソン

1位を獲得したのは2009年に急逝した“キング・オブ・ポップ”ことマイケル・ジャクソン。
過去1年間の推定年収は7500万ドル(約85億円)で、5年連続の1位をキープ。
報道によると、マイケルは2016年10月~2017年10月で7500万ドル(約85億円)を稼ぎ出した。突然の訃報から8年経った今なお色褪せないコンテンツを送り出す「キング・オブ・ポップ」の偉大さに脱帽だ。
 (62397)

2016年はソニー/ATVミュージック・パブリッシングの持ち株をソニーに売却した収益が加算され、8億2500万ドル(約939億4275万円)という莫大な年収となったマイケル。
今回はその分がないため大幅な収入減となったもののが、それでも2位のプロゴルファー、アーノルド・パーマーは4000万ドル(約45億5400万円)で約2倍の差をつけています。

マイケルの高収入の要因

マイケルの高収入の要因について、『フォーブス』誌は、今年9月に発売されたアルバム「スクリーム」の売上やEMI音楽著作権の権利、米・ラスベガスで行われたシルク・ド・ソレイユのショー「Michael Jackson ONE」によるものと推測しています。

Michael Jackson ONE by Cirque du Soleil | Official Preview of the show

▼9月に発売された最新アルバム『スクリーム』

Michael Jackson - Scream (Album Teaser)

▼米国では10月最後の週末、「キング・オブ・ポップ」を主人公にした音楽アニメ番組、『マイケルジャクソンズ・ハロウィン』が放送されました。
48 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん