2017年9月14日 更新

手のひらサイズの「ミニスーファミ」9月16日に予約開始!「ミニファミコン」の生産再開も発表

手のひらサイズに小さくなった「クラシックミニ スーパーファミコン」(通称:ミニスーファミ)の予約受付を9月16日に開始することを任天堂が公式に発表しました。本体には21タイトルが搭載されており、これまで未発売だった「スターフォックス2」を収録されるとあり話題に。また同時に、昨年なかなか手に入らないまま一時的に生産を終了していた「ミニファミコン」も、2018年に生産を再開することが明らかになりました

34 view お気に入り 0
任天堂が、手のひらサイズに小さくなった『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』(通称、『ミニスーファミ』)の予約受付を9月16日に開始することを公式Twitterで発表しました。

名作タイトルと新タイトルを加えた21タイトルを収録

内蔵ソフトのラインナップは21本。スーファミ版の目玉として、完成していながら諸事情から発売が見送られていた幻のソフト、『スターフォックス2』 を世界で初めてリリースするそうです。
10月5日に発売予定となっている“ミニスーファミ”。

10月5日に発売予定となっている“ミニスーファミ”。

昨年のミニ ファミコンと同じく、音声・映像はHDMI出力(ケーブル付属)、電源はUSB端子。スマホ充電器などのUSB ACアダプタやモバイルバッテリーと接続すれば動きます。

本体はミニ化させつつ、プレイしやすいようにコントローラーは当時のサイズのままで再現しているところも、ファンに評価されているよう。
ミニスーファミは「スーパーマリオワールド」や「聖剣伝説2」など21タイトルを本体に搭載した、スーパーファミコンの小型版。コントローラーは扱いやすい通常サイズ、そしてこれまで未発売だった「スターフォックス2」を収録し話題になっている。
 (50417)

『ミニスーファミ』の発売は10月5日。価格は7980円。

未発売のままお蔵入りになっていた幻のソフト 『スターフォックス2』のラインナップが目玉のひとつ。
かなりの争奪戦が予想されるが、発表では、10月5日の発売日以降も出荷するとしており、初回分が予約できなくても、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(ミニファミコン)の時のように在庫切れで全く手に入らない、という状況は回避できそうだ。
また、昨年11月に発売となり、大きな話題となった“ミニファミコン”『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』も2018年に生産を再開することを発表!↓↓↓
ミニファミコンを再度手に入れられるチャンスに、喜びの声も寄せられています。↓↓↓
「素晴らしい!転売屋に頼らなくて良かった!待ちますよ!」「任天堂さんありがとうございます!!」といった喜びのコメント。

“ミニスーファミ”、“ミニファミコン”ともに並べて遊びたいですね!

ミニスーパーファミコンを最も欲しい層は?

「勝手にランキング」を運営しているディーアンドエムは、「あなたはニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン(以下:ミニスーパーファミコン)を買いますか?」というアンケートの結果を公開しました。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事