2018年7月2日 更新

「サンリオキャラクター大賞」発表!歌広場の”衝撃パフォーマンス”や「yoshikitty」が話題

「サンリオキャラクター大賞」の結果発表式が開催。中間発表ではシナモロールが暫定1位、続いてポムポムプリン、YOSHIKITTYが追いかける形に・・その結果はいかに?シナモロールの大ファンの「ゴールデンボンバー」歌広場淳は”衝撃パフォーマンス”が話題に!また、X JAPANのYOSHIKIとハローキティのコラボで唯一“実在の人物”がモデルの「yoshikitty」は毎年、着実に知名度をあげてきました

73 view お気に入り 0

第33回「2018年サンリオキャラクター大賞」

2018年で第33回目となる「2018年サンリオキャラクター大賞」。
 (88725)

450を超えるサンリオのキャラクターから選ばれた100組が参加し、一般投票の得票数により順位を決定する人気投票企画「サンリオキャラクター大賞」
例年通り総勢100のサンリオキャラがエントリーした今回のサンリオキャラクター大賞は、5月10日から投票がスタート。最終日の6月11日までの33日間で、前回を上回る484万60票という総得票数が寄せられました。
 (88727)

中間報告も伝えられていました。
中間発表ではシナモロールが暫定1位、続いてポムポムプリン、YOSHIKITTYが追いかけるという形に。
この企画の最終結果発表が、7月1日に「サンリオピューロランド」にて開催されました。

上位3キャラクターは・・・

 (88675)

1位「シナモロール」(520,224票)
2位「ポムポムプリン」
3位「YOSHIKITTY」
昨年に引き続きシナモロールが1位に輝き、見事2連覇を果たしました。
 (88703)

(520,224票)を獲得し、初の”2連覇”を達成したシナモロール。
今年も総勢100組のキャラクターがエントリー。昨年に引き続き、シナモロールとポムポムプリンの一騎打ちとなったが、グランプリ発表でシナモロールの名前が呼ばれると、会場は大歓声。中間発表1位のシナモロールが最終結果でも首位の座を守りきりった。
 (88721)

2位のポムポムプリンと2万票もの差をつけて、堂々の1位に!
約2万票の差で王座奪還を逃したポムポムプリンだが、最後にはお互いの健闘を称え合うようにハグをすると、温かい拍手が沸き起こった。
67 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

X JAPAN初の5人集結!紅カーペットに降臨「We Are X」コールで六本木騒然| YOSHIKI、映画への想いを語る 「X JAPANはなぜ熱狂を呼ぶのか?」彼らの壮絶すぎる過去とその真相

X JAPAN初の5人集結!紅カーペットに降臨「We Are X」コールで六本木騒然| YOSHIKI、映画への想いを語る 「X JAPANはなぜ熱狂を呼ぶのか?」彼らの壮絶すぎる過去とその真相

3月2日にUK公開を控えるX JAPANのドキュメンタリー映画「We Are X」のプレミア試写会が2月28日、ロンドンのピクチャーハウス・セントラルで開催されました。なお、日本では3月3日に公開予定です。X JAPANのドキュメンタリー映画「WE ARE X」の新たな予告映像がYOSHIKI(Dr, Piano)のYouTube公式チャンネルにて公開されました。彼らにとって初のドキュメンタリー映画ではその波乱万丈の歴史が明らかになるそうです。X JAPANの解散、そしてHIDEの死、Toshlの洗脳、再結成、海外進出、その中でまたTAIJIの死・・壮絶なドラマが繰り広げられる同作品は、英ウェンブリー・アリーナでの公演を控える中でオンエアされます。イギリスにおける「We Are X」やX JAPANへの高い関心度も伺えます。
「病との闘いを音楽のパワーに変えた」アヴリル・ラヴィーン”5年ぶり”待望の最新曲を公開!

「病との闘いを音楽のパワーに変えた」アヴリル・ラヴィーン”5年ぶり”待望の最新曲を公開!

カナダ出身の人気歌手アヴリル・ラヴィーンが、待望の最新楽曲の音源を世界一斉に公開!彼女がリリースするのは、2013年以来、約5年ぶり。彼女のヒット曲の数々を振り返ります。2014年に「ライム病」に罹って以来、闘病を続けてきたアヴリル。先日は、ファン宛てのオープン・レターで闘病中の思いを告白すると同時に、新曲の完成を報告していました。壮絶な闘病を経て、5年ぶりの新作が完成した喜びを率直に伝えています
漫画「ちびまる子ちゃん」作者・さくらももこさん53歳の若さで死去・・芸能界からも沈痛の声

漫画「ちびまる子ちゃん」作者・さくらももこさん53歳の若さで死去・・芸能界からも沈痛の声

「ちびまる子ちゃん」で知られる漫画家・さくらももこさんが15日、53歳で亡くなったと発表されました。他の代表作では「コジコジ」でも知られるほか、エッセイや作詞など多岐にわたって活躍されました。画業30周年を迎えた際には「良い事も悪い事も大変な事もいっぱいありましたが、私は作家としてとても幸せな月日を送らせていただいています。感謝にたえません」と語っていました。芸能界でも、悲しみの声が広がっています
新幹線「500 TYPE EVA」がついに「シンカリオン」に変形!運転士は”エヴァ”の碇シンジ?!

新幹線「500 TYPE EVA」がついに「シンカリオン」に変形!運転士は”エヴァ”の碇シンジ?!

TVアニメ「シンカリオン」より、山陽新幹線の開業40周年と「新世紀エヴァンゲリオン」TV放送開始20周年を記念して始動した「500 TYPE EVA」が、シンカリオンに変形(チェンジ)することが明らかに。同機の運転士に、エヴァの主人公も登場!以前にも初登場した際、エヴァのオマージュを盛り込んだシーンや、「残酷な天使のテーゼ」がBGMとして使用されるなど“エヴァ要素”満載の内容が話題となっていました

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事